2005年10月28日

IHクッキングヒーター4機種徹底比較!第4話

いつも面倒くさいのにプチッと応援いただき、感謝感謝です。
【人気blogランキング】 今日もあなたの一票に励まされています。
  皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです・・・・・

≪住まいのショールーム★調査隊 : 特別編≫
★  IHクッキングヒーター4機種徹底比較! 第4話

前へ 1  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

ナベ:博士、トップのサイズがらみで言うとヒーターピッチ (※)は
   どんなものでしょうか?松下が30.4僂悩把磧∋杏が最大の
   34僉△△箸瞭鷦劼33僂討海箸任垢韻鼻ΑΑ
  (※ヒーターとヒーターの間隔のこと)


日立 ヒーターピッチ33cm
三菱 ヒーターピッチ34cm 王冠
東芝 ヒーターピッチ33cm
松下 ヒーターピッチ30.4cm

※三菱は中央のヒーターも独自の切り込みデザインを採用、
最大直径19cmの鍋が置けるようになっている。

日立 三菱 ヒーターピッチ










東芝 松下 ヒーターピッチ










博士:ヒーターの間隔は広いに越したことはないと思うわ、特に
   ガスコンロと違ってIHの場合はね。

ナベ:えっ、といいますと?

博士:ガスと違ってIHは、直径の大きいフライパンなんかでもベタ
   置きして調理するのよね?   隣のヒーターで把手付きの
   大きめなナベなんかを使ってると結構キツイと思うわよ。

ナベ:なるほど、そういう意味で広いほどいいわけだ。 じゃあ、
   三菱だけラジエントヒーターに独自の切り込みを入れて
   トップを広く使えるようにしているのはポイント高いですね。

博士:ラジエントヒーターに大きめのナベも使えるし、ヒーター
   ピッチに関しては三菱が一番ってことね。
   そういえばサンウェーブのオプションでピッチ40僂IHと
   ガスコンロが用意されてたハズだけど・・・

ナベ:あれはたしか日立製だと思いましたが、一般販売はされて
   いない商品のようですね。 あれが欲しければサンウェーブに
   するしかないようです。

博士:特注品ってわけね、この前調査したTOTOのキュイジアにも
   厚みがたった3mmのフルフラットタイプが、やっぱり専用品で
   用意されていたけど・・・
   ナベちゃん、あれって例えば交換する時どうなっちゃうの?

ナベ:何年か先でもサンウェーブやTOTOが代替品を用意してくれ
   ていればいいんですが・・・ もしその時点で代替品が無くて
   一般的なものに交換する場合は、多少加工とかが必要かも
   しれませんね。

博士:そう考えると一般的なサイズのものを入れておくのが無難な
   わけか・・・

ナベ:そのへんの判断は微妙ですが、個人的には気に入ったら
   採用を考えていいと思いますね。 最悪加工すればなんとでも
   なってしまうように思います。

博士:話しが少し横道にそれちゃったわね、ヒーターについてだと
   火力調整 にもかなり違いがあるわね。

ナベ:操作性は別にしても、調整シロはメーカーによって考え方の
   違いが出ている部分ですね。


日立 左右12段階、中央4段階
三菱 左右 8段階、中央4段階(右のみ湯沸し時9段階)
東芝 左右17段階、中央6段階  王冠
松下 左右 9段階、中央4段階(左のみ湯沸し時10段階)


博士:一番調整が細かくできる東芝(17段階)と、一番大雑把な
   三菱(8段階)とでは2倍以上も違いがあるのね〜

ナベ:このへんは恐らく使い手の性格によって評価が分かれる
   んじゃないかと思いますよ。 段階式の調整って、何でもそう
   ですけど細かけりゃいいってもんじゃないですからね。

博士:使い手の性格ね(笑) そりゃそうかも。
   ただ後でチェックする操作性にも絡んでくると思うんだけど
   火力調整のしやすさと、火力の視認性も重要よね。

ナベ:いくら調整シロが細かくても使いにくかったり、火力表示が
   悪いと逆効果ですもんね。 IHは「炎」が見えませんから・・・

博士:じゃ、そのへんは操作性のチェックの時に細かく見てゆく
   ことにして・・・ 他に目を移すと、例えば日立が業界一の
   低騒音って言ってるけど、静粛性 はどうなのかしら?


