2005年09月03日

健康と環境に配慮した住設選び 第7話

【ブログランキング】←いつも応援有難うございます!今日もプチッと☆
             皆さんの応援でこのブログはなりたっています
 

 健康と環境に配慮した住設選び 第7話 ★

F☆☆☆☆のことをもっと知ろう

 

前へ
           
次へ

 

  この週末だけの連載もそろそろ住設選びに話しを進めないと、
家づくり進行中の皆さんの住設選びに役立たなくなってしまいそ
うですね。(先週もそんな風に言ってましたが・・・)
 すぐにでも各論に移りたいところなのですが、その前にどうして
も書いておかなきゃいけないことが・・・(石を投げないように!)
 
今日のコメント欄に少し書き込んでおきますので許して下さい

 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
  過去6話に渡り、人への健康被害はなにもホルムアルデヒドに
限ったことではなく、原因・症状ともさまざまであることをご紹介し
てきました。
 
  毎年実施されている実態調査でも、最大の悪玉=ホルムアル
デヒドの濃度は確実に減少の方向にむかってはいるようです。
 
しかしです・・・ やはり現在でも悪玉、ホルムアルデヒドの扱いを

軽んじるわけには決していきません。
 
 
 
今日のお題は・・・
 
F☆☆☆☆のことをもっと知ろう
 
 
現在ほとんどのメーカーの住宅設備のカタログには『本製品は
F☆☆☆☆(フォースター)の材料を使用して製造されています』
と明記されています。
 
F☆☆☆☆とは合板類のホルムアルデヒド発散量に定められた
JAS規格(Japan Agricultural Standards Association/日本農林
規格)のことで、F☆〜からなる4種類の規格の中でホルムアルデ
ヒドの発散量が最も低く、改正基準法ではその使用面積に制限が
ない等級に該当します。
 
メーカーは、『
法的には無制限に使ってもいいことになってる
から大丈夫
』と言いたいのでしょう。
 
事実、メーカーに問い合わせると「F☆☆☆☆だから問題ない」と
言われるケースが多いという話しをよく聞きます。
 
そして  勉強熱心な家造りブロガーさん達の最近の合言葉は
 
F☆☆☆☆だからって安心できない!・・・
 
かくいう僕も他のかたのブログにそのようなコメントをしてしまい、
詳しい説明なし発言したことを後悔した記憶があります。
 
でもなんだか少し感情論のようになってしまっているのが気に
なっています。
 
このへんでちょっと話しを整理しておく必要があると思いました。
 
小難しいから気合入れて読み進めて下さいね(笑)
 
 
2003年に改正されたJAS規格、F☆☆☆☆(フォースター)とは〜
 
デシケーター法によるホルム放散量が平均0.3mg/L以下、
最大0.4mg/L以下のことです。
 
0.3mg/Lはppmで言い換えると0.3ppm・・・
(ppmは100万分の一を表す比率の単位のことです)
 
この手の話しにちょっと詳しい人なら「厚生労働省が定めた
ホルムアルデヒドの室内濃度指針値は0.08ppm」ということを
ご存知かと思います。
 
F☆☆☆☆     ⇒ 0.3ppm
室内濃度指針値 ⇒ 0.08ppm
 
『なにそれ? F☆☆☆☆はやっぱりダメだ!』
 
・・・・そうじゃないんです。
 
具体的にF☆〜を説明すると、50×150mmの試験片10枚とシャーレ
に入れた蒸留水300ccを、温度20℃でデシケーターと呼ぶガラス
容器(蒸留水)の中に密閉して待つこと24時間・・・。
そのとき水に溶け込んだホルムアルデヒドの量を測定するのが、
デシケーター法です。
 
この条件で1Lあたり何mg溶けているかを示す値がデシケータ値
で、F☆☆☆☆に認定されるには値が平均値で0.3mg/L以下、
最高値で0.4mg/L以下であることが必要とされます。
 
もともとホルムアルデヒドはとても水に溶けやすい性質をもった
VOCで、デシケーター法はこの性質を利用した測定法です。
(ちなみにその37%水溶液がホルマリンです。)
 
