2005年09月28日

TOTO キッチン キュイジアの巻 第6話

【人気blogランキング】 まずは応援お願いします〜☆
              皆さんの応援でこのブログはなりたっています !!

≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.17≫
TOTO キュイジア の巻 第6話

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

ナベ:フルフラットコンロに続いてカウンターいっちゃいましょうか。

博士:フラットつながりね。 いいわ。

青いSRのお姉さん
 


こちらは新採用の『ヘアラインカウンター』でございます。
ステンレスカウンター









ナベ:ついにTOTOも出しましたね、ステンレスのヘアライン
    最近はヘアラインの美しさに惹かれて、傷が付き易いのを
    承知で採用したいという人が増えているようですから。

博士:キュイジアの売りはやっぱりクリスタルカウンターでしょ?
    このヘアラインはとりあえずラインナップにいれたって感じ
    なんじゃないかしら?

ナベ:でも博士、お客様の中にはカウンターはステンレスでなきゃ
    ダメっていう人も結構いるんですよ。その方たちに、今どき
    エンボスしかないんじゃ話しにならないでしょう。

博士:そっか、そっか。 ところでステンレスカウンター以外で
    どこか新しく変わった点は?

ナベ:えっ? だからクリスタルカウンターですよね?

博士:じゃなくて〜、ナベちゃんよく下調べしてこなかったわね!

ナベ:・・・といいますと??

博士:人大カウンターが全てハイブリッドエポキシ樹脂系
    なったのよ。 だから耐衝撃性耐熱性表面硬度 なんかが
    一般的なアクリル系よりずっと性能が良いのよね。
    (※人工大理石カウンターのこと)

ナベ:博士、よく調べてきてくれて助かります(笑)
    ハイブリッドエポキシ系ってことはクリスタルカウンターと同じ
    ですね。 ということは業界最高の耐熱温度、たしか360℃だ
    ったかな、が実現されてるんだ。 でも見た目はぜんぜんクリ
    スタルとは違って、なんだか普通ですよ。 ↓ほんの一例です。
カウンターバリエーション













博士:大理石っていうぐらいだからね、普通でいいんじゃない?
    でもこのライムストーンの妙な流れ模様はどうかと思うけど。

ナベ:あ〜ボクもちょっと気になってました、これはちょっと好き嫌い
    でるでしょうね、これだったらシンプルなパルフェホワイトが
    いいとボクは思います。

博士:私だったらクリスタルカウンターがいいと思います(笑)

ナベ:そりゃーそうですけど、価格的にはかなり差がありますよ。
    例えば儀2550mmの例で言えば、ステンエンボスと比べて
    グレインやパルフェ、ライムストーンのクラスが10万円アップ
    それに対してクリスタルだと22万円(税別)も上がります。

博士:22万は定価でしょ? やっぱり憧れちゃうわ・・・

ナベ:ただですね、クリスタルカウンターでちょっと気になる点が
    あるんです。

博士:もしかして・・・・
段差がないクリスタルカウンター














    「立ち上がりが無い」ってこと?

ナベ:うっ、鋭い! 気づいてましたか・・・
    あれ、カタログに書いてありましたっけ?

博士:レガセスのカタログにはね。
    でもキュイジアのカタログには書いてなかったと思うわ・・・

ナベ:へ〜そうだったんだ。

博士:ほんとは私が気づいたんじゃないけどね。 まぁ、それは
    さておき立ち上がりがないのは、ある意味欠点よね。

ナベ:わざと見た目重視で無くしたんでしょうか?
    確かに見た目はキレイですよねフラットで・・・

博士:段差が付いちゃったらせっかくのガラス感が失われて
    樹脂でできてるって感じになっちゃうでしょうしね・・・

ナベ:他のエポキシ系カウンターはちゃんと立ち上がりが付いて
    ますから、技術的に難しいってことはないでしょうし。

博士:どうかしら? そのへんはよく分からないけど、仮に可能だと
    して、立ち上がり付きと無しを選べるようにするのが水廻り
    メーカーとしての良心ってもんじゃないかと思うわ。

ナベ:一番高価なカウンターが一番日常的な実用性に欠けている
    わけですからね。 あくまで自己責任で意匠重視の選択を
    するなら我慢もできるでしょうけど、もしこれに気づかないで
    購入して、後から気づいたら不満が出るでしょうね。

博士:キュイジア買う人はそこまで実用性を気にしてる人、あまり
    いないかもよ。 ・・・皮肉だけど。

ナベ:そういう意味だと今回新しくレガセスのほうに投入されたクリ
    スタルカウンターのほうが事は重大かもしれませんね。
    レガセスを買う人で日常性を気にしない人いないでしょうし。
レガセスのクリスタルカウンター

←こちらはレガセスの
  クリスタルカウンター







博士:これも何か勘違いしちゃってるわよね〜 立ち上がりがない
    だけならまだしも、コーナーがほとんど面取りされてない
    から危険ですらあるわ! このカウンターをデザインした人は
    きっと子供を育てた経験がないんでしょうね。

ナベ:ほんとこりゃ危ないっスね〜 小さいお子さんのいる家庭
    では絶対採用できませんね。 カッコイイんだけどな〜

博士:実用性を無視すればカッコイイのができて当たり前よ。
    そのへんを今回のインダストリアルデザイナーさんに
    きっちり伝えといてよね、ナベちゃん!

