2006年02月22日

【トーヨーキッチン】まとめ&ポルト

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.18≫
★  TOYOキッチンの巻 第12話

前へ          10 11 12


第十二話 トーヨーキッチンとは・・・・(2)


ナベ:さてそれではトーヨーキッチンの総括のお話しに移りたいと
   思います。

   TOYOの基本コンセプトは・・・・
   「キッチンを含めた生活スタイルを提案する」って事ですね、
   だから製品単体というより、製品も含めたライフスタイルを
   提案するという確固たるポリシーがあるようです。

博士:他のキッチンメーカーが、シンクの汚れ落ち機能がどうの、
   フードの清掃性がどうこう、なんてしのぎを削っているのに、
   TOYOキッチンは、独自のデザインコンセプトのみで勝負
   しているってわけよね。特異な存在なのは間違いないわ。


ナベ:企業PR誌やカタログの制作も、ここ青山で行っているそう
   ですが、情報発信のしかたも独自路線ですよね。

博士:PR誌を見たけど、どのキッチンメーカーでも作っていない、
   どちらかと言えば、「AXIS」とか、「LIVING design」を彷彿と
   させるようなエディトリアルデザインと編集内容になってるわ。


ナベ:???? エディー何とかってよくわかりませんが・・・
   見ても商品の詳細は一切書かれていませんよね。
   イメージを売ってるのがよくわかります。

博士:TOYOキッチンのある空間を提案する、もしくは製品開発
   コンセプトに近いインテリアデザイン、プロダクトデザインの
   紹介という事に徹してるわけ。


ナベ:いずれにしてもTOYOキッチンは、洗練されたキッチン
   スタイルという印象で一般消費者には映っていますよね。
   その意味では成功しているのでしょう・・・・・、ただWebサイト
   やカタログを見ても価格が書かれてないから、「すばらしく
   お高いのではないか」という印象が強いのも確かです。

博士:F-BAYなら、150万円代で流行りのアイランドキッチンが揃え
   られるっていうのは意外だったわ・・・・ 最低限の装備だけど。
   思ったより敷居は低い印象よ。


ナベ:高額な輸入キッチンと比較されることが多いですけど、
   輸入物よりメンテやアフターの面でTOYOには安心感があり
   ますしね。

博士:イタリアのイルベの厨房設備はちょっと心配だけどね。

ナベ:心配なら機器類は日本製を選べばいいってことで・・・・・
   日本人の職人さんが作ってる本体自体は問題なしです。

博士:デザインはイタリアで製造が日本っていうのはある意味
   魅力よね。 でもサイズが日本のインフラに合ってないのは
   いかんともしがたいんじゃない?


ナベ:あ〜・・・ 例の奥行きの件ですね。
   一般的な奥行き65cmで設計をすすめていて、急に「TOYO
   キッチンを採用したい」と言われた途端、設計の変更が必要
   になる可能もありますからね。 TOYOキッチンを採用したい
   と思っている人は、プランが始まる前にきちんと伝えておか
   ないといけません。

博士:TOYOキッチンを採用する人は、最初からTOYOのデザイン
   コンセプトに心酔していて他メーカーに見向きもしないか、
   建築家の先生に説得されるか、どっちかじゃない?

ナベ:そうですね、極端かもしれませんが(笑)・・・・・
   そうそう、そもそも・・・・・
   TOYOキッチンはどんな人たちに好まれるのでしょうか?

博士:まず思ったのはこのキッチンに惚れ込むのは男性が多い
   んじゃないかってことよね。プロの厨房を思わせるデザインと
   仕様を見てもそんな気がするわ。


ナベ:キッチンのパンフレットに男性しか出てこないのはたぶん
   TOYOキッチンだけでしょうね(笑)

博士:しかも腕まくりしたヒゲ面の!
   豪快で、使いこなすのに体力が要りそうよね。

ナベ:収納は大きいコンテナが用意されていますけど、例えば
   サンウェーブPittoのような各種キッチンツールを収納できる
   細かい配慮はありませんよね。

博士:「ここに収納できるモノだけを揃えろ」と言わんばかりよね。
   このキッチンを選ぶ人ってもともとこの手のキッチンを使い
   こなす生活をしていたか、自分のライフスタイルを180度変え
   たいと考えてる人たちじゃない?


ナベ:変身願望ですか・・・・・・。

博士:鍋や食器、カトラリー類にしても、このキッチンに似合うもの
   を揃えるだけの覚悟がないと、キッチンに投資した額に見合
   った満足感は得られないような気がするわ。


ナベ:そこまで変えなきゃダメですかね(笑)
   けど少なくとも育ち盛りのお子さんがワイワイとやっている
   明るいファミリー向けって感じはあまりしませんね・・・・

博士:もっと想像ふくらませちゃうとね・・・・・  例えば、そこそこ
   財力があって、デザインつまり意匠にうるさくて、自分のライ
   フスタイルが即、仕事につながっていくようなクリエーターと
   呼ばれる職業に就く人達(デザイナーとかフォトグラファーと
   か、はたまた芸能人とか)に好まれそうよね。


ナベ:妙に具体的になってきました(笑)

博士:そういう人たちは人脈をとても大事にして、パーティを好む
   傾向があるわ。 自宅に人を招いて自慢の料理をふるまう時、
   TOYOキッチンのような意匠性の高いキッチンを見せないと、
   まずはセンスを疑われ、次の仕事がこなくなる可能性が高い!


