2007年09月20日

トーヨーキッチン『ムーブル』探訪の巻

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!


皆さんこんにちは!ナベです。

今日はトーヨーキッチン企画開発部の辻雅彦氏にお誘いを受けて
東京の六本木にまったく新しいコンセプトでつくられた
「TOYOKITCHENSTYLE meuble(ムーブル)」  という名の
ショールーム(?)にひとりで訪問してきました。
 
六本木なんて場所にはとんと縁がないボクが、意を決して
のぞんだレポートを、どうぞご覧ください。

   ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


   地下鉄を出てるとそこは六本木。


    わたしは完全におのぼりさん。

  そして自慢じゃないけど肝っ玉が小さい。

こういうところ、居るだけで冷や汗が出てきます。


案内図 を頼りに六本木の街をさまよっていると…
目的地に付いているはずなのにショールームらしきものは
見当たりません。


そのかわり…

おもてのオープンカフェみたいなところには、さながら…

ファッションモデルのような外人さん達が談笑中。


オープンカフェイメージ画像  

 

        冷や汗がまたドドド〜ッと。


            う〜む。。。。。


 
頑張れニッポン!!



           頑張れニッポン。



             負けるな。





どうもビル(六本木AXISビル)の地下にあることが判明。


地下!?

地下にある住設のショールームなんて日本初なんじゃないか?


な〜んてことを考えつつ…


秘密の地下基地に向かう気分で階段を下りてゆくと…



(えっ… まさか… もしかして… あそこ? )


TOYOキッチンムーブル 




       ・・・・・・・・・・・・・・・



     会員制のサロンですか?





や、やっぱ、ダメだ。 帰ろ… 出直そ。


今度また博士を誘って二人で来よ。(クルッ)



…と、その時


『ナベさん!どもっ!!』


(↓ここから会話調でお読み下さい。)

ナベ:つ、辻さ〜ん (ホッ)

   や、どーも、どーも、ご無沙汰です〜

   ハハ… いゃ〜 きょうは暑いっスね〜


辻氏:すんごい汗かいてますね!

   お暑いところようこそです〜



ナベ: ハハハ・・・・ (汗ね)


辻氏:どうぞどうぞ中へ!


ナベ: ハ、ハイ…


      では


    入   館 !


ムーブル 入館


ナベ:おっと、いきなりイリュージョンですね。


   このスダレみたいなやつは何ですか?


辻氏:ス、スダレですか…?

   これじつはシャンデリアなんですよ、すごいでしょ!



ナベ:す、すごすぎます…

   というか…照明器具なんですね、これ。(苦笑)


   (ふ〜っ 圧倒されっぱなしだな〜 いかんいかん)

   ところで辻さん!
   まずは「TOYOKITCHENSTYLE meuble(ムーブル)」って
   いったいどんなところか教えてください!


辻氏:はい!
   ここはただのショールームではありません!

   Meubleでは、調理を越えたキッチンを中心に住空間を
   提案しています。

   そしてみなさんに キッチンやデザインについて語り合う
   キッカケをご提供したいと考えているんです!


ナベ:デザインについて語り合うキッカケの場ですか〜

   そう言われてみると、なにやら皆さん語り合ってるみたいな…

辻氏:ちょっとナベさん、
   
それじゃ何か変なスペースみたいじゃないですかっ!

   ハッハッハッ!
   ナベさん今日はしょっぱなから飛ばしますね!


ナベ:ハハハ・・・・ (語り合うキッカケって自分で言ったのに…)

   (それにじゅうぶん変なスペースではないでしょうか…)

   す、すみません、話しの腰を折っちゃいましたね。
   さぁ、続きをどうぞお願いします。


辻氏:はい!
   meubleはご覧のとおり、普通のショールームとは違う、
   独自のコンセプト、商品で構成されています。

   まず「住空間の提案 」についてですが…
   現代では、ファッションセンスが千差万別の様に、心地よいと
   思う空間も違うはずです。

   セレクトするモノには何の規制もなく、組み合わせも自由、
   最終的にインテリアは、自分自身を体現する空間になる
   はずです。
   住空間とはそうあるべきだと私たちは考えています。

   meuble
ではそんな当たり前なこと…

   「誰かと同じ空間で良いのか?」をスタート地点に

   趣向性の強い空間を作り上げたのです。



ナベ: あの…   辻さん…

 
    その『meuble』ってどんな意味ですか?

辻氏:そっちですかっ!

   ゴホン!

   「ムーブル」と読みますが…

   フランス語で「家具の総称」という意味で、
   大きくは家具を取り巻く環境とかインテリア みたいな
   ニュアンスですね。


ナベ:フランス語だったんだ…

   てっきり「移動できる」みたいな英語かと思いました。


辻氏:「移動できる」? 「ムーバブル」ですか?