※話しはそれますが、この性質を応用して、室内に水を霧吹き
でサッと撒くと、一時的にですが空気中のホルムアルデヒド濃度
を一気に低減することができます。 その水分が蒸発すればまた
濃度は上がってゆきますが・・・
 
厚生労働省の指針値が実際の室内空間でのホルムアルデヒド
の濃度のことを言っているのに対し、JASのF☆☆☆☆は物質が
一定時間に放散するホルムアルデヒドの量、いわば速度を規定
しているわけですね。
 
少し難しく言うと『定常状態の濃度』と『放散速度』の違いです。
 
だから値は違って当然なんです。当たり前のようですが・・・
 
F☆☆☆☆は材料の規格
 
そして改正建築基準法はあくまで使用する材料を制限するもの
決して室内の空気濃度を制限するものではないのです。
 
『そんなの意味ないじゃん』と思われるかもしれませんね・・・
 
長くなったので続きはまた明日来週・・・

                        ↑すみません、つい書き間違いちゃいました!

 
前へ
           
次へ

 

ご意見もどうぞお寄せ下さい⇒調査隊へのEメール
 
【人気blogランキング】に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。
  

Posted by showroomchousatai at 17:46Comments(15)TrackBack(0)

2005年08月27日

健康と環境に配慮した住設選び 第6話

【ブログランキング】←いつも応援有難うございます!今日もプチッと☆
             皆さんの応援でこのブログはなりたっています
 

 健康と環境に配慮した住設選び 第6話 ★

健康障害についての各々の解説(その2)

 

前へ
           
次へ

 

皆さんこんにちは! 夏休みはのんびりできましたか?

 

先週の連載で自己診断の手法のひとつをご紹介しましたが

いかがだったでしょう? ぼくも勉強不足でもし他にも簡単な

診断方法などが紹介されているようでしたら教えて下さいネ。

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

 

さっそく今日の本題ですが・・・

 

健康障害について各々の解説(その2)

  

 

中毒と化学物質過敏症の違い

 

中毒は化学物質過敏症やアレルギーとは違い、

一定以上を被爆すると誰しも発症します。

 

体内で毒性を及ぼすときの量は、『いき値(閾値)』といって

化学物質により異なりますが、いき値より少なければ毒性は

認められずいき値を超えると中毒を発症します。

 

軽度の中毒がきっかけとなって、その後様々な健康障害を

引きずるケースが多く、化学物質過敏症(CS)を発症したり

様々なアレルギー症状を併発したりするようになります。

つまりCSや慢性アレルギーの原因のひとつでもあるわけです。

 

既に説明したように、化学物質過敏症になった場合は中毒学

の範疇では説明しきれないほどの超微量の化学物質にも反応

する、つまりいき値が存在しないほどになる点が異なります。

 

 

中毒の傾向と対策

 

住宅内での中毒は主にシロアリ駆除剤木材の防虫防腐剤

畳の防虫剤などの『農薬系薬剤』によるものがほとんどです。

 

怖い点は、ひとつは住宅ではクロルピリホスを除く農薬系の薬剤

に対して法的な規制がなく、使い放題に近い状態なこと。

 

もうひとつはVOCに比べて、散布あるいは含浸した有毒物質は

換気によって排除する効果が少ない点です。

 

唯一の対策は、当たり前のようですが、中毒の原因となる農薬系

薬剤を使わないこと、となります。

 

 

シロアリ駆除材をはじめ、防腐処理などは農薬系の薬剤を使わ

ないようにすれば安心できます。

 

しかし、多くの水回り設備の部材には防虫・防腐・防カビ処理

は当然のごとく施されていますし、食器棚やテーブルなどの家具

も状況は同じなので、厳密に使わないというのはかなり、しんどい

話しになってきます。

 

ですから現実的には極力減らす方向で進めて、あとは住まい手

の健康状態とのバランスの問題になってきます。

 

住宅設備がらみで言えば、いき値を超えるほどの薬物が使用さ

れることはまず考えられませんので、健常者であれば特に問題

になることはないはずです。 

(ただし海外からの輸入家具などはよくわかりません。)

 

しかしながら、化学物質過敏症気味になってしまっている人は、

いき値を下回る薬剤にも反応してしまうので注意が必要です。

 

 

加えて注意点が二つあります。

 