ナベ:あ〜・・・・わかるような気がしますが(笑)
   そこまで想定しちゃいますか!

博士:輸入ものとか建築家オリジナルもアリなんだろうけど、もし
   国産メーカーで選ぶならTOYOキッチンって感じじゃない?
   間違っても、クリナップとかタカラとかの「大衆向け」は絶対
   置かない人たちよね。 何を選ぶにしてもユニークでカッコ良く
   て、センスの良いものを選ぶ・・・・ そんな人たちかしら。


ナベ:ものすごく限定した顧客イメージだと思いますけど(笑)
   もうちょっと普通のかた達からも支持を受けてるんじゃ・・・
   それにTOYO以外にもスペシャルキッチンをつくっている会社
   は結構ありますからね。

博士:また突っ走っちゃったかしら?

ナベ:ハハハ、だって博士、たしかにTOYOの顧客ターゲットは
   「大衆向け」キッチンとは明らかに違うとは思いますけど
   おっしゃるような超ニッチマーケットだけではこれほどの規模
   の会社を維持できないでしょう。

博士:そこが不思議なところよね〜 今ベストセラー書になってる
   「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」じゃないけど(笑)
   キッチン以外に大きな収益源があるようにも思えないし、
   一人当たりの購入単価がとっても高いから、利益が確保でき
   ているのかしら??


ナベ:逆に考えるとTOYOのようなビジネスが成立しているという
   ことは日本の文化レベルも世界に誇れるほどになってきて
   いる証拠とは言えませんか?

博士:そうだといいけど・・・・・
   ところでニューモデル が出たって話しだけど?

ナベ:そうなんです!
   つい最近「ポルト」というモデルが発表されましたが、これは
   I型2550の標準モデルが690,900円!
   という破格のプライス
をうち出してきました。

博士:えっ、ほんとに? どういう風のふきまわしなの???

ナベ:こいつはWEB上でも価格が明記されてますし、明確な路線
   変更とも受け取れますね。

ポルト

博士:商品の内容じたいも路線変更しちゃってるのかしら?

ナベ:そこがポイントなんです!
   TOYOの特徴であるエアフローステンレストップ
   それにコルガノフードドアドアまでおごられてます・・・
   しかも!
   IHクッキングヒーター食洗機まで装備してこの価格
   なんですよ!信じられますか?

博士:安いけどどこから見てもTOYOキッチンじゃない!
   シンクが3Dじゃなく2Dシンクなのはしかたないけど・・・
   これで本当に税込70万以下なの?

ナベ:たとえ定価販売であってもお買い得感ありますよね。
   そうそう、写真で水栓と壁面パーツとディッシュスタンドは
   含まれません。
   ※詳しくはポルト専用サイト をどうぞ。

博士:やっぱり従来方式では食えるビジネスモデルになって
   なかったのかしら?

ナベ:・・・・・どうなのでしょう??
   いきなりの低価格作戦はうれしい反面、「大衆向け」価格帯
   ってのはちょぴり心配でもありますよね。

博士:だいち今までの顧客が怒っちゃわないのかしら?
   「あの誇り高き企業スピリットはどこへ?」って感じよね。


ナベ:何もここまでいきなり安くしなくてもと思わないでもないですが
   激安エントリーモデルの登場は今までトーヨーキッチンの存在
   すら知らなかった層にまでその存在が知れ渡る効果があるの
   は間違いないでしょう。

博士:逆に「大衆向けモデル」と同じ目線で比べられちゃうことに
   なるわけだけど・・・・ どうかしら?


ナベ:そこですよね・・・・
   この衝撃のニューモデルがどのように市場に受け入れられる
   か? 温かい目で見守ってゆきたいと思います。

博士:うまいことまとまったかしら?

ナベ:・・・・・ですね(笑)


(住まいのショールーム調査隊 第18回出動 終了)

前へ          10 11 12


【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。   

Posted by showroomchousatai at 09:07Comments(15)TrackBack(0)

2006年02月16日

【TOYOキッチン】ディテール

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.18≫
★  TOYOキッチンの巻 第11話

前へ          10 11 12 次へ


第十一話 トーヨーキッチンとは・・・・(1)


ナベ:ふ〜っ博士、お疲れ様でした。
   それにしてもTOYOのこだわりには圧倒されっぱなしでした。

博士:TOYOキッチンに興味を持つきっかけになるのって、たぶん
   「地下収納のあるシンク」3Dシンクや4Dシンクでしょうけど…


ナベ:そう、でも実際にモノを見るとさらにそのディテールへの
   こだわりや、造りこみの凄さがむしろ記憶に残るような
   気がします。

博士:へ〜やっぱりそのへんなんだ、ナベちゃんは(笑)
   例えば引き出しの底板とか?


引き出し内部の底板 


ナベ:確かに、引き出しを開けた瞬間に凄さが目に
   飛び込んできますよね。

博士:私は扉の模様とかのほうが目にいっちゃうわ。
   そういうのをあげていったらキリがないけど。



扉面材「アラベスク」


ナベ:やっぱり博士は女性ですね、面材とかに目がいくんだ。
   アラベスクっていうのはステンレス板をプレスして模様を
   つけてるんですよね。 さわり心地が何とも言えません。

博士:ナベちゃんの目の付け所ってたぶんこれ作ってる人には
   すごく喜ばれるんじゃない?

