2006年07月14日

プレゼン第3弾!【TOTOシステムキッチン キュイジア】

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!


フクヤマ博士、ナベ隊員 こんにちは!\(^o^)/
TOTOでショールームの仕事をしている鳥尾(とりお)です。
ショールーム★調査隊にピッタリの…・・ですよね。
いやいやそんな説明はおいといて。

いつも、大変興味深くこのブログを拝見させていただいてます。
今回のメーカープレゼンでは「TOTO KITCHEN」を
精一杯プレゼンいたしますので(緊張のプレゼンです)、
皆様よろしく  _(_^_)_  お願いいたします!


まず最初に、、、、、、、、
 
みなさんご存知でしたか?
 
システムキッチンは、「女性が発明した」
 
ということを・・・・・・・・。

発明者は、当時30歳の若きドイツの女性建築家 マーガレット・
シュッテ・リホツキーさん。
1927年に発表された「フランクフルト キッチン」 と呼ばれたものが、
世界初のシステムキッチンだといわれています。
このシステムキッチンの原型は、わずか四畳ほどの狭い空間に、
2つのシンクと2つのアイロン台をはじめ、家事に必要なものが
すべて収められているというなかなかの優れモノ。
料理をつくるだけじゃないという所がスバラシイですね。

世界初のシステムキッチン 

世の中の、画期的な発明品は、主に世界の男性の偉人たちに
よるものがほとんどなわけですが、やはり台所は“女性の城”
女性ならではの発想から誕生した、ということは必然なのかも
しれませんね。風水の世界でも、キッチンは女性の運気の流れを
左右するというほどですから。
 
この「フランクフルト キッチン」に込められた

「女性よ、常に進歩的であれ」
なんだかクラーク博士みたいですね。
「少年よ大志を抱け」と似てるな・・
 
というリホツキーさんの想いはそれから80年経った今でも、
21世紀の日本にちゃんと生きてるんです。そして、欧米人向きで、
どちらかというと機能重視で大型であったモノが、日本人向けに
うまくアレンジされ、どこのメーカーさんも切磋琢磨しながら、
どんどん使い勝手のよいものに進化してきました。
 
もともと欧米とは、食生活や調理方法、生活慣習が異なるわけ
ですから、そのまま日本の住宅にポンと当てはめても、決して
使いやすいわけではなかったわけです(^x^;)
 
そして、TOTOでも長年に渡って、
 
「日本人のためのシステムキッチンを」

というテーマで、さまざまな挑戦を続けてきました。
一例をお話しますと、
いまではもうTOTO KITCHENの定番アイテムみたいなって
いますが段差のないゴトクでお馴染みの「フラットコンロ」 。
実は、ある日開発者が東京の河童橋でみつけた喫茶店向けの
業務用コンロからヒントを得たものなんです。
そこには狭い喫茶店の片隅で効率的に作業するために、煮炊き
するだけでなく、作業をしやすくするための工夫があったんです。

フラットコンロのヒントは… 

細かくはお話しませんが、この写真の展開をみるとなんとなく
おわかりいただけますかね。
どっちも調理しながら、道具をコンロの上におけますよね。 (^_^) 


いろいろな苦悩やミラクルを重ねながら、
“日本人と日本の生活に適した本当に使いやすいキッチン”
を追求してきました。

はっきりいって、魂込めて商品つくってます!

そして、時代の変化や新しいニーズとともに、いまも絶えず進化を
つづけているのです。

キッチンはちょっと昔は、どちらかというと独立した空間というか、
住居の隅に別の部屋として存在していましたよね。
最近では、オープン型キッチンというコンセプトで リビング、ダイ
ニングにどんどん進出してきています。
お客様が来ても日常の空間の中にキッチンがポンとあるというよ
うに、キッチンが生活の中のひのき舞台に出てきたのです。
だから、リビング、ダイニングにしっとり馴染むようなインテリアと
しても意匠の高いキッチンが求められるようになってきています。
 
そして、忘れてはいけないのが、
 
あくまで主役は「住まうひと」
 
とういこと。
 
そんな想いを込めて・・・・・
 
2005年.TOTOはキッチンの新たな進化を遂げました!