水回りのリフォームなどで床が腐っていた場合、防腐剤などを

下地に塗布するケースが多いので、もし使用するならその成分

や使用量を厳重にチェックしなくてはいけないこと。

 

もうひとつは家庭生活でも防虫スプレーなどの使用により中毒

は引き起こされる可能性があるということです。 家庭内での農薬

の使用は意外に多いことを忘れないようにして下さい。

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  続きを読む
Posted by showroomchousatai at 09:49Comments(21)TrackBack(2)

2005年08月20日

健康と環境に配慮した住設選び 第5話

【ブログランキング】←いつも応援有難うございます!今日もプチッと☆
             皆さんの応援でこのブログはなりたっています
 

★ 健康と環境に配慮した住設選び 5話 ★

やってみよう! 自己診断

 

前へ
           
次へ

  続きを読む
Posted by showroomchousatai at 11:31Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月06日

健康と環境に配慮した住設選び 第4話

【ブログランキング】←いつも応援有難うございます!今日もプチッと☆
             皆さんの応援でこのブログはなりたっています
 

★ 健康と環境に配慮した住設選び 4話 ★

健康障害についての各々の解説(その1)

 

前へ
           
次へ

 

皆さんこんにちは! 調査隊のナベです。

 

夏、真っ盛りですね〜 今ごろちょうど夏休みを取られている方も

いらっしゃることでしょう。 今日はお祭りだ〜なんて方も・・・

う、うらやましい・・・ く〜〜、では今週もいってみましょうか!

 

さて今週は小難しい話しをする前にざっくばらんなお話しを、まず

したいと思います。

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

極論を言えば・・・

つくり手に適度な知識と経験があって、なおかつ建て主に十分

な資金力があれば、化学物質過敏症のかたなどを除く、比較的

多くの人の健康に負荷を与えない住宅をつくる事は可能です。

 

しかし優れたつくり手なら、それほど資金力の多くない建て主でも、

創意工夫でコストの比較的かからない提案をするでしょうし、建て

主に潤沢な資金が用意されていれば、現在ならさほど経験のない

つくり手でも対応できるかもしれません。 でも・・・

 

実際には、このいずれでもない場合が多いはずです。

 

自分に合った、知識と経験が豊富なつくり手とめぐり会える方法は

これといった決め手はありませんし、経験的に言って、たいてい

建て主は自分の資金以上のものを望むものですから、潤沢な

資金なんて言葉も通常当てはまるものではありませんから・・・

 

しかし諦めてはいけません。

 

建て主が『家づくりの知識(素材や建材のことを含め)』を身に付け

ることによって、これらを補うことができるはずだからです!

 

逆に家づくりの知識が全くない場合、よほど運がよくないと失敗

するかもしれません。 これは何も健康への配慮に限ったことでは

ありません。

 

ですから、家づくりの知識を学ぶことは、あなたの見えない資金を

貯金していくことになります。 

 

どうです、きょうは俄然やる気が出てきたでしょ?

 

えっ? どれだけ勉強すればいいのか、ですって?

 

それはつくり手の力量と、住まい手の知識、のバランスがどこで

とれるかがポイントになってきます。 それはきっと学んでいくうち

に次第にわかってくることでしょう。        ・・・ファイトっ。

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

 

さて今日の本題ですが、なるべく住設に関係する・・・

 

健康障害について各々の解説(その1)

 

・・・を、お送りします。 今日はまた一段とカタイですからね(笑)

 

 

 

化学物質過敏症hemical ensitivity=CS) とは?

 

CSに関しては、すでに多くの本やサイトに記述がありますから

ここでは、かいつまんで解説することにします・・・

 

 

化学物質過敏症の先進国である米国では、程度の差こそあれ、

国民の十人に一人はこの病気になっていると言われています。

住環境が似ている日本でも近似した事態だと考えられています。

 

化学物質過敏症とは、空気中の超微量の有害化学物質に

より体の様々な器官に色々な症状が出る病態をいいます。

 

一時的に大量の化学物質に暴露されるか、あるいは低濃度でも

長期間反復暴露されることによって、脳・神経系にダメージを受け

ることが原因で、いったん過敏症になるとその後、極めて微量の

同系統の化学物質に対しても過敏症状(生理的な異常反応)を

起こすようになります。

 

