2005年11月01日

IHクッキングヒーター4機種徹底比較!第5話

いつも面倒くさいのにプチッと応援いただき、感謝感謝です。
【人気blogランキング】 今日もあなたの一票に励まされています。
  皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです・・・・・

≪住まいのショールーム★調査隊 : 特別編≫
★  IHクッキングヒーター4機種徹底比較! 第5話

前へ 1  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

博士:え〜と、これで基本部分の比較 は終ったのかしら?

ナベ:いやまだちょっとありますよ。 このあと比較する操作性や
   視認性、調理機能それにロースターについて以外の部分で
   各機種の独自の特徴 をご紹介しましょう。


日立 グッドデザイン賞受賞
三菱 ダブルリング加熱でIHの欠点、鍋底の温度ムラを抑える
    2点式ツインメタルセンサーで鍋底温度を細かくチェック
    トップのカラーに新色登場(ブルー、ピンク)
東芝 DSPインバーター
    高感度セラミック温度センサーをダブルで設置
    炒め物0.3秒で復帰
    ダブル加熱コイル(外径20cmは業界最大)
    二重で鍋底温度のムラ抑える


博士:松下には何もないの?

ナベ:そうですね〜 松下はオールメタル対応の機種を複数
   用意しているところが特徴なんでしょうけど・・・

博士:ふ〜ん、じゃ日立、グッドデザイン賞 が特徴なのね(笑)
   そういう目でみれば確かにシンプルで洗練されている気が
   するけど・・・

ナベ:シンプルなデザインが好みの方には一押しですね。

日立 グッドデザイン賞 受賞











博士:ガスコンロと比べたらどれも見た目はシンプルよね・・・
   でも見比べると確かに日立が一番シンプルなのね。
   三菱のトッププレートの色にブルーとピンクの新色
   出たのは特徴なわけ? たしかに今までに無い色だけど。

ナベ:ブルーとピンクが好きな人にはたまらないでしょう(笑)

   話しを性能の面に戻しますが、三菱と東芝が加熱コイルを
   二重にして焼きムラを抑えてますね、鍋底の温度ムラは
   IHの欠点 と指摘する人もいますから、これは注目すべき点
   なんじゃないでしょうか。

東芝 大口径 ダブル加熱コイル
















博士:東芝はコイル外径も業界最大の20 ってことね、この
   へんは実際比較してみないと他機種に対して優れてるか
   どうかハッキリしないわよね〜

ナベ:ナベ底の温度分布を測るわけにもいきませんしね、
   ただ温度センサーが三菱も東芝も二ヶ所あって緻密な
   制御が可能 なのは実際効果があるはずですよ。

博士:理論的にはね、実感はできないかもしれないけど・・・

ナベ:じゃあこれはどうですか、東芝のDSPインバーター
   これは他社には無い東芝だけの特徴 です。
   炒め物大好きな方には超重要チェックポイント です!

博士:炒め物ってIHの一番不得意な点だって言うわよね・・・
   で、東芝はどんな風にいいわけ?

ナベ:他社よりずっと感度のいい温度センサー を2つ使ってる
   のと、マイコン制御のインバーターによって素早い温度
   制御 ができるところが違います。

博士:・・・って言われてもよくわかんないわ(笑)

ナベ:IHヒーターっていったんトッププレートからフライパンやナベ
   を浮かすと自動的に加熱を停止するしくみなんです。
   で、元に戻しても再び加熱し始めるのに普通は数秒掛かる
   ので温度が下がってしまうんですよね。

博士:だからIHで炒め物をする時はベタッとフライパンを置いた
   まま調理するのが基本なわけよね・・・

ナベ:でもボクなんかはやっぱり炒め物ってフライパンをバッと
   あおりながらじゃないとおいしくできないと思うんです。

博士:そうね、しゃもじでかき混ぜるんだとどうしても食材が
   つぶれ気味になってしまうものね、二本使って炒める
   ようにしろって言われてもねぇ〜

ナベ:ですよね! 東芝のメリットはフライパンをあおって元に
   戻した時のヒーター復帰がなんと0.3秒
   つまりガスのような感じで炒め物ができちゃうわけです!

東芝 DSPインバーター









博士:ナベちゃん、炒め物が好きなの?

ナベ:ハハ、実はそうなんですが・・・ ボクのことはともかく、
   料理の動作って長年身に染み付いてるわけでしょ?
   やっぱりフライパンをこう、バーッ、ガーッと・・・

博士:ハイハイわかったわ、炒め物をよくする人でバーッと調理
   したい向きには東芝は一押しってわけね(笑)

ナベ:そういうわけです。 ヒーターの出力の話しの時に「東芝
   だけは別かも・・・」と言ったのは炒め物に強い東芝だけ
   は火力が強い恩恵を受けるかもしれないと思ったからなん
   です。

博士:とはいっても所詮IHはフライパンの周辺は熱くならない
   でしょ? そのへんはどうなのよ。

ナベ:鋭いな〜やっぱり炒め物ってフライパンの周辺使います
   もんね、ガスと同じってわけにはいかないでしょうけど、
   少なくともIHヒーターの中では一番向いてるってことで・・・

博士:そういえば少量の油で天ぷらができるのもその機能の
   おかげなのかしら?