ナベ:それか「模様の一種」かと…。


辻氏:それは「マーブル」ですよね(笑)


ナベ:あと「美術館」とか。


辻氏:「ルーブル」です、それわ!

    ルーブルはパリですから、やっぱりフランスですね!


ナベ:さすが、辻さん、イタリア生活は伊達じゃありませんね!

 
辻氏:イタリアは関係ないと思いますが…

 
ナベ:いや、今日の会話はよく噛み合ってるな〜と思って。


辻氏:いちおう私も「すま☆隊 」見させていただいてますから!


ナベ:す、すま隊ですかっ!? 初めて聞きました。(笑)


       ☆


       ☆


       ☆


   ふ〜っ

   それにしてもここはキッチンだけじゃなく変わった家具が
   たくさん展示されてますね。


辻氏: meubleは2つの異なる空間で構成 されています。

   ひとつは、デザイナー、エットーレ・ソットサスを中心にした
   空間です。

   80年代に色彩、装飾、文化など既成概念を真っ向から覆した
   デザインムーブメント「Memphis」※1が生んだ家具は、いわゆ
   る高級という素材感を完全に無視したチープで軽薄な存在感
   で空間を一変させます。
 
   その空間にどっしりと鎮座するino V-LAND(ビッグライン)は、
   空間全体の均衡を保つポイントとなっています。


メンフィス

 ※1  Memphis メンフィス
1981年 から1988年までイタリアのデザイナー『エットーレ・ソットサス』と新進気鋭の若きデザイナーたちで始まった芸術集団。クライアントから解放されたデザイン、デザインのためのデザインをコンセプトに様々な試みを行い、従来からの機能や常識を真っ向から覆した。具体的には色彩や装飾改革、材料の選別や組み合わせ、多様な文化の吸収などが作品からも伺える。メンフィスは世界中でブームになり、80年代以降のデザインに多大なる影響を与え続けている。



   もうひとつの空間は、「Meuble Italie」※2と言われるフランス
   で生まれたイタリアの家具が中心になっています。

   木製アンティークの家具をモチーフにすべてミラーで作られた
   家具、ダイニングテーブル、飾り棚、飾りテーブル。

   ギラギラとひかりながら、インテリアに溶け込む姿が、
   ino ISLAND(アラベスク)のデザインとシンクロし、
   妖しい艶のある空間を実現しています。


ムーブルイタリー

※2  Meuble Italie ムーブルイタリ
17世紀ブルボン王朝・ルイ14世の居城ヴェルサイユ宮殿「鏡の間」をムラーノの職人12人が制作。吹きガラス用の窯をムラーノ島から持ち出すことが出来ず、そこで生み出されたのが彫版術の始まりだといわれています。モティーフはそれまで木製で作られていたものをミラーでリプロダクト。全くイメージの違うものへ昇華した。実際に空間に配すると、その装飾性と背景に溶け込む両極的な存在が、見るものの目を惑わす。






ナベ:・・・・・・・・・・




辻氏:あれ?


 
     もしもぉーーーし


ナベ:ウッ、

 
辻氏:「うっ」じゃないでしょ、ちゃんと聞いてくれてました?


ナベ:…ということは、つまり

   すごい家具がTOYOのキッチンといっしょに展示してある
   ってことですよね?


辻氏:無理矢理話しをまとめようとしてません?


ナベ:(ゲッ…)

   あ、あれですよね…  さすがイタリアだって話しですよね?


辻氏:いゃ、そうじゃなくて。


ナベ:とにかくすごい展示品ですね!


辻氏:そうそう、って… (まいっか…)

   あ、そうそう、
   じつは展示してるだけじゃなくて販売もしてるんです。



ナベ:えっ、そうなんですか?

   そうか、もちろんキッチンもですよね。

   つまり【キッチン≦家具】という扱いなわけですね。


辻氏:そうです!

   キッチンはいままで「色をそろえる」「住宅という箱にきっち
   り収める」というのが求められていたことですよね?

   でもキッチンはだんだん生活を楽しむツール へと変わり

   壁から離れてドンドン生活の中心に移動してきたわけです。



ナベ:キッチンを家具として考え、家のまんなかにキッチンをド〜ンと
   もってくるコンセプトは日本ではTOYOキッチンが元祖みたいな
   ものですもんね。


辻氏:「元祖みたい」じゃなくて、うちが元祖です。(笑)


ナベ:ヒュ〜ッ

   「壁から離れて」って意味では、御社の『PUTTON』なんて
   家の中心どころか、自分の好きな場所にどこでも置けて
   しまいますもんね。
   あれは超個性的なキッチンです!