TOTO KITCHEN Cuisia(キュイジア) 」誕生!

http://www.toto.co.jp/products/kitchen/k00016/index.htm
キュイジア1

キュイジア2 
●写真のセット参考価格
キッチン部 税込:210万円
周辺ユニット部 税込:165万円
●扉 フロア部 TA:プレミアセラミック
●ウォール部 Z2:プレミアウォルナット
●カウンター CH:クリスタルスノー
●キッチンパネル YA:ハイドロセラキッチンパネル
                                       (グリントホワイト)

「 美しい暮らしの時間を描く、美しいキッチン。
毎日の暮らしを大切にする、美しいひとにささげます。」
 
普遍的でシンプル、いつまでも、飽きのこないデザインと
いつもきれいを保てるお手入れのしやすさ
そして、家族や友達が自然に集うひろびろとした開放感。

より美しいキッチンを目指して
「デザイン」・「お手入れ」・「ひろびろ」の3つのすっきりを実現
しました!
だから今回、わたしが自信を持ってプレゼンする商品なのです!

みなさん、Cuisia(キュイジア)をご存知でしたか?
菅野美穂さんのTV-CM というとお分かりになる方もいらっしゃる
かもしれませんね。
そうそう、菅野さんとその仲間たちが、キッチンを囲んで楽しそう
にパーティーしているあれです。
(ご参考 TOTO:CMライブラリー)
http://www.toto.co.jp/tips/cmlibr/index.htm
 
今日は、その3つのすっきりの理由(ワケ)をしっかりと解説
していきます!



まず1つめ  「デザイン、すっきり」

キュイジアが目指したのは、どんな暮らしの中にも違和感なく
解けこみ、しかも確かな存在感のあるデザインです。
 
この写真をみて、なにかお気づきになりました?
なんだか、すごくシャープな感じで、すっきり としているでしょう!

キュイジア デザインすっきり 

キッチン空間を美しくひきたてるためのこだわりとして、収納扉や
引き出しをすべて等間隔にレイアウト
しました。
この整然と揃ったラインが美しさを際だた出せているんです。


インテリア性の高い しまえるクリーンフード
 
コンロのスイッチと連動してフードが自動的に動くといった
優れモノです!

しまえるクリーンフード 

(※これを何も事前説明なしで、ショールームでお客様に実演
 すると、ほぼ100%の確率で「オオーッ」と歓声があがります。
 これにはいつもボクも笑顔です。)

火を使わないときは、フードをすっきり格納することで、これまでに
ないすっきり感を実現!
まさに家具のようなたたずまいです。


見た目の美しさだけじゃないクリスタルカウンタ−
クリスタルカウンター

火にも強いクリスタルカウンター 

キッチンカウンターは、洗面カウンターで一大ムーブメントを起こ
した透明感が美しい クリスタルカウンターを採用。
しかも美しいだけではなく、強靭さも兼ねそなえているんです。
重いものなどを落としたり、うっかり調理中の熱いなべをおいて
しまっても大丈夫!なんと、360度まで大丈夫なんですよ。
(ずっとおきっぱなしはダメですよ。)
人工大理石のカウンターはこのあたりを脆弱に思われがちですが
実は耐熱性では、もうステンレスを超えています。これで奥様も、
安心して料理に専念できます。思う存分、お料理してください!



続いて2つめ 「お手入れ、すっきり」

気になるキッチンまわりのお手入れでもキュイジアは新しい
ご提案。
キュイジアは、清潔さ、美しさをラクして保てる工夫をこらしました。

ラクピカコート 

水栓の根元を傾斜させた斬新なデザインで、汚れが溜まりにくい
形状を実現したフレックスシンク。
ステンレス表面に、TOTO独自の「ラクピカコート 」を施しました。
従来のステンレスと比べてみると、傷がつきにくく、また汚れも
付着しにくいので、いつまでもキレイなんです。
だから、気になる水垢もひと拭きするだけで、ステンレス本来の
美しい輝きがすぐに戻ります。

まさに読んで字のごとく「ラクしてピカピカ」のステンレスなんです!