また一時に大量暴露を受けたケースの場合、その多くは反応する

物質の種類が次第に増えて、症状も重くなる傾向にあり、これを

多発性化学物質過敏症と呼んでいます。

 

発症するのは年齢性別とも様々ですが、やはり室内にいる時間が

多い家庭の主婦が割合としては多く、内分泌系のバランスが崩れ

易い中年の女性の特性にも関係があると考えられています。

 

また誰しもが発症するわけではなく、その個人差は化学物質に対

する適応能力に左右され、その適応力はしばしばコップやバケツ

に例えられます。 人は化学物質を処理する器をもっていて、その

大きさ(許容量)や自己浄化力(免疫力)などは個人差がある、

というイメージです。 そして一旦その器からあふれ出てしまうと

化学物質過敏症の発症となる、というわけです。CSで器があふれる図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  続きを読む
Posted by showroomchousatai at 14:53Comments(7)TrackBack(2)

2005年07月30日

健康と環境に配慮した住設選び 第3話

【ブログランキング】←いつも応援有難うございます!今日もプチッと☆
             皆さんの応援でこのブログはなりたっています
 

★ 健康と環境に配慮した住設選び 3話 ★

化学物質過敏症以外にどんな健康障害があるの?

 

前へ
           
次へ

 

皆さんこんにちは!

先週はこの連載、お休みしちゃってすみませんでした。

今週のお題は・・・

化学物質過敏症以外にどんな健康障害があるの?

ということをひととおりご紹介します。

 

『早く住宅設備についての具体的な話しに進めて!』

という声が飛んできそうですが・・・   だめです(笑)

 

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

健康障害については分類のしかたがとても難しく、色々な

切り口で分類が可能なのですが、今回は批判を恐れず進めて

いくことにしました。(この分類は結果である病名から途中で

原因となる事柄に突然かわります。異論はあるでしょうが…)

 

建築物に起因する様々な直接的及び間接的な健康障害

 

 

≪直接的な健康障害≫(結果)

 

化学物質過敏症

中毒

急性アレルギー

これらは短期間(数時間から数ヶ月)にその症状が現われます。

そして同条件で症状がでる人とでない人がいるのが特徴です。

すぐに結果が出るので比較的自覚症状も出やすく、社会的にも

事件として取り上げられ、エキセントリックな話題になりがちです。

(化学物質過敏症は、低濃度の化学物質に長期反復暴露され

 た場合にも発症しますので短期タイプとも言い切れませんが。)

 

他には

ガンやじん肺等

ホルモン機能異常

催奇形性、生殖毒性、染色体異常 e.t.c.

これらは症状がすぐにでず、長期に渡って影響を受け続けた結果

発病あるいは変異するタイプです。

これらは自覚症状もなく、本人が気づかない間に体が蝕まれて

ゆきます。 しかもこのタイプは被害が広範囲で不特定多数が

対象である点が恐ろしいところです。

 

最近ニュースになった建物内のアスベストの例もこのタイプに

含まれますね。 ただ工場や使用建物近辺の人の被害という点

では次の間接的なタイプに含まれてきます。

 

 

≪間接的に健康障害を引き起こすもの≫(原因)

 

特定フロンのオゾン層破壊

廃棄物による土壌・地下水・大気汚染

塩化ビニルなどの焼却時にダイオキシン発生

アスベストのような広域大気汚染

これらも自分が知らない間に被害を受けている点でとても恐ろしい

ですよね。 被害も非常に広範囲に現われます。

 

そしてもっと言うと・・・

製造・輸送時のエネルギー消費による地球温暖化

自然林乱伐による環境破壊地球の砂漠化

などは直接、健康障害との因果関係は結びつけ難いですし、問題

が大きすぎて、自分の家を建てる時は関係ない気がしますけど、

決してそんなことはありません。  必ず関係していますからね!

 

 

≪ほかに健康障害を引き起こす恐れのあるもの≫(原因)

 

電磁波

低周波

などは最近日本でも注目されてきた問題です。

電磁波は徐々に問題化されつつあり、最近話題にのぼることも

多くなってきましたが、低周波被害はあまり知られていないよう

です。 でもこの2項目はもろに住宅設備に関係しますからね!

