2005年08月24日

特捜!建築家の住設 第2話

今日もプチッと応援お願いします。⇒感謝感謝です☆
【人気blogランキング】 
 皆さんの応援でこのブログはなりたっているのです!!

≪夏休み特番!≫
特捜!建築家の住宅設備   光設計の巻 第2話

前へ        1話  2話  3話    次へ

ナベ:それでは続いてお風呂のほうを見させてもらっていいですか?

栗原:どうぞどうぞ、お風呂は二階の一番いい場所に陣取ってます。
   今回もっとも力を入れた部分でもあるんですよ!

ナベ:おおーーーっ!
   これは素晴らしい! まるで温泉旅館だっ!!
   (※画像をexblogぽっくアップしてみました♪)

KEH浴室内



KEHお風呂kara


ナベ:完全な造作の浴室ですね〜、この雰囲気はシステムバスでは
   逆立ちしても真似できませんよ!

栗原:ナベさんがいつも調査してるシスバスにも良い所はたくさん
   ありますけど、光設計ではお風呂だけは造作にこだわって
   るんです。 こればっかりはシスバスでは実現できませんから。


ナベ:そのとおりですね、シスバスでも高額な木目調の商品がありま
   すけど本物には敵いません。 この木のいい香り、本物です!
   匂いだけでも癒されますね〜
   浴槽も当然のように木製ですが、え〜と樹種は・・・

栗原:高野の槇(マキ)です。

ナベ:浴槽では最高級とされている、高野槇ですかっ!
   ふろフタもこれは・・・ さわらですね。 すっごいな〜

栗原:壁と天井には耐水性に優れているカナダ杉を張ってます。
   このカナダ杉もいい匂いがするんですよね。


KEHお風呂の坪庭


ナベ:そして圧巻なのは、この坪庭ですね!
   二階の南側だというのに浴室のガラスは全部透明です(笑)
   しかもこれ、木製の引き戸でフルオープンにできるんですね!

栗原:でも不思議と外からは覗けないようになってるでしょ?
   坪庭はヤマモミジを中心に色々な植栽を楽しめるように造って
   もらいました。


ナベ:ほほ〜、この竹の竿に水を流すと水やりができるように細工
   されてるんですね〜 凝りまくってます!


KEH洗面化粧台


ナベ:お風呂を出ると広い洗面脱衣室が待ってます。
   床材も籐のタイルだし、完全に温泉仕様ですね(笑)
   昼も夜も一日中このお風呂に何度でも入れそうですね〜
   これぞまさしく癒しのお風呂、どんなシスバスの癒し機能も
   これには到底かないませんね。


明日はさらにすごい事になっている設備をレポートします!

前へ        1話  2話  3話    次へ


【人気blogランキング】 に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/30325039
この記事へのコメント
おぉぉぉ〜。
このお風呂羨ましい。

カラスの行水+子供との入浴で
戦争状態のオイラには
似合いませんけど(笑)。

お手入れ大変そうなのですが
その辺りの工夫はあるのかな?
Posted by daiapapa at 2005年08月24日 11:15
daiapapaさん、いの一番でコメントいただき嬉しい限りです〜☆

「羨ましい・・・そして入浴したい。」
たぶんこのお風呂を見た人はみんなそう思うはずです。
ボクもdaiapapaさんと同じカラスの行水派ですけど
もしこんなのが自分ちにあったら考え変わっちゃいますよ、きっと。

お手入れの「工夫」・・・
さすがお手入れ命のdaia家、やっぱり気になりますよね。
でも当日確認するの忘れちゃいました(笑)
だってそんなことチェックする気にならなかったんです、めんぼくありません!

一般的な観点ではタイルの防汚目地、特殊なとこでは壁&天井に耐久性の高いカナダ杉の採用、そして木製浴槽のメンテ用(?)に浴槽の手前にピットのようなものがあり、スノコがしかれています・・・。

詳しくは、たぶん栗原さんが助け舟を出してくれるんじゃないかと期待してるんですが・・・
Posted by ナベ@SR★調査隊 at 2005年08月24日 11:36
栗原さんがご覧になることを予想して
 昨日は詳しい解説ありがとうございました。
 今日も詳しい解説お願いします。

お風呂の造作するなら絶対こんな感じがいいです〜。(今は無理)
隠居したらこんな空間でゆったりと過ごしたいなあ。

昨日のピタリ賞でこのお風呂プレゼント てなわけないか。
ところで珍しく<続きを読む>が表示されてますが、本文見当たりません。

Posted by たまたま at 2005年08月24日 12:15
たまたまさん、そうですね〜隠居するのには最適!一日何回でも入れますし。でも隠居するまで生きられるかな(笑)

ところで栗原さ〜ん、お呼びかかってますよー♪

それにしてもたまたまさんは細かいところまでよくご覧になってますね、<続きを読む>はボクの操作ミスでスペースが一個入力されてました、指摘されなければ多分ずっと気づかなかったので感謝です。
Posted by ナベ@SR★調査隊 at 2005年08月24日 12:38
daiapapaさん、メンテナンスはそんなに大変ではありません。木の浴槽はいままでも17年ほど使っていますが、普通のバスタブと同じようにスポンジと洗剤で洗うだけです。壁と天井のカナダ杉も風を通しておきさえすればカビの心配もありません。ただ木製のお風呂は将来交換することもありえる(水がもったりした場合)ので、前のすのこをはずして交換できるようになっています。もともとがお風呂すきなので、つい凝ってしまいましたが他に趣味もありませんので、毎日が温泉気分というのも許してもらえるでしょう。
Posted by 光設計の栗原です at 2005年08月24日 15:56
たまたまさん、お呼びいただきありがとうございます。こんなに大きな坪庭ではありませんが、小さな住宅の1階のお風呂に畳1畳分くらいの坪庭をつける設計は光設計ではよくやっていて、建築主さんにとても喜ばれています。お風呂は体を洗う場所だけではなくて、心をリラックスさせる場所と意識してつくるのがいいと思います。雪や雨が坪庭の竹なんかに落ちるのをみながらバスタイムを過ごせれば、多少の会社のストレスは絶対解消されます。ですから隠居の前、会社人間のときこそ、こんなお風呂があると最高です。
Posted by 光設計の栗原です at 2005年08月24日 16:10
栗原さん、お忙しいところ期待どおり詳しい解説を加えていただき感謝感激です!

