2005年12月08日

【トーヨーキッチン】エアフロー(1)

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.18≫
★   TOYOキッチン の巻 第2話

前へ          10 11 12 次へ


第二話 (エアフローその1)

ナベ:それにしても・・・・・
   普通だったら展示機のシリーズ名や扉カラー、価格なんか
   が書かれたボードがカウンターの上に置いてありますよね。

博士:ここは余計なものが一切置かれてないわね〜
   どれがどの機種だかよく見てみないと分からないわ・・・
   とにかくグルッと見回してみましょうか?


ナベ:了解です・・・・  え〜っと、これがわりとスタンダードな

   「F−BAY 」なんじゃないかと思います。


スタンダードなF−BAY 



   こっちも同じく「F−BAY 」のようですが相当高そうです。


ハイグレードなF−BAY



博士:これは上級グレードの「B−BAY 」ね。


B−BAY



ナベ:「BAY 」も展示してありますよ。


BAY



ナベ:いや〜、どのモデルも「クールでモダン」って感じがします。

博士:もうオブジェに近いわね。

ナベ:じゃ、オブジェは眺めたんでもう帰りましょうか?

博士: ・・・・・・

ナベ: ハ、ハハ(笑) ・・・

博士:さてどっからチェックしていこうかしら?
   今までのようにシリーズごとっていうより
   『特徴的な機能別に見てゆく
   っていうのが良さそうね。

ナベ:そうですね、TOYOは普通の住設メーカーと違う商品づくり
   をしてますからね、部位ごとに特徴を出してて、どのシリーズ
   を選んでも特徴的な機能はほとんど採用できるようになって
   いるようですから。

   じゃ、まずは・・・・
   これですね、キャビネットを「足」で浮かせている ところ!

   トーヨーでは「AF(エアフロー) 」と呼んでいるシステムです。


エアフロー 



博士:あら、ほんと。
   今どきのキッチンだとちょうど蹴込み収納になってる所なのに
   なんだかもったいないわよね〜

   割り切りがいいと言うか何と言うか、
   風通しはいいんでしょうけど・・・

ナベ:足元まで「クール」ってわけです(笑)

博士:・・・・さぶ。

ナベ:ハハ・・・  こ、このエアフローですけど、TOYOによれば
   普通だと湿気が溜まりやすくとても非衛生な環境になっ
   てしまうキャビネットを床から浮かせることで、衛生的に
   しているそうなんです。

博士:キッチンの下がいつでもお掃除できちゃうわけね。
   その意味ではたしかにクリーンな環境を実現してるのかも。
   でもいま湿気が溜まりやすいって言ったわよね?

ナベ:ハイ、温熱環境悪いですからね、キャビネットの中は。
   それでカビだのダニだの細菌だのが繁殖しちゃうってこと
   らしいっスよ・・・
   家でいえば高床式住宅ってわけですかね、ハハッ!

博士:何を言ってるのかしらね〜
    それこそ住宅じゃあるまいし、おかしいと思わないの?

ナベ:えっ!?


いきなり不穏な空気がっ!次回につづく・・・

前へ          10 11 12 次へ


【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。   

Posted by showroomchousatai at 11:28Comments(2)TrackBack(1)

2005年12月06日

トーヨーキッチンの巻 第1話

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.18≫
★   TOYOキッチン の巻 第1話

        1         10 11 12 次へ


ナベ:フクヤマ博士、おはようございます!
   きょうも同行していただいちゃって感謝です。

博士:おっはようさ〜ん、それにしても寒くなってきたわよね〜

ナベ:もうそろそろ忘年会のシーズンですからね。

博士:ところで今日はTOTOキッチン、じゃなくてTOYOキッチン ね。

ナベ:そうそうトーヨーサッシ、じゃなくてトーヨーキッチンです。

   ・・・・・  ゴホン。

   ここはおしゃれな人達が集まる街、青山 。ボクなんかこんな事
   でもない限り全く縁のない所ですから、ちょっと緊張気味です!