ナベ:そうそう、つくるのが大変そうだな〜って思う部分にやはり
   感動しちゃうんですよね〜
   ほら、AF(エアフロー)でもウイングってやつ、あれなんて
   何もそこまでって思うんですが(笑)


エアフロー「ウイング」


博士:なんか冷却器が入ってそうね・・・・

ナベ:あと引き出しのバーハンドルに注目です。
   あの厚み! どれだけステンレス使えば気が済むんだって
   ほどですよ、それにわざわざサイドのほうまで回りこむよう
   にしてあるんです・・・・
   しめるとほとんど見えなくなっちゃうのに、ですよ!


フラットバーハンドル 


博士:ふ〜ん・・・・

ナベ:あれ?・・・・・
   ぜんぜん感動なしですか?

博士:なんでそうなってるの?

ナベ:い、いや・・・・・そりゃ〜こだわってるってことですよね?

博士:何に?

ナベ:・・・・・・・・ ディテールに?

博士:そういうキッチンよね、TOYOキッチンって(笑)

ナベ:は、博士、それじゃあこのへんで【まとめ】に入りましょうか!
   いいっスか!?

博士:長くなっちゃいそうだから、次回につづく・・・・かしら?

ナベ:そうしましょう!


次回につづく・・・

前へ          10 11 12 次へ


【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。   
Posted by showroomchousatai at 11:14Comments(9)TrackBack(0)

2006年01月26日

【トーヨーキッチン】収納ユニット

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.18≫
★  TOYOキッチンの巻 第10話

前へ          10 11 12 次へ


第十話 収納ユニット


博士:それにしてもトーヨーはどこをとっても普通じゃ気が済まない
   みたいね。 この雰囲気に慣れちゃうと何を見せられても驚か
   なくなっちゃうわ(笑)


ナベ:ほんとですね〜
   じゃあ今度は収納ユニットを見ることにしましょう。

   ・・・・・・・・・

   これなんか、すごいっスよ、どう見たって普通じゃありません。
   ・・・・というか、もしやこれ、ダムウェーター(※)??

(※小荷物運搬用昇降機、給食運搬用に学校にあったでしょ?)


博士:まさか! 大型収納庫の「ウインク」ってやつじゃないの?

ナベ:そうなんですか〜?
   では開けてみましょう・・・・・・

   (ゴゴーーッ

   オッ、意外に軽い操作・・・ こりゃすごい開きっぷりだ!



大型収納庫ウインク 



博士:ん〜、ゴージャス。

ナベ:扉が上げ下げ式だけど、普通の上げ下げじゃないんだ。
   上下二枚の扉が連動して動くようになってます。
   中間のところはスライド棚になっていて電子レンジとか炊飯
   器が置けるようになってますね・・・、言ってみれば機器収納
   ユニットにフタが付いたと思えばいいんでしょうか。

博士:閉まると表面が面一(ツライチ)になるのね。
   普通だったら扉なんかない機器収納ユニットなのに・・・


ナベ:ここでも使わない時の見栄えを考えてるんでしょうね〜
   こういうところにお金を掛けるのがトーヨースタイル!
   徹底してますよね〜
   この収納庫を買った人は、この素晴らしい動作の扉の開閉
   のたびに、所有欲を満たされることでしょう・・・・
 

博士:でも頻繁に使う電子レンジなんか置いちゃったら、きっと
   扉はオープンにしっ放しなんじゃないかしらね?

ナベ:フタだけにそれを言っちゃあ身も蓋もない(笑)

博士:・・・・・・・・・・・・・・

ナベ:あ、いや・・・・・つ、つまり
   トーヨーキッチンを選ぶ人ってのはそういう超日常的なこと
   から離れた観点での価値観も見出せる方でしょうから、
   きっと心配無用なんじゃないか、ってことです。

博士:そりゃそうね、実用的なことばかり考えてちゃこんな
   キッチンつくれないもの。

ナベ:モノづくりの文化 ってのはこういうもんなんだぜって感じ
   でしょうか?・・・・・

   それより博士、こっちの収納ユニットもすごいっスよ!
   扉がアルミでできてるから豪華にみえるけど・・・

   ・・・・なんかイナバ物置きみたいです。

博士:わ、わたしにはそうは見えないけど・・・・・・
   いまモノづくりの文化が何だとかって言ってなかった!?



スライドドア収納庫 



博士:TOYOにしてみれば、ほんとはステンレスで作りたかった
   んじゃないかしら、これ。

ナベ:そうかもしれませんね、コストの問題なんでしょうか?
   これだけステンレスにこだわっているというのに・・・・

博士:もしくは扉の重量の問題??



スライド収納  



ナベ:扉がくもりガラスのタイプもありますが、こちらはガラッと
   雰囲気が違ってフレンドリーな感じがします。



スライド収納ガラス扉タイプ 



ナベ:うって変わって、こりゃ変わった収納です。
   収納というより飾り棚と呼んだほうがピッタリきますね。
   扉の開き方も変わっててパタンと下に開くんだ!

博士:空間の間仕切りなんかにも使えそうね・・・ それにしても
   これだけオシャレだとしまう食器もよ〜く吟味しないとね。



アッキレ 



ナベ:ま〜それにしてもここに展示してあるものは、ぜ〜んぶ
   トーヨーキッチン製なんですね、厨房機器だけじゃなくて
   このおしゃれなイスやテーブル、照明なんかもです!

