2005年11月11日

IHクッキングヒーター4機種徹底比較!ナショナルIH

いつも面倒くさいのにプチッと応援いただき、感謝感謝です。
【人気blogランキング】 今日もあなたの一票に励まされています。
  皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです・・・・・

≪住まいのショールーム★調査隊 : 特別編≫
★  IHクッキングヒーター4機種徹底比較! 第10話

前へ 1  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

ナベ:さぁ、操作性のチェックの最後は松下です。

   松下 KZ-HSW32B の操作性の特徴は・・・


・IHの操作はトップ上のみ、「フル天面操作 」。
・ボタンでなく、静電スイッチによる「ガラスタッチ方式
・加熱中ヒーター周囲が赤く光る 直感的な視認性。
カンガルーポケット タイプの前面操作は
 中央ヒーターとグリルのみ、はっきり分かれている。


博士:ヒーターの周りが赤くなる「光るリング」 は松下の専売
   特許のようなものなのね、IH初心者の人はきっとこれを
   見ただけで松下に決めちゃうかもしれないわ・・・

ナベ: 火がないのに熱くなるという不安感がこのリングで
   解消されます
からね、間違いなく初心者への必殺技(笑)

博士:誰でも考え付きそうなアイディアだけど、やっぱりIH先駆者
   の松下にしか許されていないんでしょうね・・・
   この赤く光るリングは無いよりあったほうがいいと思うわ。

ナベ:でもIHに慣れてる人には、無くても支障ないかも・・・・


ナショナルv光るリング



























ナベ:じゃあ、ガラスタッチスイッチ はどうでしょうか?
   ボタンの耐久性やお手入れでは有利 でしょうけど・・・

博士:ボタンを気にせず調理器具を取りまわせる のは東芝と
   同じでトップ操作一切なしのメリットね、ボタンの耐久性も
   長いこと使うことを考えると、ガラス面の静電スイッチ式
   は安心感があるけど・・・


ナベ:操作感がいまひとつ ってことでしょうか?

博士:ピンポーン、人によっては反応しずらいし 、静電スイッチ
   を好きになれない人って結構いると思うんだけど・・・

ナベ:ガラスを触れるだけだから操作感ゼロ ですもんね。
   それはともかくスイッチがやけに少ない点はどうでしょうか?
   多けりゃいいてもんでもありませんが・・・

博士:スイッチ類がシンプルなのはある意味いいことよ。
   でも火力調節が上げ下げの二種類のみなのね、火力を
   設定するのに何度か押さなくちゃいけない でしょ?
   吹きこぼれそうになった時のとっさの火加減 とかもしにくい
   だろうし、慣れちゃうのかもしれないけど・・・

ナベ:じゃあ日立や三菱のように一発スイッチを追加すればいいと
   単純に思うんですけど・・・

博士:それよそれ、もしかしたら静電スイッチの誤動作を恐れて
   一発ボタンはできないんじゃないかと思うのよ。 だって付け
   ようと思えばいくらでも付けれるわけじゃない?

ナベ:なるほど誤動作ですか、ガラススイッチは間違って触れて
   作動しちゃう可能性も否定できないわけだ。 よく使う湯沸し
   のボタンが「長押し」の兼用スイッチなのもそのせいかもしれ
   ませんね。

博士:もっと推測しちゃうとね、温度設定が8段階しかないのも
   一発ボタンがない現状では、細かくしたくてもできないの
   かもよ。

ナベ:博士、推測の域を出ない話しはこのへんにして・・・

   表示部の視認性 についてはどうですか?


ガラスタッチ式スイッチ 表示部


















博士:文字表示も絵文字もそんなに大きい表示じゃないし、
   色も赤のみ だから決して視認性はいいとは言えないわね。
   他社のほうがよほど工夫してる感じがするわ。

ナベ:そうですね、オールメタル対応型は白いバックライトに黒い
   文字表示でいいですが、この機種は赤色のみ 、すこし疲れ
   そうな配色です。 

   では、カンガルーポケット式 の前面パネルについては
   どうですか?

博士:そうね〜温度調節が上げ下げ2ボタンなのはもともと調節
   しろが少ないからたいして問題にはならないかもね。
   可もなく不可もなくってところかしら。


カンガルーポケット式操作盤































ナベ:操作がグリルと中央のラジエントヒーターのみに限定されて
   ますからシンプルでわかりやすい んじゃないですか?