ナベ:鋭い!他社は少量の油対応といっても最低500g ですが
   東芝だけは少量200gが可能 なんです! お弁当などの
   少ししか使わない場合なんて油も時間も電気も節約でき
   ますからポイント高いですよ、この特長は!

博士:なんだかここへきて東芝の株がグッと上がった感じね(笑)

   ・・・ところで安全性能とかの違い ってないのかしら?

ナベ:安全性ですね、了解です。
   全機種共通した安全機能 は・・・


消し忘れ 防止機能
空焼き 防止機能
鍋なし 自動停止機能
温度過昇 防止機能
小物発熱 防止機能
高温注意表示 機能
チャイルドロック 機能
中央ヒーターロック 機能


博士:安全性が高いのはIH調理器の売り 文句だものね、
   機種によって特別な安全機能とかはないのかしら?

ナベ:こんなところでしょうか・・・


三菱地震感知機能 /約震度5以上を感知して自動停止。

松下揚げ物そり鍋検知 /揚げ物の予熱時に鍋底に2mm以上
    のソリや変形があった場合自動停止、異常表示。


博士:てことは三菱以外は地震が来ても停止しないの?

ナベ:・・・・た、たぶん。
   だけど松下の機能は他の機種でも結局ソリなどがあった
   場合異常高温停止機能が働くと思いますよ。

博士:2mmも反ってたらそうかもね・・・
   じゃあそろそろ本当に基本性能のチェックは終わりよね。

ナベ:そうですね・・・
   あ、そうそう、オートパワーオフで待機電力がゼロ になる
   ことは全機種対応 しています。

   ・・・・じゃ続いて、操作性のチェックに移りましょうか!


次回につづく・・・

前へ 1  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。
【PR】広告掲載のお申込はコチラ!  ブログマーケティングの e売るしくみ研究所


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/50161404
この記事へのコメント
 IHを使いはじめて、約半年が経過しました。太陽光とエコキューがあるからオール電化という選択肢しかなかったという経緯でIHになりました。(ガスを導入してもよかったのですが、ランニングコストが・・・)
 当時「75センチ」で「火加減がIHトップ面だけではなく、ぱかっと横から(扇を開くように)操作面が出てくるタイプ」で探していましたが、これがなかなかなく、結果として前者を諦め、後者を優先させました。
 実際には、人大のシンクだったので、熱い鍋釜類を置く場所に不自由はせず。これでよかったのかなー・・・とも思います。
 IHの最大出力は、そういえば使ってません。火力が強めなのでしょうか、最大以下でもうっかりしているとお湯がボッコンボッコン沸きだして怖い位です。
Posted by yuki at 2005年11月03日 21:50
yukiさん、お久しぶりですね〜コメント有難うございます!
オール電化のyuki邸は当然IHってわけですね。

>ぱかっと横から(扇を開くように)操作面が出てくるタイプ
・・・ってことは松下のカンガルーポケットにしたんですね?

キッチンはヤマハでしたよね、なるほど人大マーブルシンクは熱い鍋を
置いても平気なんですね〜 生の声、参考になります!
ワイド60cmでも不便しないというのはいいですね。

やはり最大火力は使ってないですか・・・ たしか電気代も
それほど消費していないとおっしゃってましたよね。
使っている方の声が一番参考になります、ホントに有難うございます。
また教えて下さいねー☆

※最近天気がいいですから今の季節、全開バリバリ発電してるんでしょうね!(笑)
Posted by ナベ@SR調査隊 at 2005年11月04日 09:15
 カンガルーポケットっていうんですか、あれは。初めて知りました。アレ、便利ですよ〜。料理中、一旦かがむことなく動くことなく、火加減の調整が同時に出来るのがポイントでした。
 ヤマハの人大は耐熱温度が高い(らしい)ので、キッチンがヤマハの場合、IHを「作業スペースの都合だけ」で選ぶのならば75センチに縛られることはないかと思います。フライパンや天ぷら鍋でも問題なしでした。
 太陽光に関しては、メーカーさんの話曰く5月ごろが一番良いのだとか。確かに、光の強さが弱いのか、10〜14時でもなかなか発電レベルが最高ランクにはなりません。
 電気代に関しては、9月支払い(つまり8月中に使用した分)の電気代で5千円台半ばでした。ガス代がないことを思うと、激安価格なんでしょうね。早いところ太陽光に掛けた資金を回収しなければと思う次第です。
Posted by yuki at 2005年11月04日 12:32
yukiさんリプライ遅くなりました。
カンガルーポケットの使い心地はバッチリってことですね、了解です。
もうひとつ、お願いなんですが・・・
トッププレートのガラスタッチの感度、それと火力調整の使い心地はyukiさんにとってはいかがなものでしょう?
人によって意見が分かれていますので、ぜひお聞かせ下さい。