博士:家具だけじゃないのよ、食器や調理道具まで。
   オブジェよね〜
   なんでもこのステンレス製床パネルも自社製品らしいわ。


ナベ:まさにTOYO一色にコーディネートできるわけですね!

博士:予算が豊富にあればね(苦笑)



様々なオプション類



次回につづく・・・

前へ          10 11 12 次へ


【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。   
Posted by showroomchousatai at 11:37Comments(4)TrackBack(0)

2005年12月26日

【トーヨーキッチン】吊り戸棚

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.18≫
★  TOYOキッチンの巻 第9話

前へ          10 11 12 次へ


第九話 吊り戸棚


ナベ:さすがトーヨーですね、吊り戸棚も普通じゃありません。

   このガバッっと開くやつはスゴイですね〜
   開き方がスゴイ(笑)


ドアドア 

 
博士:「DOA DOA(ドアドア)」ね。
   これほど開口幅の広い 吊戸棚は見たことないわね!
   操作も案外軽いのね。

ナベ:ガスステー を使ってるんだそうです。
   でっかい割りに開け閉めが軽いのはいいですけど・・・
   これ、かなり下げた位置に付けないと
   開けたとき天井に当っちゃいますよね。

博士:吊戸棚の上にゴミとか溜まっちゃいそうよね・・・
   キャビネットの下なんかよりこっちのほうがずっと!

ナベ:間違いないですね(笑)
   やっぱりハタキを掛ける んでしょうか?

博士:パタパタって? え〜でもそれしか無いかもね〜
   掃除機なんて届かないし・・・

ナベ:それでハタキをかけて落ちたホコリは全部カウンターへ!
   ハハハ

博士:昔ながらのハタキを使ってる人なんていないから
   全部落っこちてくることはないにしてもね・・・・。

ナベ:・・・そ、それにしてもTOYOは吊戸棚まで凝ったつくりを
   してますよね・・・・
   ほら、こっちの「リフティングウォールユニット 」とか!


リフティングウォールユニット 


博士:上に折れ戸になってるタイプね、他メーカーにもあるけど
   どこが違うのかしら・・・ よくあるのは扉が半透明になって
   いて軽い素材で作られてるのが多いわよね。

ナベ:そうですね、これは普通の扉を使ってますから重厚感を
   感じますよね。 とにかく大きくてカッコいいです。
   あ〜、それと取っ手が真ん中に付いてるんですね。

博士:てことは・・・
   これも低い位置に取り付けないと手が届かないわけね。
   開けると把手もずいぶん上のほうにいっちゃうし。


ナベ:ハハ、そういうことになりそうですね・・・
   これも上に空間を残すってことでしょうか?

博士:・・・・・
   ノーコメント。


ナベ:は、はかせ・・・ 
   ほら、これなんて引き違いですよ!


スライドドア吊戸棚 


博士:やっぱり引き違いは使い勝手がいいわよね。
   開けっ放しにしててもジャマにならないし
   手も届きやすいわ。

ナベ:扉の厚みが薄いから収納の奥行きを取られちゃう
   こともありませんしね。

博士:これが一番いいんじゃない?
   少なくとも女性 にはね。

ナベ:扉もこのガラスタイプのほかにミラータイプやアルミタイプも
   あるんだそうですよ。

博士:引き違いって地震の時でも安心できそうよね。

ナベ:博士に不評だったドアドアやリフティングタイプでも地震は
   大丈夫だと思いますが・・・

   い、いずれにしても博士のおメガネに適った吊戸棚があって
   良かったっス!


次回につづく・・・

前へ          10 11 12 次へ


【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。   
Posted by showroomchousatai at 11:09Comments(3)TrackBack(0)

2005年12月23日

【TOYOキッチン】加熱機器

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.18≫
★  TOYOキッチンの巻 第8話

前へ          10 11 12 次へ


第八話 加熱機器


博士:じゃお次は調理器具ね。

ナベ:しかし見たこともないやつばっかりですね〜
   3Dシンクがあるからいいんでしょうけど
   加熱機器だらけで調理スペースがないほどです。


アルペスイノックス 



博士:イタリアのALPES INOX社(アルペスイノックス社)製ね。
   シンプルでキレイよね〜
   ステンレスカバー付きのはアイランドキッチン向けね、開く
   と油がはねるのを防いでくれるってわけ・・・・


ステンレスカバー付 



ナベ:なんでもゴールデンコンパス賞とかってのを受賞した
   ガスコンロらしいですよ。 金色のクレヨンって何ですかね?

博士:それを言うならクレパスでしょ?
   も〜ゴールデンコンパスぐらい知っといてちょうだい。
   イタリアのインダストリアルデザインの最高権威よ。
   コンパッソドーロ、憶えといてね。

ナベ:えっ、コソドロ?