  続きを読む
Posted by showroomchousatai at 11:38Comments(6)TrackBack(0)

2005年07月17日

健康と環境に配慮した住設選び 第2話

【ブログランキング】←いつも応援有難うございます!今日もプチッと☆
             皆さんの応援でこのブログはなりたっています
 

★ 健康と環境に配慮した住設選び 2話 ★

シックハウスってなんだ? その2

 

前へ
           
次へ

 

こんにちは! 懲りずに今日も見に来てくれましたね!

ちゃんと、きのうの宿題はやってきてくれましたか!?

 

よろしい、・・・ゴッホン(笑) では今日も始めましょう!

特に今日は文ばっかしですから寝ないようにっ(笑)

 

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

さて、、(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター発行の

シックハウス相談回答マニュアル 2004年」によれば、

 

 

シックハウス症候群とは〜中略〜症状が多様で、症状発生の仕組

みをはじめ未解明な部分が多く、また様々な複合要因が考えられ

ることから、この症状を「シックハウス症候群」と呼んでいる。

 

またシックハウス症候群が発症したした人の居住する住宅や化学

物質濃度の高い家を「シックハウス」と呼び・・・

 

これらを総称して「シックハウス問題」ということが多い。

 

 

・・・と書いてありましたよね?

で、これも今回のお題、「シックハウスってなんだ?」のひとつの答え

には違いないのでしょう。

 

ただ同マニュアルで不思議なのは、シックハウス症候群と化学

物質過敏症の違いを聞かれた時の答えです・・・

  続きを読む
Posted by showroomchousatai at 14:42Comments(2)TrackBack(1)

2005年07月16日

健康と環境に配慮した住設選び 第1話

【ブログランキング】←いつも応援有難うございます!今日もプチッと☆
             皆さんの応援でこのブログはなりたっています
 

★ 健康と環境に配慮した住設選び 1話 ★

シックハウスってなんだ? その1

 

前へ
           
次へ

 

皆さんこんにちは! 調査隊のナベです。

先週は長〜い前置きをご覧いただき誠に恐縮でした(笑)

いよいよ今週末の本日から本題に入ります! 

 

告!この連載は問題意識をお持ちでないと、最後まで

    読み進めることは難しいかもしれません。

 

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

最近さすがに「シックハウスってなんだ?」と言う人は見かけなく

なりましたが、あらためてその意味を聞かれると、建築関係者

でも正確な答えに苦しむのではないでしょうか?

 

最初のお題はずばり、「シックハウスってなんだ?」です。

 

この連載に興味のある方ならすでにご存知のことと思いますが、

平成15年7月に改正建築基準法に基づくシックハウス対策が

施工されました。

そのとき国土交通省が配布していたエンドユーザー向けの

チラシに、「シックハウス症候群」について簡単に説明文が書か

れています。 (以下原文のまま)

( ※国土交通省は旧建設省と運輸省が統合した国の機関です)

 

 

新築やリフォームした住宅に入居した人の、目がチカチカする、

喉が痛いめまい吐き気頭痛がするなどの「シックハウス

症候群」が問題になっています。

 

その原因の一部は、建材家具日用品などから発散する

ホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの

揮発性の有機化合物と考えられています。

 

「シックハウス症候群」については、まだ解明されていない部分

もありますが、化学物質の濃度の高い空間に長期間暮らして

いると様々な健康に有害な影響が出るおそれがあります。

 改正基準法チラシ表改正基準法チラシ裏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このチラシのPDF版はこちら

※参考 国土交通省のシックハウスのページ

 

さすがに国の制作した文章、まとまってはいます。

・・・で、推測するに、おおかたの建築関係者の認識もだいたい

この程度なんだと思います。 決して間違っちゃいませんよ、

なにしろお役所が謳ってることですから。

 

話しは改正基準法に戻りますが、この改正ではホルムアルデヒド

が規制対象の化学物質となり、換気システムの設置が義務化され

、防蟻剤のクロロピリホスが使用禁止となりました。

 

規制前の「やりたい放題」だった頃に比べれば大変革といえます。

しかし内容的には第一段階の改正で、これからまだまだ改正が

必要な内容だと思います

 

 