ヤマハの業界最高基準の耐熱温度のカウンター・・・
フライパンや天ぷら鍋でも問題なし!
「わかっていても熱い鍋を置くには勇気がいる」わけで
実際yukiさんのご意見はとっても参考になります。
(SRでも実験装置は用意してありますけど・・・ )

太陽光発電・・・月の光熱費(電気代)がたった5千円とは!うれしいですね〜
設置角度によっては発電レベルはMAXにならない可能性もあるようですね、
発電は高温で効率が落ちますので、春と秋、ちょうど今頃も結構いいはずなんですが。
Posted by ナベ@SR調査隊 at 2005年11月05日 09:26
 IH,資料を見直したらナショナルでした。

 ガラスタッチの感度に関しては「こんなものかな」という印象ですね。ATMのタッチパネル操作と同じ感じで。弱点としては吹きこぼしをするととたんに消火し、操作面を掃除しないと操作復活できないのが玉に瑕です。
 
 説明書に「ヒドイ汚れにはクレンザーで」と書いてありましたが、そこまで酷くなる前に調理できなくなるので、こまめに手軽にお掃除しています。IHガラス面に関しては、レンジクイックルが一番お手軽ですね。
 
 ちなみに、フライパンやら天ぷら鍋などを置いている人大のお手入れは、なんと言ってもメラミンスポンジ(「激落ち君」など)が大活躍です。シンク面も同じもの。どちらも、少ししつこい汚れには重曹で対応しています。

 長くなるので、分けます。
 
Posted by yuki at 2005年11月05日 12:43
 IHの火力調整については、あまりストレスを感じていません。コツが分かっていれば、ガスもIHも変わりないなぁという感想です。むしろ重要なのは、IHと鍋やフライパン等調理道具と献立との相性。ガスの時よりもシビアです。ル・クルーゼやドゥレミパン、テフロンは大活躍しているのですが、何故かステンレス系のフライパンは、全滅でした。お蔵入り状態で、調理器具が足らずに困ってます。
 献立で挙げると、おでんやカレー、餃子やチキンステーキ、親子丼等は美味しく出来ます。炒飯やチキンライスは改善の余地アリ、です。
 ちなみに太陽光は真南を向き、屋根の角度も太陽光最優先にした結果、家の外観がウソクサイ積み木みたいになりました。日別発電量と天気の概要は、6月1日付けから(不在の日を除き)毎日、メモ書きにしています。1年経ったら、正確なデータが出せるかもしれません。そこまでマメに続くかどうかはわかりませんが・・・。
 
Posted by yuki at 2005年11月05日 13:03
yukiさん、松下のIHの使い勝手をとても詳しく教えていただき
まことに有難うございますーーー!!!!
(しかも2回に分けてっ!)

>ガラスタッチの感度は「こんなものかな」という印象
タッチセンサーは可もなく不可もなくってことですね。
人によってはセンシングしにくいそうなんです・・・

弱点は吹きこぼすと消火・・・ 掃除しないと復帰しない!
なるほど〜そうなんですか!

よくIHの展示会でクレンザーとアルミホイールで汚れを落とす
デモをしてますけど・・・
>そこまで酷くなる前に調理できなくなる・・・
・・・であれば、あのデモはスイッチに関しては意味ないですね(笑)

スイッチ式の火力調節は慣れればストレスフリーですか。
なるほど、なるほど。
あれを嫌がる方も結構いらっしゃるんです・・・


↓へつづく
Posted by ナベ@SR調査隊 at 2005年11月05日 19:52
重要なのは調理道具と献立(!)との相性ですか!!!
う〜ん、なるほどーー!!!

参考になることばっかりです! 助かります!!


人大のカウンターのお手入れはやっぱり「激落ち君」ですか!
あれが一番いい感じですよね〜 でもスグちっちゃくなっちゃうのが痛いかな。

しつこい汚れは重曹・・・ これも参考になります!!

太陽光発電・・・ そうですか真南で角度も最適化してあるのなら安心ですね。
敷地条件や間取りによって、なかなかそこまでできないのが
現状ですからyuki邸は頑張りましたね!

ところでyukiさんはブロガーじゃないんですよね?
これだけの情報は皆さんに発信しないともったいないと・・・
これから家づくりする方たちにとっても参考になるブログができあがるんじゃないでしょうか!

本当に丁寧に教えていただき有難うございました!
またよろしくお願いしますー☆
Posted by ナベ@SR調査隊 at 2005年11月05日 19:58