日立 最大 火力時約38dB(業界一の低騒音と豪語) 王冠
三菱  運転時約37dB(ファン2段階)
東芝 とろ火 時35dB
松下 弱・中・強⇒38・40・42dB(ファン3段階調整)


ナベ:比較すると、日立の最大火力時の38dB、東芝のとろ火時
   35dBというのが目立っていますね。 松下はファンを3段階に
   調節する割には特筆するようなスペックではありません・・・

博士:だいたい、IH電磁調理器の動作音ってそんなに気になる
   ものなのかしら・・・?

ナベ:データほどの違いは感じないんじゃないでしょうか・・・
   調理中は焼いたり煮たりしている音や換気扇の音が結構
   しますからね、ガスコンロにしたって無音じゃありませんし。

博士:それにしては各社自分の機種の都合のよい部分で静粛性
   をアピールしてるのね(笑)


次回につづく・・・

前へ 1  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

【人気blogランキング】に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。
【PR】広告掲載のお申込はコチラ!  ブログマーケティングの e売るしくみ研究所
  

Posted by showroomchousatai at 11:35Comments(21)TrackBack(2)

2005年10月27日

IHクッキングヒーター4機種徹底比較!第3話

【人気blogランキング】 まずは応援お願いします〜☆
              皆さんの応援でこのブログはなりたっています !!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 特別編≫
★  IHクッキングヒーター4機種徹底比較! 第3話

前へ 1  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

博士:じゃあ、最初は基本性能の比較からね。

ナベ:ハイ、まずはトップヒーターの火力 です。

〜ロースター(グリル)を除くヒーターの性能〜
日立 左右3.0kW、ラジエント1.2 kW、総出力4.8kW
三菱 左右2.5kW、ラジエント1.2 kW、総出力5.8kW
                (右のみ湯沸し時3.0kW)
東芝 左右3.0kW、ラジエント1.25kW、総出力5.8kW 王冠
松下 左右2.5kW、ラジエント1.25kW、総出力5.8kW
                (左のみ湯沸し時3.0kW)

※共通する性能としては左右揚げ物OK。
  いずれもトータル出力内に抑えるロジックが異なる。
  総出力5.8kWタイプは出力を4.8kWに切り替え可能。

日立 HTW-4WFS












三菱 CS-G3205BDSW












BHP-M47AS












KZ-HSW32B












博士:どれも同じかと思ったら案外違うもんなのね〜

ナベ:中央のラジエントヒーターはどれもだいたい同じですけど
   肝心のIHが左右とも3kW なのは日立と東芝だけで、三菱
   と松下は湯沸し時のみ3kWで、通常は左右とも2.5kW なん
   ですね。 ただ、総出力に関しては日立が4.8kWである以外
   他は全て5.8kWとなっています。 言うまでもありませんが、
   いずれも単相200Vの電源 が必要です。

博士:単相200Vね・・・ 新築の場合はともかくリフォームの時
   なんかはどうすればいいのかしら?

ナベ:まず現在が3相 で引き込まれていれば大丈夫。 築年数の
   古いお宅を除き今はほとんどが3相引き込みです。
   あとは専用の30Aのブレーカーと、分電盤からヒーター
   までの専用配線 が必要になります。 配線が露出なら費用
   はそれほどかかりませんが、きれいに壁の中に隠したければ
   別途工事が必要ですよ。 主ブレーカーの容量は最低でも
   40Aは必要 ですから、電力会社に連絡して取り替えてもらう
   必要があります。 当然基本料金は上がりますが。

IHヒーター 電気配線図













   あとマンションの場合は、容量アップに伴って共有物である
   引き込み配線をいじらなくてはいけない事もあるので、導入
   が難しいこともありますね。

博士:ふ〜ん、リフォームの場合は配線が露出しちゃうことさえ
   気にしなければ大変じゃないわけね。
   新築だとそのへんは全く気にする必要ないんでしょ?

ナベ:そうですね、専用コンセントなどの費用は別途掛かりますが
   施主が特別意識することは無いと思います。

博士:話しを戻すと、4機種はヒーターの出力は違うし総出力にも
   違いがあるけど、高出力なほど良いってこと?