博士:他社のように操作ボタンがごちゃごちゃ無いのは◎よ。
   逆に言うとスイッチが兼用になっているからなんだけどね。
   でもユニバーサルデザイン的よね。 IHが始めての人でも
   すぐに使いこなせそうね。


ナベ:じゃあこのへんで松下の操作性のまとめをお願いします。

博士:赤く光るリングはやっぱり魅力 ね、ガラスタッチスイッチは
   一見よく思えるけど操作性も含めて優れてるとは言い難いと
   思うわ、絵文字の視認性も標準以下。
   いずれにせよ売りの『光るリング』と『ガラスタッチスイッチ』を
   どう考えるかで評価は二つに分かれると思うわ。

ナベ:結構厳しい評価になってしまいましたが・・・
   松下の皆さんには勘弁してもらいたいですね、ぼくらが少し
   ぐらい辛口のコメントをしても松下のダントツトップのシェアに
   は少しも影響を与えないでしょうから(笑) 

 
次回につづく・・・

前へ 1  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。
【PR】広告掲載のお申込はコチラ!  ブログマーケティングの e売るしくみ研究所


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/50186607
この記事へのコメント
 光るリングが松下限定機能とは知りませんでした。我が家を見学しにきた方は「IH分かりにくい」という場合でも、実際に使って見せると分かりやすいようです。例えば、義母(還暦)はどちらかというとIH反対派で、その理由が「知人宅でIHだけど、ついているかわかんなくて、熱いうちに触れてよく火傷する」という話を聞いていたからなのだそうですが、夫の「このわっかがあるから大丈夫。使った後も熱いあいだはこの警告等がつく」という説明で、「こういう品物のなら大丈夫なのかもしれない」という風に納得されていました。
 ちなみに、火力調節、我が家のタイプはもう少し分かりすく、調整はもう少し少ないです。それでも不便しないというか、こんなものかと思っていました。微妙に火力を調整したいときは、鍋のほうをずらせば、いかようにもなるからです。きっと、このときにわっかがいい指標になってたんですね。レポを読んでいて気がついた次第です。
Posted by yuki at 2005年11月11日 15:48
yukiさん、またまた文字数制限ギリギリ(?)のコメント、感謝感謝です〜☆

実際松下を使ってらっしゃるYukiさんにコメントいただくのが一番参考になります!

還暦の義母さまの話し、まさに典型的な松下採用までの道筋、Yukiさんのところでもそうだったんですか〜。
なんだかんだ言って赤いリングは安心なんですよね。
ガスだって炎が消えれば熱いかどうか『目視』では判んないですからむしろIHのほうが警告ランプのぶんだけ安全ですよね。

微妙な火力はズラシ技で!なるほど〜!
そういう価値もあったんですね、知らず知らずに赤いリングには役にたってるんだ・・・

松下さんがリングを解禁してくれればいいんだけどな〜
ありがとうございましたー☆
Posted by ナベ@SR調査隊 at 2005年11月11日 18:40
 × 警告等 → ○ 警告灯でした。失礼しました。

 赤く点滅するので、「説明書の字は小さくてね、読む気がしないの」という人でも、チカチカ光っていると注意を引くみたいです、アレは。そういう意味で、分かりやすい機能です。信号が点滅するのを連想させるのかもしれません。
 
 鍋のずらし技は、既に(私の中で)定番化していたのですが、輪のリングがなければ目安がつきにくいため、もしかしたら頻繁に使わない技になっていたかもしれません。
 
 とりあえず「オール電化に積極的ではなかった」私が、IHを使いはじめても不満足でなく、普通に炊事をしているので、自然な使い心地なのだと思います。
 
 松下の企業イメージは、汐留ショールームの接遇が良くないどころか、質問すらごった返しすぎて出来ない状況だったので(運が悪かったのか?)、正直、あまり良い印象はないのですが。
Posted by yuki at 2005年11月11日 20:29
Yukiさん連続コメント有難うございます。
なるほど赤色点灯は警告にはピッタリですか、ふむふむ。

Yukiさん定番のずらし技、他社製だとやりにくいでしょうね〜
いずれにせよ『積極的な採用でなかったのに自然な使い心地』というのはポイントです。
違和感がないってことですよね。

汐留SR・・・ 平日でも案内の順番待ちしてますもの。
病院の待合室みたい(笑)
SRはあまり混んでいるとそれだけで疲れちゃいますよね。
IHだけなら東電の施設に行くって手もありです。

Yukiさん有難うございました〜☆
Posted by ナベ@SR調査隊 at 2005年11月11日 21:40