17年も使っていて問題ないんですか!?それは凄い。
むか〜し昔某ナベ隊員が小さかった頃家にあった木の五右衛門風呂(?)のことを思い出しました・・・
水がある程度漏るようになると、数年おきに専門の職人さんが来て、とりはずしてメンテナンスするとシャキッとしてまた使い続けることができたものです。
それでも寿命は10年ももったかどうか・・・
ついタイムスリップしてノスタルジーにふけってしまいましたが、「隠居の前の会社人間のときこそ」という言葉にも説得力がありますね、勉強になります!
Posted by ナベ@SR★調査隊 at 2005年08月24日 20:12
ナベさん、お風呂の写真はexblogみたいに大きくなって迫力ありますよ。木製のお風呂は入ってみると本当のよさが分かりますよ。ナベさんが仕事でストレス満載のときに、実際に入ってみての特別レポート(ストレス解消なるかどうかの)を今度お願いします....ビール付きで(笑)。
Posted by 光設計の栗原です at 2005年08月24日 22:41
栗原さん、たびたびコメントいただき恐縮です。
「仕事でストレス満載・・・」ってすぐ行かなくちゃです!
お言葉に甘えて特別レポートのためにこんどビール持参で伺わせていただいちゃおうかな(笑)
Posted by ナベ@SR★調査隊 at 2005年08月24日 22:49
うわー!スゴイ!!ほんと温泉みた〜い!
っていうか入りにいきたい(笑)
坪庭も素敵だし,露天風呂気分も味わえますね♪

うちも2階の子世帯の浴室の北側には,脱衣所から出入りできるサービスバルコニーをつくるのですが,こんな風に浴室から眺める坪庭にしてもいいかも,と思いました。

籐のタイルもいいですね!
木のお風呂にするのは無理でも,これならうちにも取り入れられるかな。

あと,浴室のバルコニー側につくる窓は小さい窓にしないで,こういうフルオープンの大きな窓にすると浴室からもバルコニーに出入りできていいかなー,って思いました。

ここで,栗原さんへ質問!
浴室の洗い場の窓が大きいことによって,冬寒くなったりしませんか?
栗原さんのお宅は南側だから大丈夫だと思うのですが,うちは北側なので,ちょっと不安なんです。
フルオープンの窓,すごーく惹かれるんですが・・・。

Posted by うさこ at 2005年08月26日 12:57
うさこさん、お休みしてた分をまとめてコメントしてますね(笑)

坪庭にしても藤のタイルにしても、いいものはドンドン採用されていけばよろしいかと思いますよ!
(う、うらやましい・・・)

栗原さんへの質問ですが、大きいサイズの窓の冬場の冷気対策ですね・・・
ガラスはペアガラス&防犯ガラスの高性能なものが採用されていましたね・・・
北側でも問題ないと思いますが、もし気になるようならさらに高性能な断熱ガラスをそこだけ使う手はあると思います。

でも詳しくは栗原さんに答えていただきましょうか!
栗原さ〜ん、お呼びが掛かってますよ〜♪
Posted by ナベ@SR★調査隊 at 2005年08月26日 13:14
うさこさん、バルコニーの窓を大きくするだけでも坪庭感覚は楽しめます。バルコニーに鉢植えの植物をおいてお風呂から見えるようにすればいいのです。いまそんな設計も進んでいます。冬の対策ですが、まず。ペアガラスにすること。床のタイルは温感タイルといって冷たく感じないタイル(INAXからでています)にするといいです。それと、浴室暖房乾燥機も必需品です。
Posted by 光設計の栗原です at 2005年08月26日 16:16
栗原さんコメント有難うございましたー☆
なるほどINAXの温感タイル・・・ シスバスで大好評なサーモフロアの技術を応用してこの4月から新登場した「サーモタイル」のことですね!
そして浴室暖房乾燥機か・・・
栗原さんのおかげでまたひとつ賢くなりましたっ!
Posted by ナベ@SR★調査隊 at 2005年08月26日 17:23
栗原さん,早速ご回答いただき,ありがとうございました☆

今の図面プランでは,浴室の窓は,洗い場の背面の腰位置の引き違い窓,という感じになっています。
ほんとは浴槽側に窓がほしいのですが,入り口との関係で浴槽側は西に位置するため,隣りのマンションとの関係で壁になっています。

バルコニーに鉢植えをおく,っていうアイディアいただきです!
お風呂に入りながら,緑がみえるっていいですよね♪
窓については,まだ変更がきくと思うので,一度検討してみます!

あとタイルについて。
INAXの温感タイル,調査隊さんの報告を読んでいいなーと思ってました。
でもわが家のお風呂はTOTOのシスバスにする予定なんですー。
カラリ床よりもサーモフロアのほうがいいんですが^^;

浴室暖房乾燥機はつける予定です^^

ありがとうございました!
Posted by うさこ at 2005年08月26日 17:50