2005年07月17日

健康と環境に配慮した住設選び 第2話

【ブログランキング】←いつも応援有難うございます!今日もプチッと☆
             皆さんの応援でこのブログはなりたっています
 

★ 健康と環境に配慮した住設選び 2話 ★

シックハウスってなんだ? その2

 

前へ
           
次へ

 

こんにちは! 懲りずに今日も見に来てくれましたね!

ちゃんと、きのうの宿題はやってきてくれましたか!?

 

よろしい、・・・ゴッホン(笑) では今日も始めましょう!

特に今日は文ばっかしですから寝ないようにっ(笑)

 

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

さて、、(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター発行の

シックハウス相談回答マニュアル 2004年」によれば、

 

 

シックハウス症候群とは〜中略〜症状が多様で、症状発生の仕組

みをはじめ未解明な部分が多く、また様々な複合要因が考えられ

ることから、この症状を「シックハウス症候群」と呼んでいる。

 

またシックハウス症候群が発症したした人の居住する住宅や化学

物質濃度の高い家を「シックハウス」と呼び・・・

 

これらを総称して「シックハウス問題」ということが多い。

 

 

・・・と書いてありましたよね?

で、これも今回のお題、「シックハウスってなんだ?」のひとつの答え

には違いないのでしょう。

 

ただ同マニュアルで不思議なのは、シックハウス症候群と化学

物質過敏症の違いを聞かれた時の答えです・・・


シックハウス症候群は原因となる住宅を離れることで、のどの刺激

・痛みや頭痛・集中力困難などといった症状が消えてしまうが、

化学物質過敏症は微量でも原因となる化学物質に触れると症状が

出る場合があるといわれている。

 

 

違うと明言してるわりには、わかったようなわからないような妙な

説明に僕には思えます。

 

この解説、よくよく考えるとすごく変ですが、あえてそのことをいま

深く言及するのは意味がないので止めときましょう。

 

前回の冒頭で、「建築関係者でも正確な答えに苦しむ」と言った

のはこのへんで、症状や原因・仕組みも曖昧で、言葉の定義すら

曖昧なんですから、苦しむのは無理もないわけです(笑)

 

 − − − − − − − − − − −− − − − − − − − − 

 

むしろ僕がここで問題に思えるのは、シックハウス症候群が、

居住に起因するVOC(揮発性有機化合物)による健康障害

という狭い意味で扱われている点です。

 ※VOCVolatile Organic Compounds)

 

おそらく皆さんが知っているシックハウスの意味も、この狭義の

扱い(化学物質過敏症を含めた扱い)のことだと思います。

 

欧米諸国に比べ、特に日本ではホルムアルデヒドを主たる原因

とした化学物質過敏症が社会問題化したためこのような解釈に

なったようです。(シックハウス症候群は日本だけの造語で欧米

ではシックビルディング症候群という呼び方をされています。)

 

結局、シックハウス症候群の言葉の定義は公的機関で正式に

されているわけではないようですし、その事をとやかく言うつもり

もありません・・・ これはもっと時間が必要でしょうから。

 

なかにはシックハウス問題=(イコール)化学物質過敏症の問題と

短絡的な捉えかたをされてるような人もみられます。

 

ここで注意してほしいのは、建築物に起因する健康障害は

なにも化学物質過敏症だけではない、ということです。

 

ですから広義の意味でシックハウス問題を語るなら・・・

建築物に起因する様々な直接的及び間接的な健康障害

ということになろうかと思います。

 

今後この連載では、このスタンスで話しを進めてゆくことにします。

 

じゃあ他にはどんな健康障害があるの?ってことを次回以降に

詳しく紹介してゆきましょう。

 

このへんは住設に直接関連づけるのが難しいのですが、

これを学ばずには先に進めませんので辛抱して下さいね。

 

次回につづく・・・

 

このサイト&リンクはすごいです化学物質過敏症 支援センター

 

ちなみに「シックハウス症候群」を医学的な見地から説明すると、

『医学的に確立した単一の疾病ではなく、居住者の健康を維持する

という観点から問題のある住宅において見られる健康障害の総称』

という解釈が優勢のようです。

 
前へ
   2        
次へ

 
【ブログランキング】に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければご協力下さい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/28188810
この記事へのトラックバック
YAHOOのTOPで注目すべき記事を発見しました。 Yahoo!ニュース - 共同通信 - 新築住宅の1%に有症者 厚労省研究班の全国調査 シックハウス症候群について発症率や住居環境との関係を全国規模で総合的に調べたのは初めてなんだそうです。 以前にうさこさんがシック
安心・安全な家づくり【LaLaLa♪な節約家計簿】at 2005年07月25日 19:44
この記事へのコメント
ワタシも以前から、シックハウス症候群と過敏症の違いが良く分かりませんでした。
定義自体が良く分からない・・・。
どちらにしても原因物質は同じなんですよね?

シックハウスのことは必ず頭の片隅に置くようにしています。
これから詳細の打ち合わせが入ってくると思うので、建材1つ1つをよく確認していきたいと思います。

教えていただいたマニュアル、必要箇所のみプリントアウトしてみました。
知っていることもありますが、やはり知らないことが多いですね。
今、赤線引きながら読んでいます!

Posted by LaLaLa at 2005年07月19日 18:47
LaLaLaさん、ようこそ! 難しい世界へ(笑)
日本での公式な定義はまだ確定するに至っていません。
大勢いる専門家達だって早く確定したいはずなんですが、それができないわけです。
ただ、化学物質過敏症は「非アレルギー性の過敏状態になる病気」で原因は住居だけに限りませんし、
S.H.症候群のほうは「住居が原因の様々な健康障害の総称」で、ある意味このふたつはかぶる部分がある。
・・・というのが僕の解釈です。

赤線引きながらですか! 素晴しい学習意欲です!
でも忘れないで下さい、一番頼りになるのは自分の「センサー」です。
Posted by ナベ@SR★調査隊 at 2005年07月20日 01:32