ナベ:そうでもないようです。 実際にはお湯を沸かす時以外に
   最大火力を使うことは滅多にないようです から。
   2.5kWのヒーターでも最大火力で炒め物する時は、うっかり
   すると焦げつかしてしまうほどらしいです。

博士:じゃあ総出力はどうなの? IHやラジエント、それにグリル
   まで全部使うと5.8kWでも追いつかなくなっちゃうでしょ。

ナベ:どの機種も、中央のラジエントヒーターとロースターの
   同時使用はできません が、たくさん使う人はやはり5.8kW
   を選んでおいたほうが無難でしょう。

博士:4.8kWでも5.8kWでも、総出力以下になるように内部で勝手
   に調節しちゃうのよね。 私だったら機械に勝手に出力調整
   されるのなんて嫌だから5.8kWね。

ナベ:だけど5.8kWの場合だと家全体のブレーカーの容量が50A
   〜60Aは欲しくなってくると思いますよ。 当然基本料金は・・・

博士:そうか〜(笑) 節約一家の場合は4.8kWね・・・

ナベ:でも5.8kWの機種でも総出力を4.8kWに制限するよう設定が
   できるようになってますから、そういう意味ではどれを選んで
   もいいと思いますよ。  それに・・・  使ってる人の話しを
   聞くと、IHに慣れるほど4.8kWでもフルパワーで使うことは
   ほとんどないようです。

博士:じゃあ結局、ヒーターの出力差ってあまり気にしないでいい
   って事かしら?

ナベ:そう思いますね。 通常2.5kWの三菱と松下も湯沸し時は
   3kW出せる設定になってますし。 いざという時に左右どちら
   でも3kW出せる安心感みたいなものはあるでしょうけど・・・

博士:少なくとも機種選定の際の決定要因としては、それほど
   高い順位にはならないってことね。

ナベ:だと思います。 ただもしかしたら東芝だけは別かも・・・
   これについては後で話しにのぼるでしょう。
   ところで博士は最初の条件に幅がワイドな750mmタイプを
   指定しましたけど、やっぱりトップは広いほうがいい んで
   しょうか?

博士:そうね、まず幅600mmと750mmって見れば分かるけど
   作業スペースがすごく違うわよね・・・

ナベ:ヒーターのトップはそうですよね、でもカウンタートップの
   作業スペースは逆に狭くなってしまう じゃないですか?

博士:どちらを取るかって問題だと思うんだけど、やっぱり600
   っていうのは寂しいわ、一時置きができないもの。 キッチン
   本体のサイズがI型でいえば2550以上なら迷わず750mmを
   選んでいいんじゃないかしら。

ナベ:逆に言うと標準的な2550mmサイズ以下だと、本来の作業
   スペースに影響が出るって感じでしょうか?

博士:そのへんのスペースの感覚は実際ショールームで確認
   すべき事項ね、個人的な好みもあるでしょうから。


次回につづく・・・

前へ 1  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

【人気blogランキング】に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。
【PR】広告掲載のお申込はコチラ!  ブログマーケティングの e売るしくみ研究所
  
Posted by showroomchousatai at 13:23Comments(2)TrackBack(0)

2005年10月25日

IHクッキングヒーター4機種徹底比較!第2話

【人気blogランキング】 まずは応援お願いします〜☆
              皆さんの応援でこのブログはなりたっています !!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 特別編≫
★  IHクッキングヒーター4機種徹底比較! 第2話

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

ナベ:さ〜もう、心の準備はできましたよ!
   ど〜んといってみましょう!

博士:まずは4メーカーから価格帯の同じ機種をピックアップ
   しなければいけないわね。

ナベ:そうなんですよね、まずはどのへんになりますかね・・・

博士:まずは幅が75僂離錺ぅ疋肇奪 は欲しいわよね〜
   あとはね〜

ナベ:あ〜ちょっと待って下さい! 75僂離錺ぅ疋肇奪廚箸覆襪函
   松下と日立以外は各社一機種しかないですから、もう
   それだけで決まっちゃいますね。 こんな感じです・・・

日立 HTW-4WFS   (税込278,250円)
三菱 CS-G3205BDSW (税込283,500円)
東芝 BHP-M47AS   (税込285,600円)
松下 KZ-HSW32B   (税込283,500円)

〜選択基準は75僂離錺ぅ疋肇奪廚覇碓豌然並 であること〜

IHヒーター 日立 三菱










IHヒーター 東芝 松下










博士:しっかし、IHってやっぱりまだお高いわよね〜

ナベ:結果的に最新型の最上位機種ってことになりますね。
   (※オールメタルは除いて。)

博士:つまり各社75僂離錺ぅ疋肇奪廚蓮∈脳絨無ー錣砲靴与え
   られていないってこと? な〜んか出し惜しみしてるわね。

ナベ:まあま抑えて、これも一つの業界基準ってやつでしょうから。
   それよりこの価格帯になってもまだオールメタル対応機種は
   エントリーできないんですね。

博士:オールメタルに関しては、日立からも出てるけど数が少ない
   し、実質松下の独壇場みたいなものなんでしょ?

