2005年06月23日

トステム キッチン クレディアの巻 第7話

【ブログランキング】←今日もプチッと応援お願いします!(有難うございました)
 
≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.11≫
★ トステム クレディアの巻第7話
 
前へ 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 次へ

 ショールームのお姉さん

 
 
 
 
こちらは新装備のL型用コーナーキャビネットでございます。
 L型用コーナーキャビネット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナベ:おおっ、これも珍しいですね〜 L型コーナーの新しい利用法としては
    最近ワゴン形式のものがサンウェーブやクリナップ、電工などが出し
    てましたよね。 引き出しタイプってのはなかったんじゃないですか?
 
隊長:そうね、内引き出しも内臓しててなかなかよくできてるわ。
    収納としての使い勝手はワゴンタイプよりきっといいし、以前からある
    開き扉+内部の回転棚タイプに比べたらはるかに使い易いわ・・・
 
ナベ:「でも、デッドスペースの多さが欠点よ」って言いたんですよね?
    しかし収納って使わなきゃ意味ないですからね、気軽に使えるこの
    方式も今後増えてくるんじゃないですかね。
 
隊長:そう(笑)、あとはこの収納を引き出してると隣の引き出し類が使え
    ないっていう点もね、まぁ当然だけど。
 
ナベ:結局トステムはデッドスペースを使い切ることより、使い勝手を優先
    させたってことですね。 
 
隊長:最後にむこうに展示してある新しいタイプも見てみましょう。
 ショールームのお姉さん
 
 
 
 
こちらは新形状、ラウンドフォルムアイランドでございます。
 ラウンドフォルムアイランド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナベ:ラウンドというだけあってカウンターに角が一切ないんですね。
    でもこれってどんなメリットがあるんですかね?
 
隊長:角が丸めてあるから小さい子供が頭をぶつける心配はないわね。
    それにみんなで囲んで作業する時なんかにいいかも・・・
 
ナベ:ふ〜ん、なるほど・・・ でも僕には、妙にカウンターがでかくて角を
    丸めただけのキッチンに見えちゃいます(笑)
 
隊長:ごもっとも。 キャビネット自体に何か工夫があるわけじゃないし、
    普通のキャビネットに特殊な形状のカウンターを載せただけよね。
 
ナベ:ですよね。 この柔らかい雰囲気はとてもいいと思うんですけど・・・
    なんだかスペースがもったいない気がします。
 
隊長:まぁ、もともとアイランド型はスペースに余裕がないとプランできない
    だろうから、その辺はともかく・・・ やはりコンセプトが中途半端ね。
 
ナベ:その割りにお値段も結構しますし、まだまだこれからっていう感じ
    のモデルですね。
 

次回に続く…

 
前へ 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 次へ
 
私達はこのブログをなるべく多くの方に見ていただき、一人でも多くの方に
住宅設備を選ぶ際のお役に立つことを願っています。
そのための手段のひとつとして【ブログランキング】に登録しています。
少し面倒かもしれませんが、まだクリックしていなければぜひご協力下さい


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/26047905
この記事へのコメント
こんちには!
L型コーナーキャビネットは取り外してお掃除出来るのですか?
出来るんですよね〜
同業者なんだらか見に行け!って感じですよね・・・すません・・・
Posted by 荒木です at 2005年06月23日 17:19
わたしは間取りの関係上,キッチンをL型にしたので,コーナー収納はどこも力を入れてチェックしてましたが,トステムのコレは今までにない新しいカタチですね!

あと,同じラウンドフォルムでも,集いフィットや,ヤマハのものとはまた違う感じなんだなーとお二人の会話を読んで思いました(笑)
Posted by うさこ at 2005年06月23日 17:49
荒木さん、こんにちはー☆
取り外しは当然できると思います。
確認はしてませんが・・・
気が小さい調査隊としては、ショールームでそこまではちょっと(笑)

ところで吉野杉を見に行かれたようですね。
実は私たちは今日、木曽の檜を見に行ってたんです!
さきほど帰ってきたところ・・・遠かったです。

いつも応援していただいて有難うございます!
Posted by ショールーム★調査隊 at 2005年06月23日 21:00
うさこさん、連日コメント有難うございますー☆

コーナー収納・・・ L型で組もうとしているうさこさんにとっては重要なアイテムのひとつですね。
理想を言えば、クレディアのL型上部引出しの下にピットのワゴンが付いて、
しかもそのトップが作業台としても使えるもの・・・ って、ちょっと欲張りすぎ(笑)

ラウンドフォルム・・・ 元祖はやはりドルチェなんですね。
集いフィットのスマイルラインはドルチェ対策機の位置付けで
それなりの存在感は確かにありますね・・・

ところがクレディアはどういうわけか中途半端なコンセプト。
どうせならもっと派手にデザインしちゃえばいいものを・・・
価格だけが妙に高く感じてしまいます。

いつもよ〜く読み込んでいただいているので、私たちとしてもやりがいがあります、感謝!
Posted by ショールーム★調査隊 at 2005年06月23日 21:16
こんにちは。
他社のワゴン型のキャスターは良くあるやつで床の傷が心配でした。
これなら安心ですね。でもデットスペースは確かに多い。
クリナップなどは三角ワゴンもありましたよね。
うーん・・・どっちがいいのかな?

ラウンドフォルムは「スペース取り過ぎ」、「値段高すぎ」って感じで現実感が沸きません。(笑)でもかっこいいです!使ってみたいな〜。

Posted by イチローの兄貴(北村です) at 2005年06月24日 08:21
イチローの兄貴さん、こんにちは。

おっしゃるとおり、ワゴンタイプは床への傷が少し気になる場合があるかもしれませんね・・・

また鋭い観察眼でコメントお願いします!
Posted by ショールーム★調査隊 at 2005年06月24日 09:11