 
辻氏:ありがとうございます。

   …そこで重要になるのがデザインです。

   当然デザインもインテリアの中心に移動することで、まさに
   家具の様に完成された個性を持つキッチン が必要になると
   考えています。

   meubleではトーヨーキッチンのフラッグシップ「ino」を中心に
   インテリアを構成していますが、継続的にmeuble限定の
   キッチンや家具、照明などを展示、販売
していく予定です。


ナベ:限定品の販売ですか…

   例えばこれなんてそうですか?
   ひと目で気に入っちゃいましたよ… 

   これいいな〜

   何といってもカラフル!

   親近感がわきますよ!

カールトン



辻氏:   …親近感?



   ハハッ、ナベさんもお目が高い!

   これは「CARLTON/カールトン」といって、イタリアデザイン界
   の巨匠、エットーレ・ソットサスがデザインした有名な家具で、
   ポストモダンの代表的作品 といわれているんですよ!!



ナベ:へ〜、そんなすごい家具なんですか…

   (そんなふうには見えないけどな。。。)


     ゲッ!?


辻氏: なにか?


ナベ:こ、このプレートに書かれている数字は

   もしや価格では?


辻氏:フフフ…


ナベ:ふふふじゃないですよ、
   これ桁(ケタ)が間違ってないですか…


辻氏:巨匠の作品ですからね。


ナベ:そ、そうですか…

   いや、でもちょっとまてよ。

   考えようによっちゃお安いのかもしれませんね。

   これはもはや家具というより…


辻氏:芸術品です!


ナベ:でもこれってどんな風に使うんだろ…


辻氏:本来豊かさとは用途を越えた趣向性にこそ宿る

   …と我々は考えています。



ナベ:なるほど(笑)

   こいつがあるだけで豊かな空間になるのは間違いない。

   そういう意味ではこれなんかもそうですね!


タイヤ付き照明


ナベ:おもちゃっぽい照明なのか、照明付きのおもちゃなのか…

   タイヤが付いてますよ!


辻氏:キュートでしょ?


ナベ:しかしこれも…


辻氏:用途を考えちゃいけません!

   用途を超えた趣向性にこそ豊かさが宿るのですから!



ナベ:芸術品ですね。(笑)


   ではこの羽根の付いたブタそうですね!?


羽根の付いたブタ



辻氏:  いや、これはただの貯金箱です。



ナベ:えっ? ほ、ほんとだ…

   しかも、これは安い!少なくとも安く感じてしまう!

  (※現在売り切れ中とのこと…スミマセン。)


   ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


…などとナベと辻さんの会話はまだまだ続くのであるが
とても全てを収録するわけにはいかず…
(本当はすごいまじめな会話もしてるんですよっ!)

あまり長くなってもアレなので、このへんでまとめにします。


肝っ玉の小さいボクが言うのもなんですが…


     必 見 で す。


(ボクみたいな人は必ず連れの人と一緒に行きましょう。)


そして、何と表現したらよいのか苦しみますが…


「あっ、こんな生活ありかも…」と思える瞬間があって


まぁ…格好つけて言うと


新しい自分を発見できるかもしれません。


今となっては誘っていただいた辻さんに感謝感謝です。


トーヨーキッチンフリークの方はもちろん、

そうでない方もぜひ。


行って決して損はありません。(もちろん買っても;笑)


こちらのサイトもあわせてご覧ください〜☆

●フラッシュ嫌いでないあなたに送るムーブルの紹介ページ。
http://www.toyokitchen.co.jp/showroom/meuble_index.html

●ムーブルの「今」がわかるブログを更新中。
 「MEUBLE VOICE」
http://blog.toyokitchen.co.jp/meuble/



【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/51071849
この記事へのトラックバック
◆「住まいのショールーム探検隊」 「住まいのショールーム探検隊」は独自の切り口...
ご紹介いただいています!【from ROPPONGI】at 2007年09月21日 18:03
キッチンは世の奥様方の毎日の仕事場ですから、キッチンリフォームとなるともう夢ですよね。せっかく高い費用をかけるのですから、いかに失敗しないようにリフォームできるかが重要です。まずはプランを綿密にたてること。欲しい設備、デザインなど、現在のキッチンでの不満....
トーヨーキッチン【キッチンのことに】at 2007年09月26日 15:32
この記事へのコメント
ご紹介有難う御座います。トラバさせて頂きました。
オープン当初とまた趣向を変えたイベントも近々予定しています!今度は是非お気軽に(!?)ご来館下さい!
Posted by meuble at 2007年09月21日 18:07
meubleさん、はじめまして☆ナベです!
ブログ「MEUBLE VOICE」の管理人さんですよね?