ナベ:オールメタルを出していない他社にも頑張って欲しいところ
   ですね・・・  もっとも、オールメタル対応だから最高のIH、
   というのはちょっと違うと思います、お値段は最高ですが(笑)

博士:鉄やステンレス以外の調理器具が使えるのがそれほど
   有難いこととは思えないわよね〜 飛躍的に熱効率でも
   高まるっていうならともかく・・・

ナベ:おっと、ディープな方向に行っちゃいそうですね(笑)
   そのへんは最後に少しコメントすることにしましょう。

博士:で、やたらと前置きが長いけど(笑) これからどんな風に
   話しを進めてゆけばいいの?

ナベ:まずIHヒーターとしての基本的な性能や特徴的な機能の
   比較を行いたいと思います。 続いて・・・
   モデル別の操作性の解説。
   そしてロースター(グリル)の比較。
   最後にまとめたお話し・・・ といった感じでしょうか・・・

博士:一番違いがはっきりしているロースターだけは別に話しを
   するってことね、いいわ。

ナベ:ロースターの比較だけで話しが済むと楽ちんなんですが(笑)

博士:ところでナベちゃん、話しは違うけど4機種比較っていっても
   自分が欲しいキッチンメーカーのオプションリストにはない
   機種もあるわけじゃない?
   IHヒーターを別に購入する時の問題点 はないの?

ナベ:そうですね・・・ 例えば取り付けなどは電気屋さんにやって
   もらいますので 特に問題点はないでしょう 。 保証なども
   もともとIHヒーターの製造メーカーの保証ですから変わりない
   ですね。 あ、でも一部のキッチン(センテナリオやディプロア、
   オーメイド)で機器の保証も3〜5年しているやつは、やっぱり
   オプションで購入すべきでしょうね 。別購入だと一般的な1年
   保証しか付きませんから。

博士:ふ〜んそうなんだ、じゃあ特に気にしないでいいわけね。
   それともっと根本的な問題としてIHヒーターとガスコンロ、
   どっちがどうなの? って疑問があるわけじゃない・・・

ナベ:あ〜IHにもガスにもそれぞれメリット・デメリットがあります
   からね〜、そのへんのお話しもしなくちゃいけないとは
   思うんですが・・・

博士:話しはじめると大変なことになっちゃいそうね(笑)

ナベ:そうなんです、だから今回はIHヒーターの採用を決めて
   いて、どのメーカーにしようか迷っている方向け
   話しを進めるってことで・・・

博士:IHとガス、どっちが良いか悪いかを論じてるサイトは
   山ほどある ものね・・・
   すでにIHの良さを認めた人は、次にどの機種が一番自分の
    使い方に合ってるかを知りたいわけだから・・・
   すっごく役に立つレポートができそうなんじゃない? 

ナベ:・・・って博士、そんなに期待値あげないで下さいよ〜
   対象が調理器具だから、実際に料理しなくちゃ分からない
   ことが沢山あって、レポートだって限界がありますし・・・

博士:そんなこと言ったらいつまでたっても比較レポートなんか
   できないわよ、各メーカーから試用機の提供なんて望めない
   わけだし。

ナベ:試用機ですか!(笑) SR★調査隊がもっとメジャーに
   なって、ほんとに試用機がメーカーから提供されるぐらい
   になるといいですね〜

博士:そうなるために頑張りましょ!

ナベ:了解です!
   (※ほんとに前置きが長くてスミマセン;笑)

次回につづく・・・

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

【人気blogランキング】に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。
【PR】広告掲載のお申込はコチラ!  ブログマーケティングの e売るしくみ研究所
  
Posted by showroomchousatai at 11:10Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月24日

IHクッキングヒーター4機種徹底比較!第1話

【人気blogランキング】 まずは応援お願いします〜☆
              皆さんの応援でこのブログはなりたっています !!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 特別編≫
★  IHクッキングヒーター4機種徹底比較! 第1話

         1  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

博士:ところでナベちゃん、SR★調査隊ってさ・・・

   今まで機種ごとのレポートしかしてないでしょ?