実は、このTOTO独自技術の「ラクピカコート」は、ちょっとした
偶然から生まれました。
とにかくキズのつきにくいステンレスをつくることを使命に、開発を
つづけていたわけですが、、、

ラクピカコート図解 

最初は“堅い”セラミックの幕でステンレスをコーティングすれば、
キズや水あかに強いシンクができるハズ! と考えました。
ところが、実際につくってみると・・・まだキズが!

そんなあるとき、たまたま“やわらかい”フッ素粒子を入れてみた
んです。すると・・・

な、なんと!? やわらかい“微粒子は摩耗抵抗が少なく、
そろばん玉のように滑りやすいので、キズがつきにくい!
偶然の産物が「ラクピカコート」を生み出したのです。

これぞ逆転の発明 デスね!(自社自賛)


他にも、お手入れにとことんこだわった機能が満載!

継ぎ目のないオールステンレスの排水口は、 
継ぎ目がないのでゴミが詰まらず、お手入れがカンタン。

そして、キッチンのお手入れで大変なレンジフードにも、
フィルターを使わないオイルキャッチ機構を採用しています。
そう!!!フィルターがないんです。
ビックリですよね。私もだいぶ前になりますけど、商品研究所の
Oさんから「この開発話」を聞いたときにはビックリしました。
これは、遠心力を使って、煙の中の油汚れを温かい内に回収し、
小さなオイルパックに集めるという画期的な機能です。
オイルパックに集めた油は、月に一度程度洗うだけ。
オイルパックっていっても、クレジットカードぐらいの大きさなんで
すよ。レンジは簡単な拭き掃除で、いつでもスッキリが保てます。

美しいひと、美しいキッチン・・・・後片付けも、さっと済ませ、
お友達との楽しいひとときを。
日頃のお手入れラクラク、こまめに、すっきりきれい・・・・
キュイジアなら、キッチンで過ごす時間がもっと楽しくなります。


3つめいよいよ最後   「ひろびろ、すっきり」
 
キッチンは親しい人が集まり、語り合うコミュニケーションの場
として欲しい・・・・
・・・・そんな願いから、キュイジアは、空間をひろびろした印象に
する「開放感」を追求しました。
もちろん、ひろびろになったことで、作業性も格段にUPしました!

フルフラットIHクッキングヒーター 

キュイジアでは、コンロまわりを、一層使いやすくしました。
「フルフラットIHクッキングヒーター」のトッププレートは、
わずか3mmの薄さ・・・・ほとんど0ですよね。
カウンターとの段差がほとんどなく、お鍋を置いても安心、
文字通りカウンター感覚で広々と使えます。
トッププレートは、幅75センチのワイドタイプ。
大きな鍋を3つ、同時にラクラク置けます。


たっぷり収納 

ひろびろすっきりを実現する為に「収納たっぷり」にも努めました。
レンジフードの上やシンクの下など、これまで活用されていなかっ
たデッドスペースも徹底的に有効活用しました。もちろん扉下の
ゴキブリ対策もばっちりと。金属(アルミ)使っていますよ。。。

ラクして、美しく、いつでもひろびろ。
キュイジアは、ご家族はもちろん、急なお客様でも、大勢のお客様
でも、ひろびろとした開放感でおもてなしします。

バリエーション
人が主役のキュイジアだから、ライフスタイルや趣味に合わせて、
豊富なバリエーション。シック、ミニマルモダン、ジャパネスクなど、
自由なコーディネイトがお楽しみ頂けます。
標準セットプランは37タイプ、扉は9タイプ42種類。
きっとみなさんにご満足いただけるプランが見つかりますよ!
そしてもうすぐ。新型レイアウトの「新商品発表」もしますから。
期待してください!!

キュイジア バリエーション 

「デザインすっきり」
「お手入れすっきり」
「ひろびろすっきり」


・・・・3つの「すっきり」で、主人公である「あなた」を美しくサポート
するキュイジア。
美しいキッチンを使っていると、いつの間にか、使う人の毎日まで
美しくしてしまうようです。
美しい時間、そして、美しい未来。
TOTO KITCHENと始めませんか?

