2005年05月17日

ミカド キッチン アティスタの巻 まとめ&価格

【ブログランキング】←今日もプチッと応援お願いします!(有難うございました!)
 
≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.8≫
★ ミカド アティスタの巻第5話
 
前へ 1話 2話 3話 4話 5話
  
ショールームのお姉さん 
では新登場のフレックスカウンターのご紹介をいたします。
 
 
フレックスシンク
 
 
 
 
 
 
 
 
ナベ:なんですか、これ? ただのコンロだけのオープンスタイルユニットですよ…
 
隊長:後ろ側を見てごらんなさい、シンクユニットがないわよね?
 
ナベ:えっ? そう言われてみればそうですが…
 
隊長:これはね、このカウンターが…
      (カチャ、シュバー!)
フレックス1
フレックス2
 
 
 
 
 
 
 
ナベ:ウオーッツ、カウンターの中からいきなりシンクが現れた!?
       こりゃまた、どえらく斬新なアイデアだ!
       カウンターがスライドしてシンクが現れるシステムキッチンなんて、
       見たことも聞いたこともないぞ!
 
隊長:あの〜ちょっと興奮しすぎじゃ…(汗)
 
ナベ:これは間違いなく業界初だ!
      いまここに私は命名しよう!
      これはまさに「ひらけゴマ★キッチン」だっ!
 
隊長:もしもし?
 
ナベ:しかも!カウンターと連動してシンクからかっこいい水栓が飛び出してきたっ!
       なんて手が込んでいるんだ!これじゃサンダーバードの秘密基地だぞ!
 
隊長:感激するのも無理ないけどお仕事に戻っていただいてよろしいかしら(笑)
 
ナベ:はっ!失礼しました…
       それにしてもコレはメカ好きの男心をくすぐるキッチンですよ。
       閉める時も完全に閉じる3cm手前で一旦停止して、ロックを解除すると
       最後まで閉められる指詰め防止の安全機構付きです。
 
隊長:たしかにカウンター連動で上下する専用シャワー水栓が付いていたり、
        安全性への配慮も怠りないわ。 たんにカウンターが延び縮みするだけの
        アイディア勝負のキッチンに終わっていないところは拍手よ…
 
ナベ:えっ?その雰囲気はなにか言いたげな…
 
隊長:どうも私の貧困な発想ではこのキッチンが生かされる空間をイメージ
        できないのよね〜 セカンドキッチン的な使い方なんでしょうけど…
        まさかこのモデルをメインのキッチンで使うって人はまずいないでしょ。
 
ナベ:隊長、こういう新しい発想で生まれたものは使い手がその使い途を
       発見していくもんじゃありませんか!
 
※フレックスカウンターは都築ショールームには展示されていません。
   都内ですと麹町のショールームに展示があります。
 
       …といった所で、今日もそろそろまとめのお時間です。 どうぞ!
 

 
今回のまとめ
 
関西方面では3大キッチンメーカー(タカラ・クリナップ・サンウェーブ)に次ぐシェア
をもつミカド。 全国レベルでは販売台数6位、販売金額7位(2003年)の実績です。
話しでは、現在工場はフル稼働で生産が追いつかないほど好調だとのことです。
競争が激しく、厳しい環境のこの業界でひさびさに聞く景気のいい話ですね。
この勢いなら全国レベルでも関西と同じポジションにつくのはそれほど難しくない
かもしれません。
 
今回の調査対象のアティスタはテレビCMでも有名なミカドの看板モデルで、すでに
報告したように他社とは一味ちがうアイディアが盛り込まれた最上級機です。
ただしミカドの中では最上級機ですが、業界全体の中で考えると中〜上級グレード
ということになります。
 
ミカドのキッチンは全般的に、素材の質がどうのというより、独特な気配りによる
他社にはない機能やアイディアで勝負をしているように思います。
包丁フラップやホライゾンパレット、ジェニックの特許登録済アクティブスライド
キャビネットなどなど他では見られない変わった(失礼)装備が魅力です。
このへんを気に入る事ができれば価格競争力はとても強いメーカーですので、
おそらくとても満足できる買い物となることでしょう。
 
サイズバリエーションに関しては上級機として可もなく不可もなく、極め細やかな
対応というほどではなく、場合によっては希望のプランが組めない事もあるかも
しれません。 また特にリフォーム市場を意識したラインナップもされていないよう
です。
 
記事にも紹介しましたが扉の面材がとても独特なバリエーションをもっている事も
特記すべき点でしょう。 ある意味そうとう勇気がないと選べない色彩もあり、逆に
個性的な魅せるキッチンを組みたい人にはたまらないでしょう。
 
アティスタの弟分の〈レシタ〉の登場で、恐らく今後ますますミカドキッチンの勢い
は増していくことでしょう。
関東以北の方たちもミカドという聞きなれない名前に惑わされずにぜひ一度
ショールームでその魅力に触れてみることをお奨めします。
 
ミカドの営業氏いわく〜関西人の作ったキッチン〜が、今後どんな展開を見せる
のか、目が離せなくなりました。
 

 
ナベ:有難うございました。
       正直に告白すると、僕は今回ショールームに行く前まではミカドに対して
       あまり期待してませんでしたが、今ではミカドはとても気になるメーカーの
       ひとつになりました。
       さて隊長、次回の調査ですが今度はどちらに?
 
隊長:キッチンメーカーとしてはとってもマイナーな存在なんだけど
        給湯器ではトップシェアを持つ○ー○○よ!
 
ナベ:一般の方ならキッチンを製造している事じたいあまりご存知ない人も多い
       のではないでしょうか。
       でも面白そうですね。給湯器屋さんの発想で生まれたキッチンか!
        さ、調査、調査!
 
参考価格 ¥1,110,060- (税込)
   儀 間口255cm
   ベーシックスタイル・スライドオープン食洗機セット
   扉シリーズ:レピア/シェルム/ヴェルタ(中の下グレード)
   オールスライド/ホライゾンパレット
   Doシンク
   ステンレストップ(エンボス)
   食器洗い乾燥機(引出し式・ブラック色)
   シングルレバー水栓
   フッ素トップ3口ガスコンロ(シルバー色)
   ブーツ型レンジフード・プロペラファン(ブラック色)
 
 
 
 
(住まいのショールーム★調査隊 第7回出動終了)
 
前へ 1話 2話 3話 4話 5話
 
私達はこのブログをなるべく多くの方に見ていただき、一人でも多くの方に住宅設備を選ぶ
際のお役に立つことを願っています。
そのための手段のひとつとして【ブログランキング】に登録しています。
少し面倒かもしれませんがご覧いただいた後にワンクリックご協力いただけると助かります。
 


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/22251225
この記事へのトラックバック
うちのキッチンはミカドです。 標準の設定では、ノーティルというシリーズだったんですが、実際にショールームを見て、あまりに質感が良くなかったので、追加料金を支払って、ジェニックというシリーズにしてもらいました。 キッチンというのは、クルマと同じような感じ.
ミカドのキッチン【建築家と建てた家での生活】at 2005年06月22日 21:46
我が家はミカドのキッチンです。 ジェニックというシリーズの物です。キッチンは、扉やトップの材質からいろんな機能まで、選択の幅が非常に広く、それ故にお値段も大きく違ってみます。それこそ、10数万円から数百万円までバリエーションがあります。 で、もちろん、各社....
キッチンの扉の機能【ミカド】【建築家と建てた家での生活】at 2006年03月14日 22:29