博士:もーいいから。

ナベ:それにしてもシンプルなんだけど、すごくデザインされてます
   ね、バーナーヘッドなんてステンレスの削りだしですよ。

博士:別に削り出しじゃなくてもいいと思うけど・・・
   ま、お手入れはしやすそうでいいわ。

ナベ:博士、右のやつはフライヤーですよね?
   業務用みたいですね、電気ヒーターだから温度管理が楽で
   火を使わないから安全なんですよね。

博士:よくできました。
   これ使うと、さぞ上手に揚げ物ができるんでしょうね〜

ナベ:でも普通の家庭でこんなの使ったら、油だって大変ですよ。
   捨てる時だってどうすりゃいいんでしょうね(笑)

博士:電気といったってIHと違って電熱だから不経済だしね。

ナベ:ところで、この真ん中のやつは何なんですか?
   なんか石が入ってますよ、中に。

博士:溶岩石よ、ヒーターで熱して遠赤外線で焼くわけ。

ナベ:へ〜、まるで屋外の炭焼きバーベキューですね、
   中はじんわり、外はこんがりか〜、こりゃいいですね!

博士:お手入れは大変そうだけどね・・・
   それよりこっちにイルベの調理器具があるわ!

ナベ:いるべ??
   よくわかんないけどごっついコンロですね。


伊イルベ社コンロ 



博士:ILVEよ、イタリアのイルベ社の調理器具。
   日本で見るとほとんどプロ用に見えちゃうわね。

ナベ:えっ、じゃイタリアだとこれが普通なんですか?

博士:そんなに特殊じゃないわよ。

ナベ:やっぱりイタリア人とは食べ物にかける意気込みみたいな
   部分が違うんですかね?  これ、いったい何人分の料理が
   作れちゃうんだって感じっスよ!

博士:食べ物へのこだわりは日本だって負けてないと思うけど・・・
   食べる量が違うのは間違いないわね(笑)
   それよりナベちゃん、真ん中のコンロは何を焼くのかわかる?

ナベ:縦に長いバーナーか・・・ なんスかこれ?
   焼き鳥を焼くにしちゃあ、縦だから焼きにくいだろうしなぁ・・・

博士:フィッシュバーナーよ、お魚用のフィッシュケトルがあってね
   丸ごとお料理できちゃうのよ。


フィッシュケトル 



ナベ:なるほど〜 むこうじゃ魚を焼かないで蒸したりして食べる
   ことが多いんですかね、パーティーとかならいいでしょうけど。

博士:そう、毎日パーティー(笑)

ナベ:ホントっスかぁ〜?
   じゃ日本でもそういう家庭向きってことですね!?

博士:ヒルズ向け!?(笑)


次回につづく・・・

前へ          10 11 12 次へ


【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。   
Posted by showroomchousatai at 18:05Comments(6)TrackBack(0)

2005年12月21日

【トーヨーキッチン】水栓とレンジフード

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.18≫
★  TOYOキッチンの巻 第7話

前へ          10 11 12 次へ


第七話 水栓・レンジフード


ナベ:シンクとカウンターの次はどうしても目に入ってくる
   水栓にいってみましょうか。

博士:ほとんどの展示機に水栓が二つ 付いてるけど、
   これって単純にシンクが大きいからかしら?


arwa社水栓 



ナベ:そのようです・・・
   シンクが大き過ぎて届かない ですからね、一本じゃ。

博士:なんて不経済なシンクなんでしょ(笑)
   水栓はカッコいいけど。

ナベ:この水栓は売りのひとつですね、スイスのarwa社の製品を
   日本向けに改良したもののようです。


博士:こっちのカワイイほうは?


USAGI=ウサギ 



ナベ:見たまま、名前は「USAGI=ウサギ 」なんだそうです。
   うさぎ好きにはたまらない んじゃないかとおもいますが(笑)
   定価で一本9万円以上、二本で18万以上もしちゃいます・・・

博士:へ〜(笑)  で、シャワーも浄水器も付いてないんでしょ?

 
ナベ:お察しのとおり。 でもこいつはデザイン性だけじゃなくて、
   元が医療用の代物だそうで、手が塞がってても肘で操作
   できるという人間工学的にも優れた逸品なんです。

博士:デザイン命ってわけじゃないわけね(笑)
   でもレンジフードは話しが違いそうね・・・


ナベ:じゃ、お次のレンジフード いっちゃいますか。
   オリジナルのステンレスフード が山ほどありますよ。


トーヨーキッチン レンジフード 



博士:さすがステンレス職人って感じの造りね〜

ナベ:ただのレンジフードは造らねぇぞって職人魂が伝わって
   くるようなやつばっかしですね。 一見直線に見えますが・・・
   見て下さい! この微妙なラインを!

博士:こんなに微妙な曲線つけたってね〜
   たぶん造った人しかわかんないんじゃない?

ナベ:や、ボクはわかりましたよ!

博士:ナベちゃんが変なのよ、エンスーなんでしょ?

ナベ:オタクに言われたくありませんから(笑)
   板金技術の芸術みたいなもんですよ、これは。

博士:ふ〜ん、でもフードの中は別にお手入れラクラクみたいに
   なってないみたいよ、どれも。

ナベ:ちゃんと美しい整流板は付いてるじゃないですか。

博士:でも繋ぎ目はしっかりあるじゃない。

ナベ:そりゃ〜しかたありません。
   プレスで大量生産してるんじゃないですからね、
   一品入魂の作品ばかりと見ました。


コルガノフードBEタイプ 



博士:結局デザイン命ってことでしょ?