ナベ:(ギクッ!) ・・・・・・

博士:やっぱりエンドユーザーは横の比較を知りたいのよ〜
   ほんとはどれが一番いいんだってことを知りたいの!

ナベ:そ、そりゃ、ごもっともです。 でもキッチンなどは並べて
   展示されてるわけじゃありませんからね、横の比較って
   しんどいもんがあるわけですよ。 それにぃ・・・・・

博士:ま、わからないでもないわね。
   でも設備機器の横の比較なら可能なんじゃない?

ナベ:そうくると思いました、実は前々から考えてたんですけど
    人気のIHヒーターの比較 をやろうと思ってるんです・・・

博士:いいんじゃない! だいたいIH電磁調理器って・・・
   どんなメーカーが造ってるのかすらよく知られてない
   のが現状なんじゃない?

ナベ:ですよね、IHの人気はどんどん上がってきてますけど、
    じゃあどのメーカーの商品を選んだらいいか?
    っていう情報はほとんどない と思います。

博士:たいてい選んだキッチンメーカーのオプションの中から
    選んじゃうでしょうね、でもホントは調理器だけ別に
    購入して取り付ける っていうのは可能なんでしょ?

ナベ:基本的に問題なしです。 ガスコンロも同じですけど
   その事すら一般には知られていないようですね。
   ボクら工務店もオプションから選んでもらったほうが
   簡単ですから、積極的に別購入をすすめないのも
   問題なんでしょうけど・・・

博士:そのほうが楽ちんなわけね。
   だいたいキッチンメーカーのオプションリストにのってる
   IHヒーターって限られてない? 例えば松下だとか・・・

ナベ:おっしゃるとおり、それも問題ですね。 メーカーの政治力
   の強弱が表れていて、ほとんど松下の独壇場です(笑)
   ちなみに・・・

〜主要なキッチンメーカーのオプション採用状況〜

サンウェーブ  松下 日立
タカラ     松下 日立 三菱
クリナップ   松下 日立
松下電工    松下
トステム    松下 東芝
ヤマハ     松下    三菱
TOTO    松下 東芝
INAX    松下
ナスステンレス 松下 日立 三菱
ミカド     松下 東芝 三菱 日立 三洋
ノーリツ     松下 東芝
永大産業    松下 東芝

IHヒーター 日立 三菱 東芝 松下





博士:松下は12社全部に納めてるわけね、これじゃシェアも
   ダントツトップになるはずだわ(笑)
   え〜と、あとは日立と東芝が5社、三菱が4社に採用され
   てるんだ・・・

ナベ:まあ、松下はIHヒーターの先駆者ですし、オールメタルは
   日立も出してますけど、事実上松下の専売特許のように
   なってしまっていますから。

博士:ところでキッチンメーカーのオプション品と市販の商品とは
   全く同じものなのかしら?

ナベ:メーカーによって換気連動型にできることがひとつ。
   それにサンウェーブやTOTOなど、特注品をつくらせてる
   メーカーがあります。 もし特注品を気に入ってしまったら
   オプションで購入するしかありませんね。

博士:ふ〜んキッチンメーカーもあの手この手で差別化してる
   わけね・・・ 換気連動型にできるっていうのは魅力だから
   気に入ったキッチンとIHのメーカーが一致すればそれに
   越したことはないわけね。

ナベ:全てのメーカーが対応しているわけではないので、キッチン
   メーカーに確認したほうがいいですね。 意外にIH単体では
   換気連動に対応していない機種がほとんどですから。

博士:ところで松下に東芝、日立、三菱、この4社のほかに
   IHヒーターを造ってるメーカーはないの?

ナベ:他にキッチンに組み込めるビルトインタイプを販売してる
   のはサンヨーシャープ(コロナ)ぐらいでしょうか・・・

IHヒーター サンヨー シャープ








   今回はサンヨーとシャープには悪いですがキッチンメーカー
   に採用されている4社の比較ってことにさせてもらいます。

博士:さすがに6社じゃ厳しいわけね・・・

ナベ:そういうことです(笑)

博士:じゃあ善は急げ、今週から早速スタートね!

ナベ:えっ? ハハ、そ、そうですね・・・・
   (とは言ったものの結構大変なんですよ;涙)

次回につづく・・・

         1  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

【人気blogランキング】に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。
【PR】広告掲載のお申込はコチラ!  ブログマーケティングの e売るしくみ研究所

  
Posted by showroomchousatai at 11:17Comments(8)TrackBack(0)