2005年10月11日

TOTO ユニットバス バスピアの巻-(2)

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 番外編
ニューモデル報告★バスピアの巻-(2)

皆さんこんにちは! 調査隊のナベです。

このところ新しい記事の投稿もままならず、毎日楽しみにして
くれている皆さんには大変申しわけないっス!

そのお詫びと言ってはなんですが、今日は・・・

緊急報告バスピアなんちゃって魔法びん浴槽ライト!

を、お送りします〜 ・・・・キュイジアはどうなったんだ(笑)

TOTO


去る7月にマイナーチェンジ(以下MC)を受けたTOTOの 普及
価格帯のシスバス、バスピアについて待望の追加調査を報告
することにしました。 

前回の報告『ニューモデル速報★バスピアの巻-(1)』をご覧に
ならなかった方も多いと思いますので、ここで簡単に説明して
おきます。(リンク先の過去記事もよろしければどうぞ。)


シスバスシェアトップのTOTOは、フローピア魔法びん浴槽シリーズ
の大ヒットもあり、その快進撃は止まらない勢いですが、今回普及
価格帯のバスピアにまで「魔法びんタイプ」をラインナップさせて
きました。

それが≪バスピア 魔法びん浴槽ライト KAシリーズ ≫です。

量産モデルの『冷めにくいお風呂』の登場に、ライバル各社は
きっと「たまんない」と思っているに違いありません(笑)
(ヤマハも同時期にビュートの廉価版≪AX≫に保温仕様を設定。)

注目の保温性能は「4時間で2℃しか冷めない」、兄貴分フローピア
の「6時間で2℃」と比較すると見劣りしますが、前のに比べれば
格段に良くなってるのは間違いないです。
(※条件は例によって、TOTOの基準でシスバスの周辺温度5℃、
  外気温0℃、ふろフタあり、初期水温42℃というものです)

フローピアは良いと思うけど予算的にちょっと・・・という方に
待望のモデル!ってわけなんです。

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

実はいつもコメントをいただく「家づくり進行中のブロガー」の
皆さんの中にも新型バスピアを検討されている方が多いようで、
かねてより追加調査のリクエストがあったんです。


すみません!大変お待たせしましたっ!


あれから2ヶ月・・・ 何で遅れたかちょっと言い訳させてもらうと
このバスピア、ショールームに行っても肝心の保温部分は全く
見ることができず、外観上は以前と全く変わらないんです。

バスピア解説図


TOTOによれば↑こんな風に二重の断熱層でバスタブが囲まれ
ていることになってます。

・・・・がっ! この絵はよくわからん!

一番不明なのが外断熱層と書かれているポリエチレンシートの
部分で、絵だとしっかりした箱みたいになってるけど、バスピアは
もともと防水パンがない構造。 フローピアとは違います。

箱状になんてなってるハズはない・・・

それに洗い場側のエプロンの部分の断熱材が描かれてない
のも不可思議・・・・ ここは断熱されてないってこと??

さらに気になるのは浴室自体の断熱はどうなってるのか?って
ことです。 フローピアでさえつい去年まで石膏ボードを下地に
入れてたぐらいだから、期待するほうが間違いなのか???


もう、こいつの『つくり』を調査をするには、現場に実際設置
する時に調査するしかない!
 ・・・と思い立ちました!!

とは言え、そうすぐに実現するわけもなく、現在に至ってしまった
というわけです。


では長〜い前置きはこのぐらいにして早速いってみましょ〜♪


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  



    ・・・ いきなり現場に到着!!


    浴室に行くとこんな↓感じで・・・・・


バスピア施工中1



設置する業者さんがボクが来るのを待っていてくれました。 

ホ〜ッ、なるほどね〜

次回に続く!(笑)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/50095418