ナベ:トーヨーは換気扇のメーカーじゃありませんからね、
   そのへんは大目にみないと。

博士:大目に見るのはいいけど誰が掃除するの?
   こんなにでっかいレンジフード。
   お手入れラクラクってわけでもないのに。

ナベ:だ、だんなさんでしょうか・・・

博士:間違いないわね。(笑)


次回につづく・・・

前へ          10 11 12 次へ


【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。   
Posted by showroomchousatai at 12:45Comments(7)TrackBack(0)

2005年12月19日

【TOYOキッチン】ワークトップカウンター

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.18≫
★  TOYOキッチンの巻 第6話

前へ          10 11 12 次へ


第六話 ワークトップカウンター


ナベ:ではひき続きワークトップ にいきますか。
   ステンレス屋さんですから当然ステンレストップが基本 です。

博士:人造大理石の展示機のほうが少ないものね。
   ステンレストップにも種類がありそうだけど・・・

ナベ:売りの仕上げは、
   高度な研磨技術が必要な「チタン仕上げ 」そして
   細かいエンボス加工がしてある「ロールプレスエンボス
   ・・・の二種類でしょう。
   他にも鏡面仕上げ などがありますが。


チタン仕上げトップ 


ナベ:「チタン仕上げ」って、細か〜い擦り傷みたいのが最初から
   入ってるんですね、決して傷には見えないけど、模様にも
   見えない不思議な仕上げですね。

博士:鏡面やエンボスとは違う鈍い光の反射が独特の高級感
   出してるわ。 傷も目立ちにくいし。

ナベ:チタンで研磨するとこんな風になるんだそうですが、均等に
   研磨するのに高等技術がいるのでしょう。

博士:比べちゃうと「ロールプレスエンボス 」は普通のステンレス
   カウンターって感じがしちゃうわ。


ロールプレスエンボス 


ナベ:ステンレスカウンターの厚みは1.2mm ですから、クリナップの
   S.S.のクラフツマントップと同じ。 一般的なものより1.5倍も
   厚いステンレス板 を使ってます。

博士:厚みはともかくカウンター自体の奥行きが結構ある わね、
   一般的な65僂里發里詫儖佞気譴討覆い里しら?


カウンタートップの奥行きは78cm 


ナベ:それが用意されてないそうです。 ただ流行りのアイランド
   タイプは奥行き78cm と、この手にしては薄型ですからね、
   トーヨーとしては結構売りにしてるみたいですよ。
   でも対面キッチンや壁付けタイプは一般的なキッチンより
   10cmも大きい ですからね、リフォームなんかだと納まらない
   ケースが多いでしょうね。

博士:リフォームだけじゃないわよ! 新築だってプランが決定した
   あとだとダメなんじゃない? オープンキッチンでなきゃ大抵
   奥行きは65僂之弉茲靴討襪發痢

ナベ:なるほど・・・トーヨーキッチンを採用したいなら設計段階
   初期の段階で決めておかないといけない わけですね。

博士:で、TOYOでプランして最後に予算が合わなくなって普通の
   キッチンにしちゃうとこんどは余裕ができ過ぎちゃうし・・・

ナベ:余裕ができすぎちゃうってことは無いと思いますが(笑)
   いずれにしても困ったことですね、このへんがTOYOキッチン
   の敷居を高くしている理由のひとつかもしれませんよ・・・

博士:サイズの問題は現実的よね〜
   とにかく、キッチンをTOYOにしていならまず最初にキッチン
   ありきのプラニングをしないとダメってことね。

ナベ:ところでワークトップの話しの続きですけど・・・
   トーヨーでは縁の面取りを二種類 用意してるんですね。



二種類のワークトップ



博士:この角が丸まってるほうは高級感あるわよね〜


ナベ:角が丸いほうが「ソリッドトップ 」、あまり面取りせずスクエア
   な感じに仕上げてあるのを「フラットトップ 」と呼んでいます。
   ソリッドトップって、造るの大変でしょうね〜

博士:けど、どっちも水の返しが無いのね・・・

ナベ:そうですね・・・ 実用性には疑問が残りますけど、フラット
   でシンプル、質実剛健なイメージ作りにはかかせないの
   かもしれませんね。 TOTOのキュイジアも同じでしたけど。

博士:ま、でも水がこぼれてもこのキッチンなら大丈夫!?

ナベ:ハハ、足で浮いてますからね、すぐ拭き取れますし、
   だからOKなんじゃないですかね・・・

博士:OKなわけ無いじゃないの!!

ナベ:ごもっともっ!


次回につづく・・・

前へ          10 11 12 次へ


【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。   
Posted by showroomchousatai at 12:05Comments(2)TrackBack(0)

2005年12月13日

【TOYOキッチン】4Dシンク

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.18≫
★  TOYOキッチンの巻 第5話

前へ          10 11 12 次へ


第五話 4Dシンク


ナベ:さて、それじゃ「3D−シンク」のさらに上をいく
   「4D−シンク」のほうも見てみましょう!


博士:ほぇ〜 奥行きがありすぎてなんか怖いぐらいね・・・


4Dシンク 


ナベ:まさにのぞき込むってぐらい深いですね、これ40cm
   奥行きがあるんだそうですよ・・・
   キャッチフレーズは「地下収納のある シンク 」、
   ほんとに下のほうは薄暗いっス。(笑)

博士:ふ〜ん、3Dシンクの底がさらに深くなって、背の高い
   洗い物も置けるようになってるのね・・・


地下収納のあるシンク 


ナベ:このシンクを駆使すれば全ての料理作業が行えるのが
   売りです。 よくぞここまでって感じですね!