ぜひお近くのショールームで「キュイジア」を体感して下さい!

わたしなりに、このブログで精一杯のプレゼンをさせていただいて
いるつもりですが、やはりショールームに、「来て、見て、触って
もらわないと本当の良さ をお伝えしきれません。
TOTOショールームでは、「4つのサービス 」をご提供し、皆さん
の快適なリフォームづくりをお手伝いしています。
なにせショールームは契約や販売をしないところですからね。

あっ! 4つのサービスというのはですね。。次のことなんですよ。

1.最新型や人気商品を手に触れて体感できるサービス
2.ご要望やプランやカラーを画像で見ていただく提案サービス
3.工事会社様に渡す明細がわりにもなる見積書の作成サービス
4.工事会社が未定の方へ信頼できる会社をご案内するサービス

 
ぜひ、お近くのTOTOショールームへお越しください!
(TOTO ショールームのご案内)
http://www.e-seikatsutoto.com/sr_new/scripts/index.asp#no04

 
最後に、、、、
 
そのひとにとって最適なキッチン、そのご家族にとって最高の
キッチンって、きっと100件のご家庭があれば、100パターンある
ものなのだなぁと、いつも感じています。
 
これだけ自社商品を強くPRしておいた後で、なんなのですが…
 
このメーカーの、この商品が、一番いいキッチンである
 
なんてこと、決してない と考えています。(いやホントです!)


そこに住まうひとたちが、どのような生活スタイルで、なにを優先
順位とするか、あるいはこれが好き。あれは嫌いなんだよね。と
いうこともふくめて、実に多様性があるものだと思います。
そう確信しています。大切なことは、モノありきではなくて、そこの
住まう主人公であるお客様が、何を求めて、何を実現したいのか、
夢をもってキッチン選びをしていただくためには、どんなお手伝い
がメーカーに必要か・・・・・・みたいなことを毎日、真剣に考えて
実行しつづけることなんだと思います。


わたしたち住設メーカーの人間は、そんなことを絶えず発想の
中心においてモノづくりをしていく必要がありますね。
創り出すのはモノではなく、お客様がキッチンの周りで日々起き
ていく楽しく、笑顔のある風景です。
そのご家族が、毎日使って、毎日つどう場所。
そしてそこで泣いたり、笑ったり、怒ったり・・・・・・。
私の家でもキッチンのまわりで子供が怒られたり、
私が怒られたり(笑)。そしてみんなが豪快に笑ったり。

「キュイジア」を開発したときのコンセプトも、
「家族みんなが集うキッチン」です。

キッチンをリフォームしたことで、「家族がまたよく集まるように
なった」とか「友人をよく呼んで楽しい時間が増えた」とか、そんな
声をお客様から聞けたら、気分は最高ですね。
いろいろなキッチンの機能なんて、
結局はこういうためにあるんですから。

一方で、いろいろな家族が繰り広げるドラマのステージを提供
するわけですから、その責任は本当に重大です。そして、各社
メーカーが努力して、切磋琢磨しあって、「いいもの」を創りつづ
ける、ということも重要なことです。

私がショールームで仕事に携わりはじめたときにビックリした
事実があります。

それはキッチンを考えているお客様は平均3社(正確には2.7社
)のキッチンメーカーを比較検討しているということです。
キッチンメーカーってだいたい10社強ありますから、この段階で
三分の一に絞られているんですよね。
たくさんのお客様からこの3社にTOTOをいれてもらうことが、
私たちの幸せです。
そして検討にいれていただけたら、是非ショールームで体感して
ください。アドバイザーから身振り・手振り・熱い言葉で提案を受け
ていただければホントうれしいです。

これからも「日本の台所」がもっともっといいものになることを目指
していきたいと考えております。

フクヤマ博士、ナベ隊員 今回はこのようなプレゼンの機会をもう
けていただきありがとうございました。
 
そして、最後まで読んでくださったみなさん、
本当にありがとうございました♪(#^ー°)v


【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/50641940
この記事へのコメント
5
TOTOの鳥尾さん、
「魂込めた」キュイジアのプレゼン有難うございました!!