この規制の住宅設備に関する規制や問題点については後日

述べようと思います。

 

  続きを読む
Posted by showroomchousatai at 10:34Comments(12)TrackBack(2)

2005年07月10日

週末だけの新連載スタート!の巻

【ブログランキング】←いつも応援有難うございます!今日もプチッと☆
             皆さんの応援でこのブログはなりたっています
 

≪ 住まいのショールーム★調査隊 ≫

★ 週末だけの新しいカテゴリーの連載スタート!の巻 ★

 
                           
次へ

 

最近、僕らを応援してくれている「家づくり進行中」のブロガーの

皆さんの間で「シックハウス」に関する事が話題になっています

 

特にシステムキッチンのシックハウス対策については、記事に

とりあげて欲しい旨の要望が直接メールでも届いてるんですね。

 

でもこの話題を掘り下げていくと・・・

 

シックハウス対策

    

健康的な住まいづくり

    

人にも環境にも優しい住まいづくり

 

・・・とテーマもだんだん壮大になっちゃいます(笑)

 

この壮大なテーマに踏み込んでいくのは決してやぶさかではない

のですが、住宅全般に関してまで話しを広げていくのはさすがに

しんどいもんがあります。

 

手前みそですが、S.R.★調査隊は住宅設備などに特化した

情報提供をしているのがいいところだと思っています。

 

ですから色々手を広げずに、住まい全般に関しての情報は他の

ウェブサイトにお任せして、住宅設備に限ってこの話題に言及し

ていこうと思います。(そうもいかない部分も多いですが・・・)

 

新しいカテゴリー名は、

健康と環境に配慮した住宅設備選びをしたい人への基礎知識

 ・・・なんですが、これだとあまりに長すぎるので

 

健康と環境に配慮した住設選び」   ・・・としました。

 

 

このカテゴリーでは、調査隊の当初の目的とは少々違う方向へ

話しが展開してゆきますが、この際それも止むを得ません。

この手の話しに興味のないかたは週末だけですので見過ごして

しまって下さい。

 

内容は問題の「シックハウス症候群」に限定せずに、いわゆる

健康障害を引き起こす恐れのある話し全般と、環境に配慮

したモノづくりについてもお話しするつもりでいます。

地球に今いる人だけでなく将来住む人のことも考慮して。

 

内容が内容だけに、現在市場に出回っている商品を否定する

ようなことを想像されるかもしれません。

(ショールームでの会話はたまにそんな風に言っちゃうことも

 ありますけど・・・ ; )

 

しかし当ブログのコンセプトは「極力中立の立場で情報発信

して、納得の住宅設備選びのお役に立つ」事ですので、特定

の商品群を否定したり、逆に推奨したりすることはありません。

 

あくまで商品の良し悪しを判断するのは皆さんです。

 

住設ならずともモノを選ぶ時には自分なりの判断基準や優先

順位が必要ですよね。

 

その基準を構築する際の糧となる情報の一部とお考え下さい。

 

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

隊長も不在なのでいつものような会話形式にもできませんし、

間違いなく堅苦しい話しにもなるでしょう。

 

当面お伝えする必要がある内容だけでも、最終的にどれくらいの

ボリュームになるか分かりませんが、最低でも10話以上の構成

にはなるんじゃないかと思います。

 

ショールームへは出動しませんが、座学だけではつまらないと

思いますので、途中、違う場所には出動します。

 

そんなわけで、だいたい週一ぐらいのペースでなんとか頑張って

みますので、よろしければお付き合い下さい。

 

回りくどい性格のため前置きが長くなってしまい恐縮です(笑)

来週からは本題に入りますのでご安心下さい!

 

まずはエキセントリックな話しになりがちな「シックハウスって何?」

から始まって、冷静に、健康障害を引き起こす恐れのある様々な

事例についてお伝えしてゆきます。 

なるべく住宅設備から飛び出ないように(笑)

  

来週末につづく・・・
                                
次へ
 
私達はこのブログをなるべく多くの方に見ていただき、一人でも多くの
方に住宅設備を選ぶ際のお役に立つことを願っています。
そのための手段のひとつとして【ブログランキング】に登録しています
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい
  
Posted by showroomchousatai at 11:40Comments(4)TrackBack(0)