博士:ここまでくると「シンク」というより「タンク」ね(笑)


4Dシンク横から見ると 



ナベ:追加された最下段に調理プレートを付けると「こねたり叩い
   たり」の力をいれる作業がやりやすいんだそうです。

博士:なるほどね〜 たしかに体重のせられていいかもね。
   パワフルな料理人向けって感じがしちゃうけど・・・

ナベ:こねる作業まで考慮してるわけですからね(笑)
   本格派じゃありませんか。

博士:でもそんなに本格的にお料理に打ち込みたい人が
   こんなにエレガンスなキッチンをえら・・

ナベ:お〜っと!そのへんの話しは後にしましょう(笑)
   それにしてもこの最下段のオプションの食器入れひとつ
   とっても凄く凝った造りですよ、なんかこれだけで何万も
   しちゃいそうな感じですね。


4Dシンク前から見ると 


博士:ところで・・・
   TOYOって価格表みたいなものが無いの?

ナベ:そうみたいですね、基本的には全て個別見積で、個々の
   部材の値段がわかるのはビルトイン機器類ぐらいです。

博士:なんか銀座のお鮨屋さんみたいね(笑)

ナベ:時価ですか(笑)

   でもまじめな話し、いくつか提示されているセット例の価格を
   見る限り、桁外れに高いわけじゃないようですよ。 
   むしろこの高級感から想定できる価格よりずっと安いですね。


次回につづく・・・

前へ          10 11 12 次へ


【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。   
Posted by showroomchousatai at 12:54Comments(7)TrackBack(0)

2005年12月12日

【トーヨーキッチン】3Dシンク

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.18≫
★  TOYOキッチンの巻 第4話

前へ          10 11 12 次へ


第四話 3Dシンク


博士:さて、お次のチェックポイントは?

ナベ:TOYOキッチンといえば、やっぱりこれでしょう。


   画期的なシンク、「3D−シンク です。


3Dシンク 



博士:しっかし大きいシンクよね〜
   赤ちゃんの沐浴にも使えそうなぐらいね。

ナベ:間違いありませんね。
   この上の「4D−シンク 」は小学生まで可能なんだそうです。

博士:え、うそ?

ナベ:うそです(笑)

博士:ナベちゃん今日はもしかして具合悪いの?


ナベ:悪いかも。

博士: ・・・・・・・


ナベ: ・・・そ、それにしても、よく造りこんでますね、これ。

博士:奥行きがかなりあって、三層構造 になってるわけね。
   しかも下のほうに末広がり になってるわよ。

ナベ:TOYOでは「フラスコのような形状 」と表現してますけど・・・

博士:理科の得意じゃなかった人はわかんないわよね。
   フラスコっていうのは色々種類があるんだけど、一般的に
   フラスコ形状といえば三角フラスコ の断面に似てるって意味
   だと思うわ。 こんな感じ↓ね、思い出した?


三角フラスコ 


ナベ:さすが博士! 懐かしいですね・・・

   で、3Dシンクはどうなってるかっていうと・・・
   断面形状 が↓このようになっています。


3Dシンク断面形状
 



博士:よくわからないけどこれ作るのってすっごい難しそうね。

ナベ:ステンレス加工の熟練工さんたちが岐阜の工場に沢山
   いるんだそうです。 バコッとプレスして成形しただけの
   そんじょそこらのシンクとはわけが違います ね。

   それはともかく、この3階建て構造のシンクの使い勝手は
   どんなもんでしょうか?

博士:プレートの種類は・・・

   白い樹脂製のまな板
   ステンレス板の調理プレート
   穴が開いていて水切りができるマルチプレート

   の3種類ね、まな板は中間部にしか置けないけど、あとの
   二枚はそれぞれ入れ替えられるようになってるわ。


ナベ:パズルみたいで面白いや、使い手によって組み合わせ
   が変えられるんですね。

博士:まず最上部にプレート を置くと、カウンタートップの作業
   スペースが一時的に広がる っていう使い方がひとつ。


3Dシンクまずプレートを最上部へ 


ナベ:穴の開いたほうも同時に置くとさらに拡大しますね・・・

博士:そうね、もうひとつは穴開きのマルチプレート を茹でこぼし
   などに使う場合ね、この時は下段に 付けないとダメよ。


3Dシンクマルチプレートを下段に 


ナベ:お湯がはねちゃいますからね。

博士:あとは調理台プレートも下段 に付ける場合ね、洗いもの
   をシンクの底に溜めておけるわ。


3Dシンク両方のプレートを下段に 


ナベ:シンクの上にまたシンクができちゃった感じですか。
   調理中に洗い物って結構出ますもんね、それをぼんぼこ
   シンクの底にためておけるんだ、調理に集中 できるから
   うっかりミスが防げそうですね。

博士:そうそう、几帳面な人って料理しながらどんどん洗い物を
   するんだけど、うっかり焦げ付かしてしまったり煮立たせて
   しまったりするものね。

ナベ:よく考えられてるな〜
   本当に料理が好きな人が考えたシンクって感じですね!


次回につづく・・・

前へ          10 11 12 次へ


【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。   
Posted by showroomchousatai at 16:08Comments(2)TrackBack(0)

2005年12月09日

【TOYOキッチン】エアフロー(2)

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.18≫
★   TOYOキッチン の巻 第3話

前へ          10 11 12 次へ


第三話 (エアフローその2)

前回よりのつづき・・・

キャビネット内部は汚い? 