まずビックリしたのは世界初のシステムキッチン。
(キュイジアのことじゃなくてスミマセン、笑)
2つのシンクと2つのアイロン台を装備!?
もしかしたら現代のキッチンより優れてるかも…
なんて言うと怒られちゃいますね(笑)

フラットコンロのアイディアが河童橋(業務用の調理器具の
問屋街があるところ)でみつけた喫茶店向けのコンロだった
とは!
スマートに見える最新の設備も、こうしてアイディアの素や
開発経緯をうかがうと、意外と泥くさい地道な活動に支えら
れているのが分かり、さらに敬意を表したくなります!

ところでもうじき発表される新しいレイアウトとは!?
奇想天外なレイアウトなのでしょうか??
楽しみです!
Posted by ナベ→鳥尾さん at 2006年07月14日 23:43
emoji:eye>「魂を込めた」商品作りや「ショールーム」はどのメーカーにとっても、常に途半ばですが、熱い思いが伝われば・・うれしいです。率直に!!

でもこうやって実際に掲載されると、また格別の感じがありますね。しかし読み返すと、自分ながら文章量が長いなぁと感じちゃいました。(ーー;)

みなさんからのコメントが楽しみでもあり、恐怖でもあります。なんだか合格発表の前の気分って感じです。

でもたくさんのコメントがあることを期待しています!!
いいことも悪いことも。
Posted by TOTO鳥尾→ナベさんへ at 2006年07月15日 20:02
お久しぶりです。その説はお世話になりました(笑)まあです。

フラットコンロ、確かに使いやすいですね。でも主婦の視点で一つ。

ほとんどのシステムキッチンって、コンロからシンクまで天板の
高さが同じですよね。

だいたい、身長÷2+5が理想的な高さと書かれている所が多いですが、
実際に洗い物したり、切ったり、などの作業には確かに理想的です。
でも、その高さだとコンロでの調理が…。

続きます。
Posted by まあ at 2006年07月21日 02:01
うちのキッチンは高さ90cm。洗い物の時の腰痛は以前のキッチン(80cm)
に比べて格段に緩和されました、と言うか、全然痛くありませんw
でも、オムレツが上手に焼けなくなっちゃいました。コンロが高すぎるのです。

フライパンの柄と肘の高さがほとんど同じなので、一旦コンロから外して
横を向いて作業しないと上手く返ってくれません。
建築家の竹岡美智子さんがコラムでその事を書いていて、ご自分のキッチンの
高さは、シンク87cm、コンロ75cmだそうです。早く多くのメーカーさんが
段差のあるキッチンを作ってくれないかなぁ、と思います。

とは言っても新築したてなので、私は当分買えないですがw
足元に長めの踏み台でも用意しようかと思っている今日この頃…(涙)
Posted by まあ at 2006年07月21日 02:01
システムキッチンのショールームにお客様をお連れしたときの
女性のキラキラした目つきっていいですよね〜

普段馴染みのある空間がどうかわるのか
想像しながら夢を膨らませるのでしょう。

そうした夢をかなえようと初めに考えたのが
女性だったと言うのは納得できますよね!
Posted by まつとも at 2006年07月21日 12:35
まあさん、ご無沙汰です☆
無事竣工されたのですね?おめでとうございます!
実際お使いになっている方の生の声が一番参考になりますので
たいへん感謝します!
コンロの作業性はおっしゃるとおりですね〜
以前はどのキッチンメーカーでも段差付きのカウンターを
上位機種に用意していたのですが、売れなかったのか(?)
いつの間にか消滅してしまいました。
段差がないほうが広くは使えるのですけどね…
なんで無くなっちゃたのかという事情はメーカーさんのほうが
お詳しいかもしれません(苦笑)