博士:ナベちゃん、事務所と家を往復するだけの生活してるのね?
   たまにはこういう街に来て人間を磨かないとダメよ!

ナベ:そういうもんですかねぇ・・・
   ん?てことは博士はたまに遊びに来るんですか?

博士:私も久しぶりだけどね(笑)
   でも昔は毎日通ってたのよ〜・・・・ 仕事でだけど。

ナベ:へ〜そうだったんですかー
   それでセンスがいいんですね、 ・・・オタクなのに(笑)

博士:ひとこと余計・・・
   それにおだてたってもう家は建てないからね!

ナベ:いや〜博士の望みがもし叶ったら、ぜひヒルズと言わず
   もう一棟ボクに家を建てさせてもらおうと思ってますから!

博士:・・・たく営業ね〜(笑)
   そんなこんなで到着しちゃったわ、じゃ入るわよ!

ナベ:了解です!


TOYOキッチン青山スタジオ 


ナベ:はかせ〜、何だか今まで見てきたショールームと全く
   雰囲気が違いますネ〜

博士:空気、違うわよね・・・

ナベ:だんだん声が小さくなっちゃいますね・・・
   明らかに来る人を選ぶ場所ですヨ、ここは。

博士:場所からして気軽に来れるとこじゃないし、平日の開店
   直後でひと気がないからなおさらなんでしょうけど・・・
   ところでナベちゃん、TOYOキッチンについての事前調査 は?

ナベ:バッチリでもないですけど・・・ 調査済みです!

   創業は昭和9年 、岐阜県の関市に「東洋食器製作所」として
   金属製の洋食器をつくる会社として生まれました。

   そして昭和33年にはステンレス流し台の製造を開始。
   その後、社名を「トーヨー工業株式会社」に変更。
   昭和59年からシステムキッチンの販売を開始しています。

   そして・・・
   平成に入って二代目に当る現在の社長さんの手によって、
   新しいコンセプトのキッチンを次々と発表するわけです。

   また・・・
   デザインセンターをイタリアのミラノに設立し、デザインに
   対するアグレッシブな追求は、他社と一線を画していますね。

   そして現在の正式な社名は・・・
   「トーヨーキッチン&リビング株式会社 」ということです。
                       ・・・・以上、って感じです。

博士:ふ〜ん、もともと金属の洋食器を造る会社だったんだ。
    それで今でもステンレスにこだわってるのね・・・
    で、ショールームは青山以外にはどのへんにあるの?

ナベ:はい、ショールーム展開ですが、北は昨年(H16年)できた
   札幌、南は鹿児島まで全国39ヶ所もあって、いまや全国
   展開の体制 が整っていると言えますね。

博士:へ〜結構すごいのね、スペシャルなキッチンをつくってる
   メーカーとしては最大級の規模なんじゃない?

ナベ:ですね、現在のキッチンのラインナップですが
   現在主力機として発売されているのが



   2003年にリリースされた「B-BAY」と・・・


B-BAY 



   2004年から発売されている「F-BAY」、


F-BAY 



   そして同年特殊なモデルとして「ISORA」が用意されてます。


ISOLA 



   以前からある「BAY」と「foo 」も販売されていますが、どうも
   これらは今後整理されていくモデルのようですね。

博士:ということは、スペシャルモデルの「ISORA」を別格とすると
   実質的には「B-BAY」と「F-BAY」の2モデル なの?

ナベ:F-BAYがエントリーモデル、B-BAYがその上級モデルという
   位置付けなんですが、名前が似ててややこしいですね。

博士:しかもまだBAYってやつも売ってるんでしょ?
   何がなんだかサッパリだわん(笑)

ナベ:ほんとですね(笑) それに他の住設メーカーと違って
   どのモデルも全てオーダー扱い のようですし・・・

博士:まあ、とにかく見てみましょうか。

ナベ:了解です!


次回につづく・・・

        1         10 11 12 次へ


【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。   
Posted by showroomchousatai at 11:21Comments(8)TrackBack(0)