2005年11月26日

再び新築現場へ出動!の巻(上)

いつも応援いただいてるのに、最近ランクがた落ち(涙)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ どうぞプチっとワンクリックお願いします・・・
【人気blogランキング】 今日もあなたの一票に励まされています!
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです・・・・・

健康と環境に配慮した住設選び 特別話  ★ 
≪ 再び新築現場へ出動!の巻(上) ≫ 

ここは東京郊外の閑静な住宅地・・・

博士:ナベちゃん  おはよ〜さ〜ん!

ナベ: フクヤマ博士、おはようございます!
   お忙しいところ、今日もまたまた新築現場に同行して
   いただきまして〜! 

博士:いいって、いいって。 それより今回の現場調査はどんな
   キッチンが入ってるんだっけ?


ナベ:いや〜それは・・・・   例のやつです。 

博士:あ〜あれでしょ? 素材そのものはゼロホ○ムって宣伝
   してるやつ・・・ まったく紛らわしいわよね〜あれ。

ナベ:ハハ、そ、そうですね・・・

博士:だいたい本体キャビネットだけなんでしょ?
   ○ー○ーなのは!


ナベ:は、博士!伏字ばっかりになっちゃいますので
   そのへんにしといて下さい! 

    今日もシビアな調査しようとしてるんですから・・・

博士:はいはい、まぁー詳しく話さなくてもわかる人にはわかる
   からいいってことね・・・

   ところで、ここも引渡し前の現場なのよね?

ナベ:あと一週間で引渡しなので今日は誰もいません。

博士:今日も気兼ねなくできちゃうわけね。
   じゃ、いい? いくわよ!

ナベ:了解です! 


    ・・・・(ガチャ)


             。o ◯ 
      ___П 
  /\  Ц\
/ □  \__ __\
| ̄ ̄ ̄| |     入 館 !
~~~~~~~~~~~~~~~

博士:へ〜無垢の木がたくさん使ってあるお家ね〜

ナベ:室内空気環境はかなりいいデータになるんじゃないか
   と思われますね〜


   ・・・ ここがキッチンですね。


対象キッチン画像
















博士:オ〜! ここもオープンスタイル、前回に負けず劣らず
   フル装備ね、それにしてもかなり余裕のキッチンね。 
   あ〜でも、ブログをご覧になってる方にはぼやけててよく
   見えなかったんだっけ・・・

ナベ:今回もぼかし処理、はいりました(笑)

博士:じゃ今日は前置きなしで早速始めましょ! 
   まずはデータの報告をお願いね。


ナベ:工場出荷からはやはり今日の段階で8週間経過してます。 
   放置期間の平均気温は21.7℃(気象庁)ですから前回の
   現場よりは少々放散はしにくい状況ですね。 

博士:ふむふむ、で今日の気温は?

ナベ:はい、現在外気温12℃。 台所の雰囲気温度は18.5℃、 
    フロアキャビネットの内部の温度も同じ18.5℃ですね。


庫内温度測定














博士:で、使う測定器は前回と同じよね。

ナベ:ハイ、室内○○濃度を測定するには定評のある
   光明理化学工業の室内○○測定器S−21 です。 
   検知管も前回同様、検知範囲が違う710と710Aの 
   二種類用意してあります。

博士:前回と同じってことは、宿題の件はどうなったの?

ナベ:へへっ、それはあとのお楽しみです。

博士:もったいぶっちゃって・・・、じゃ計測開始よ!

ナベ:了解です!
   まずは本体キャビネットからいってみますか。
   前回と同じく測定機器ごと閉じ込めちゃいますネ。

博士:良い子は絶対マネしちゃダメな方法ね(笑)


測定器を本体キャビネットへ
















    ・・・・・・そしてじっと我慢の30分・・・・・・


ナベ:は〜い、取り出しますよ・・・

   ん〜〜〜!!??

   なんかおかしいな〜


博士:どしたの?


本体キャビネットの測定結果


←クリックで拡大





ナベ:いや、妙に低い数値なんです。
   えっとだいたい 0.04ppm ってところですか・・・
   室内空気環境のこの物質の指針値が0.08ppmですから
   なんと指針値の半分 ですよ!

博士:へ〜こないだのが0.17ppmだっけ?
   桁違いにいい結果が出ちゃったわん(笑)


ナベ:博士、笑い事じゃありませんよ、測ってるのはキャビネット
   を閉めきった空間ですからね、とてもにわかには信じがたい
   結果じゃありませんか!
   これが金属キャビネットの実力ってやつなんでしょうか・・・

博士:カウンターが人造大理石だからかしら?裏打ち合板の
   ステンレスカウンターだったらまたちょっと変わったかもね。


ナベ:え、でも前回だって人大カウンターでしたよ・・・
   測定器がいかれちゃってるってことはないよなぁ〜

博士:まさかでしょ、検知管だってまだまだ賞味期限内だし。

ナベ:う〜ん、次に吊戸棚を測る予定ですが、その前にちょっと
   室内のほうを測ってみましょうか。

博士:そうね、キャビネットが0.04ppmってことは、室内はいったい
   どんな結果になっちゃうのかしら・・・



次回に続くってことで(笑)

【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。
【PR】広告掲載のお申込はコチラ!  ブログマーケティングの e売るしくみ研究所


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/50152332
この記事へのコメント
伏せ字でも,ぼかし処理でもどこのものなのかわかってしまうのは,わたしがやっぱりマニアだからなのでしょうか(笑)。
(前回もそうでしたが,なんのシリーズなのかもだいたい想像ついてしまうので^^)

キャビネット内の数字,前回と比べるとほんと桁違いでびっくりですね!
室内との比較も気になりますが,吊り戸棚の結果も気になるところです。

Posted by うさこ at 2005年11月26日 22:04
マニアな、うさこさん、こんばんは〜

シリーズまでわかっちゃうなんて間違いなくマニアですね(笑)
本体キャビネット、ホントびっくりです。
実は間違いだと思って測り直しちゃいました。
でも間違いじゃありませんでした。

で、知りたいのは吊戸棚ですよね。
吊戸棚の数値は・・・・ 来週までのお楽しみーーー☆
Posted by ナベ@SR調査隊 at 2005年11月26日 23:28
マニア2号(?)参上!
オイラも吊戸棚、気になります〜。

ぼかしにしている割には
博士もナベさんも
ヒント出し過ぎですけどぉ(笑)。
Posted by daiapapa at 2005年11月27日 00:28
おっ、待ってましたマニア2号のdaiapapaさん!

ヒント・・・ いいんですよ〜 普通の方は、
この程度のヒントぐらいじゃ、たぶん
何がなんだかさっぱりのハズですから〜

ところで肝心の結果は来週ご期待下さいね。
引っ張ってスミマセン

でもね、本当は来週の続きが楽しみなんです、ボクは(笑)

Posted by ナベ@SR調査隊 at 2005年11月27日 02:32