P.S.軟水器の使い心地はいかがですか?
Posted by ナベ→まあさん at 2006年07月21日 19:37
まつともさん、コメント有難うございます。
SRでの女性のキラキラとした目、ですか!
いいですよね〜なんにせよ目を輝かせて何かをする時って。
そんな現場に居合わせることができる職業に付いている
ことをボクも神様に感謝です!
Posted by ナベ→まつともさん at 2006年07月21日 19:44
おはようございます。
今日も明け方は雨ですね。
足場架設の現場が心配です。

リフォームの醍醐味は
お客様の喜ばれる顔を見る事ですね〜

感謝されながら、
お金をもらえるのって素晴らしい事ですね。
Posted by まつとも at 2006年07月22日 06:37
高さの問題ですね。わかります。
料理をする時って_爾瓦靴蕕┃調理盛り付けが基本パターンですよね。もちろん片付けもありますが(笑),鉢は「身長÷2+5mm」が使いやすい高さだと、どの専門家さんも薦めています。ただ調理をするとき(つまりオムレツを作っているときや、炒め物や煮物をしたりするとき)はいくぶん低い高さがやりやすいですよね。僕も身長160cmの方のキッチンがシンクがあるところは90cm。コンロのところは75cmという事例を見たことがあります。 (続く)
Posted by TOTO鳥尾→まあさんへ at 2006年07月24日 02:11
炒めものをするときにフライパンを動かすと思うのですが(特にガスは)、コンロ高さが高いと思うようにフライパンを振れないですよね。
私の考えなのですが、コンロとシンクの間の作業スペースが75cm以上とれるのであれば、段違い高さキッチンはありだと思います。具体的にはカウンター長さが2700を超えるぐらいですね。でもオムレツが上手に出来なくなったというのは悲しいですね。僕が子供の立場だったら・・と思うと。

そんな僕も先週は嫁さんがダウンして2日ほど台所に立ち、毎日ごはんを作る大変さを身にしみました。作ったのは「ぶり大根、小松菜のごまびたし、具沢山の味噌汁などなど」。子供が食べてくれてうれしかったです。今度はオムレツ挑戦します。具はきのこ系かな。
Posted by TOTO鳥尾→まあさんへ at 2006年07月24日 02:15
まつともさん、コメント有難うございます。関東では雨が続きますね。女性のキラキラした目つきですか。そうですよね。いま仕事で、リフォームしたキッチンのビフォーアフターを整理していますが、ホントそう思いますよ。

だって改修する前のキッチンって、ほんと片付けたいけれども、片付けられない調味料やお箸など色々なものがカウンターやテーブルに出ているし。使いづらそうな(でも愛着あるんですよね)キッチンだし。

そんなところがどう変わるかってホント楽しみです。80過ぎの奥様(ご主人と2人暮らし)でも、キッチンリフォームするんですから。そんな時代です。女性には頭が下がります。前向きですよね。
Posted by TOTO鳥尾→まつともさんへ at 2006年07月24日 02:24
初めて投稿します。
ここは本当にいいお勉強になりますね。ありがとうございます。

キッチンは本当に人それぞれですよね。
私も今導入に向けて検討の真っ最中です。
何を優先させるのか・・悩むところです。
自分にとっての一番は、手入れしやすくて丈夫なこと、かな?
長く使えるものを選びたいと思っています。(現実的すぎ・・)

でもクリスタルカウンターいいですよね〜
キッチンには無理なので、洗面とかで使おうと思っています。
これっていつまでもこの透明感が続くのでしょうか?
もちろんお手入れはきちんとするつもりですが・・・


Posted by キャット at 2006年07月24日 23:10
キャットさん、はじめまして☆ナベです。
ご参考になっているようで嬉しい限りです。
「自分にとっての一番は、手入れしやすくて丈夫なこと」
貴重なご意見です!
女性のほうがむしろ現実的な考えをお持ちの方が多いように
実感しています、とても参考になります。
クリスタルカウンターいいですよね〜
「いつまでこの透明感が続くの?」って同じ疑問をボクも持っています。
でもまだ発売してから数年しか経っていませんから
実績がなくよくわかりません。
鳥尾さんに聞いてみましょう。
Posted by ナベ→キャットさん at 2006年07月25日 09:14
キャットさん、はじめまして。TOTO鳥尾です。