ムーブルは行くと必ず何か得られます。
今後も期待しています!!
Posted by ナベ→meubleさん at 2007年09月21日 20:23
ナベ隊員、トーヨーキッチンの辻です。
難解なショールームのご紹介ありがとうございます(汗)

洋服、時計や鞄を選ぶと同じ様に「デザイン」が大切な機能であることを
感じてもらい、気づいてもらえたら最高です。

どんどんスゴイことしますから是非遊びに来てください。
前出ムーブルの責任者と共にお待ちしております!
Posted by 辻 at 2007年09月25日 19:54
辻さん、コメントありがとうございます!

用途を超えた趣向性にこそ豊かさが宿る…
まったくそのとおり!(笑)

いやいや、冗談抜きに、モノ選びはいまや
「機能や実用性などの優劣」から「琴線に触れるか?心に響くか?」が重要になってきていますよね。
デザインはその中心に位置する最上級の性能。

ひごろマニアックに機能面などをレポートしている僕らが言うのも何ですが…(苦笑)

スゴイこと… 期待してます!!
Posted by ナベ→辻さん at 2007年09月25日 22:09
ナベ隊員こんにちは!
トーヨーキッチンの辻です(最近完全なモヒカンにしました)
11月26日、ついにムーブル限定キッチン「INO meuble」が発表になりました。

http://www.toyokitchen.co.jp/inomeuble.html

ナベ隊員の大好きなフルフラッシュです(スミマセン)

もの凄く美しいキッチンです。清掃性や利便性といった家事労働軽減ではなく、思いっきり美しさに焦点をおいたキッチンです。思わず遠くから眺めてしまいます。

お時間あれば是非現物ご覧下さい。
絶対驚きますよ!


では!
Posted by 辻 at 2007年11月01日 10:16
5
辻さんこんにちは☆
とうとう出ましたねハイエンドの限定モデル!
まさに人生が変わるキッチン。
宝石のようなものがちりばめられていますが、あれって…

そうそう、今までもちょっとモヒカン気味でしたが
完全モヒカンですかっ!
モヒカン頭の社員がいるキッチンメーカーって…
たぶん世界初ではないでしょうか!?
やりましたね!!
Posted by ナベ→辻さん at 2007年11月02日 18:39
ナベさん、こんにちは
一回のブログ文の量に圧倒されました。
すごすぎます。

それにしても東京は凄いですね。
その辺の美術館に行くよりも余程
感動のある時間が過ごせそうですね。
それも無料で。

また遊びに来ます。
Posted by ゲストハウスへの道♪ at 2009年09月10日 16:04
ゲストハウスへの道さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

東京はいろいろあり過ぎて逆に難解なんじゃないでしょうか。。。
Posted by ナベ→ゲストハウスへの道さん at 2009年09月12日 13:46
こんにちは、はじめまして☆

羽の生えた豚の貯金箱かわいいですね。

それにしても何というか生活感がないといいますか、自分がそこで生活することが想像できない異空間な雰囲気のショールームですね。

私もひとりでは入れそうにありませんので、誰かと一緒でなければだめっぽそうです。
Posted by みや at 2009年09月29日 21:02
みやさん、はじめまして☆ナベです。

>異空間な雰囲気のショールームですね

まさにその通り!
でもそこがいいんですよね。
おひとり様だと冷や汗が出てきてしまうかもしれません(笑)
Posted by ナベ→みやさん at 2009年10月01日 18:08
こんにちは。
ムーブルすごいですね
読んでるだけでも圧倒されます
こんなの買える人はすごいなあ
私もこういうの買えたらいいのに
またきますね
Posted by スチームモップ大好き主婦 at 2009年11月05日 14:39
4
車の照明、なんて良いのでしょう。久々に覗いてみたら、おしゃれな生活してるじゃんという感じ、あんな照明が、玄関や子供部屋にあったらいいなーと思いました。私の身の回りには、あのようにおしゃれなものは不釣り合いですが・・・
Posted by エコ姫 at 2010年01月26日 12:03
すごい!そんなショールームがあるんですね。
住まいに関する情報を見て回っていますが、興味深かったので寄らせていただきました。
会話もおもしろかったですv
Posted by 静岡不動産担当:かさい at 2010年03月03日 13:39
はじめまして。ブログランキングから来ました。
この様なショールームには行った事が無いのですが、面白そうですね。
文章最高です!
また訪問させて下さい。
Posted by きゅー at 2010年03月04日 19:40
初めまして!

トーヨーキッチンの商品は芸術的で個性的なデザインですね!

ショールームも2人で行くと会話も楽しめますね♪
Posted by nori at 2010年09月06日 12:10