ナベ:温熱環境悪いですからね、キャビネットの中は。
   それでカビだのダニだの細菌だのが繁殖しちゃうってこと
   らしいっスよ・・・ ↑の画像みたいに。
   家でいえば高床式住宅ってわけですかね、ハハッ!

博士:何を言ってるのかしらね〜
    それこそ住宅じゃあるまいし、おかしいと思わないの?

ナベ:えっ!?
   ど、どういう意味っスか?・・・・

博士:だいたい今どきの住宅の床からどれだけの湿気と熱が
    伝わるっていうのかしら。
    そんなことナベちゃんが一番よくわかってるんじゃない?


ナベ:あ、そうか・・・・ たしかに最近の家は台所だって
   温熱環境は良好 です。

博士:古いお家のリフォームや条件の悪いマンションの北側の
   部屋とかならわからないでもないけど。


ナベ:そのへんのニーズを重視してるんですよ、きっと・・・

博士:それにキャビネット内部の温熱環境が悪いのは何も
   床から伝わる熱や湿気だけが原因じゃないわよね?


ナベ:おっしゃるとおりです、ハイ。

博士:むしろキャビネット内部の排水管やトラップ、食洗機などの
   影響が大きいわけでしょ?
   いくら床から浮かせてもトラップに溜まった温水の熱や
   食洗機から漏れる水蒸気は防げない わよね。


ナベ:クローズドキャビネットの温熱環境を良くしようと思ったら、
   ヤマハのように換気システムを組み込む方法などで強制
   排気するのがいいのかもしれませんね・・・
   
博士:しかもナベちゃん、よく見てみたら・・・
   このキャビネット、一見オールステンレス だけど・・・

ナベ:す、鋭いですね・・・ ハハ。
   TOYOのキャビネットは内部までステンレスが張り巡らされ
   てますけど・・・・、実は内部の基材は木製 です。

博士:ってことは木(もく)キャビ
   (※木製キャビネット のこと)

ナベ:そう、中身は木キャビ なんだそうです。

博士:ほんとに木キャビなの?

ナベ:木キャビです(笑)
   ほんと、どう見てもオールステンレス なんですけどね・・・
   これもメーカーの考え方なんでしょうか。

博士:ま、ステンレスキャビネットがどんな点でも優れてるって訳
   じゃないしね、熱にしても伝え易い わけだし。
   木キャビのほうが断熱性が良くて周囲の影響を受けにくい
   からなのかしら?

ナベ:断熱性がいいって事は・・・
   逆に内部の熱は逃げにくい ですし、しかもステンレスを
   張りめぐらせちゃってますからね、湿気にしても・・・・

博士:そっか〜・・・・

        ダメじゃないの。(笑)

ナベ:いやいや、それはほら・・・
   メーカーの考え方ってのがあるわけじゃないですか、ね?
   だからこそわざわざ床から上げてるんですよ、きっと。
   ・・・・・・
   はかせ〜今日はしょっぱなから飛ばし過ぎッスよ!

博士:「あの」TOYOキッチンだもんね・・・・
   期待値上がりまくっちゃってるから 許して欲しいわ(笑)

ナベ:じゃあ、話しを「 」に戻しましょう!
   えっと、足の種類は、シルバー樹脂・ウッド・クリスタル・アルミ
   ・クローム・ホワイトと6種類もあって高さも変えられます。


エアフロー足のバリエーション 


博士:たくさんあってどれにしたらいいか迷っちゃうわね〜
   こう見てみると何だかんだ理由つけてして結局は
   意匠上の差別化って感じがしちゃうわ。

ナベ:たしかに。
   やっぱしカッコイイですもんね!
   明らかに他メーカーのキッチンとはちがいますから。

博士:これ、たまに足を交換するとイメチェンできていいかも。

ナベ:ハハ、絶対しないと思います(笑)
   でも簡単に交換できるといいですね・・・

博士:簡単に交換って言えば、取り外しできるカバー
   付けられるのよね?
   これなんてカバーまでステンレス板 よ。


エアフローステンレスのカバー 


ナベ:カッコイイっスね〜
   カバーにも種類がいくつかあるようですが、とにかく
   ステンレスにはこだわってますね。

博士:せっかくのお足を隠しちゃうなんてもったいない気が
   しちゃうわよね。


ナベ:やっぱりキレイな足は出してこそ価値があるってこと
   ですね! ハハハ

博士:・・・・・・

ナベ:い、いずれにしても
   これを付けちゃうと普通っぽく見えちゃいますよね。

博士:自慢の清掃性も悪くなっちゃうしね。
   ま、でもエアフローにしてもこのカバーにしても、日本中の
   キッチンメーカーが蹴込み収納を採用している現状で、
   間違いなくTOYOならではの特徴になってるわ。

ナベ:そうですね、通気性を良くして清潔な環境にしている事より
   むしろデザイン性を重視してるってのは博士の言うとおり
   かもしれませんね。

博士:足元の空間がもったいない!な〜んていう人は、そもそも
   TOYOキッチンのお客様にはなれないよ、ってことじゃない?

ナベ:ひょえ〜!


次回につづく・・・

前へ          10 11 12 次へ


【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。   
Posted by showroomchousatai at 13:58Comments(4)TrackBack(0)