キッチンの優先順序って難しいですよね。ウチの家はガスコンロの横に
冷蔵庫がきていているので、ガスコンロの右側に立ちづらいんですよ。いまここが困っているので、作業動線と通路の確保ですかね。あと、料理したら必ずといっていいほどタッパに入れるので(ごはんは必ず。なにせ保温ジャーがないですので。鍋で炊くんですよ)タッパをしまう場所ですかね。 (続く)

Posted by TOTO鳥尾→キャットさんへ at 2006年07月26日 17:23
さてクリスタルカウンターですが、やはり樹脂ですので永久に買ったときの
状態がつづくわけではありません。
どうしても10年経過する時には、若干黄色味が出てきます。
ただ、色が強いアクア、グリーンやソフトベージュは目立たないと思いますよ。

でもですね、キッチンカウンターに必要な‖兢弖眄(吊戸の一番上から、みかんの缶詰が落ちても割れません)耐熱性(うっかり炒め物をしている中華鍋をおいても大丈夫)J篏だ宗蔑磴┐丱好灰奪3Mスポンジでこすると汚れが取れます)を兼ね備えていながら、クリスタルというところが味噌です。

少し技術の自慢をすると、通常の配合であれば茶色になる樹脂を、TOTOならではの配合でクリスタルにしているという、他社には真似できないワザなんです。
私もクリスタルにあこがれています!
Posted by TOTO鳥尾→キャットさんへ at 2006年07月26日 17:28
はじめまして。キッチン購入を考えている者です。
皆様のプレゼンを購入材料として参考させて頂いています。
ゆっくり検討したいと思います。

最近、TOTO KITCHEN って名をCM等で拝見します。
CASA等インテリア雑誌にもカッコ良い写真で掲載されていますね!
私がイメージしたものと違っていました。
あのようなキッチンもあるんですね!
(ショールームには置いてありませんでしたが…残念。)

Posted by 米山 at 2006年10月04日 01:41
5
米山さん、はじめまして☆ナベです!
購入の参考にしていただいているとは感激です。
キッチンもレイアウトによってはインテリアの主役に
なりえますからインテリア雑誌も参考になりますよね〜
TOTO KITCHEN の呼び名については何かと物議をかもしてますが(笑)
カッコ良いキッチン、じっくり検討してみてくださいネ!
コメント感謝です〜☆
Posted by ナベ→米山さん at 2006年10月04日 08:56
はじめまして。
コーポラティブでマンションをぶっ建てようと、恐ろしい計画をしている、やぶれ* です。
コーポラティブの言い出しっぺとして、「住まい」を少しでもお勉強しておこうと、日々、寝る間も惜しまず、ネットで住設のカタログを読みあさってます。
んで、このブログにたどりつき、すごくべんきょうになってます。
ナベさん、尊敬。
さて、今回、TOTOということでペン(?)をとりました。
キゥイジア、「次の住まいに」と思ってるのですが、12年前に取り付けたTOTO洗面カウンター(グラニットブラック)、表面が薄っすら白くなって「白内障」に。また、ネオマーブのおふろ(淡グリーン)も南窓のおかげで黄色く変色。最近の人大ってそうならないのかな?だったらキゥイジアの真っ白カウンターにしちゃうんだけど。
Posted by やぶれ* at 2008年04月23日 18:42
やぶれ*さん、はじめまして☆ナベです。

ペンをとっていただき有難うございました。
人造大理石の白内障あんど変色ですか…
白内障のほうはアクリルサンデーのような樹脂用コンパウンドを使うと輝きを取り戻すことがありますよ。
でも変色のほうはちょっと難しいかも。
昔の人大カウンターはよく汚れやシミが付きましたが、今のやつは心配無用です。
コープラマンション、素晴らしいじゃないですか!
頑張って下さいね!(寝る間は惜しんじゃダメですよっ)
Posted by ナベ⇒やぶれ*さん at 2008年04月24日 08:48