ナベ:って、ボクにふられても・・・
    だいち商品化にGOを出すのはメーカーなんですから・・・

次回に続く・・・

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

【人気blogランキング】に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/50070002
この記事へのコメント
私もナベ隊員に同感!
パルフェホワイトがいいと思います(笑)
飽きがこなくていいかなーって。
クリスタルカウンター、お値段高すぎ!!

クリスタルカウンターには目も行かなかったので
水返しも角の面取りもあまり気になりませんでしたね。
言われてみて、なるほどー!です。

でも、フラット対面以外は大概エンドパネルが入るから
角にぶつかる心配はないのでは?
フラット対面を選ぶ人は要注意かな?

ところで中盤過ぎの博士の発言、
>ほんとは私が気づいたんじゃないけどね。 
これに気がついたのは、たまたまさんではないかな〜と。
以前のコメントを思い出しました。

※昨日のクリックシャワーの件、ありがとうございます。
追加で聞こうと思ったこと
たまたまさんが質問してました!
さすが〜。
Posted by LaLaLa at 2005年09月28日 13:36
LaLaLaさん、よく覚えてましたね、アタリです!
さすがマニア。
推測ですがレガセスなどではエンドパネルが入る比率は下がるのでは?
・・・・と思ったりもします。

追加質問あればいつでもどうぞ〜☆
Posted by ナベ@SR★調査隊 at 2005年09月28日 17:49
立ち上がりフェチのたまたまです。
面取りのことは全くのチェック漏れでした。
で、面取りされていないのはクリスタルカウンターに限ってでしょうか?
Posted by たまたま at 2005年09月28日 21:03
立ち上がりフェチだったんですね(笑)
おかげ様でございます〜☆

面取り・・・SRで確認してもらえればと思いますが他のカウンターは
通常の形状なので特に危険な感じはしませんでした。
ただクリスタルカウンターは、かなりとんがってる感じ。
個人的にはレガセスのクリスタルカウンターのほうが
薄くてよりガラスっぽいのでキュイジアのより気に入ってますが・・・
Posted by ナベ@SR★調査隊 at 2005年09月28日 23:03
自分も、キッチンを選ぶ際に、TOTOの当時のレガセスシリーズにあこがれていました。
が実際にショウルームに見に行って、はじっこが盛り上がっていない(立ち上がりがない)のは、実際に現場で使うとなると、液物がたれてきたり、卵が転がって落ちたりと、結構使い勝手が悪いと思ってやめてしまいました。
Posted by ユハ at 2005年09月28日 23:27
ステンレストップにするなら,やっぱりヘアラインがいいです。
どうもエンボスは好きじゃなくて^^;
だから人大にした,というのもあります。

レミューの人大はコーリアンなので,その点は気に入っているのですが,キュイジアのこの人大もすごそうですね。
性能としてはコーリアンとくらべると同じくらいなのかな?
(耐熱温度が360℃っていうのは同じですよね。)

立ち上がり・・・たしかにほしいところですね。
面取りしてないカウンターも危険ですね・・・。
このへんのことって常識的なことだと思うんですけど,開発してる人って男性なのかなあ?
意匠性を重視したために犠牲になったのかな・・・。

TOTOにいってキュイジアの実物がみたくなってきました!
Posted by うさこ at 2005年09月28日 23:46
ユハさん、こんにちは!
貴重なご意見有難うございます。
このブログは家づくり進行中の方がご覧になっている事が多く
ユハさんのように家づくりの先輩(?)がコメントを入れてくれると
また違った盛り上がりを見せるのではないかと密かに期待してます(笑)
こんごともぜひぜひ〜☆
Posted by ナベ@SR★調査隊 at 2005年09月29日 01:58
そういえばうさこさん、かつて某パタパタする機種を検討してる時
トップをラインエンボスにするか人大にするか迷ってましたっけ。

コーリアンはコーリアン、やはり世界のデュポンです。
・・・・が、詳しい比較はわかりません(笑)

立ち上がりと面取り・・・ 立ち上がりはともかく、面取りはPL法的にもちょっとまずいと思うんだけどな〜

キュイジア、続きもお楽しみにー☆
Posted by ナベ@SR★調査隊 at 2005年09月29日 02:08