2005年05月09日

松下電工 キッチン フィットアイの巻 まとめ&価格

【ブログランキング】←今日もプチッと応援お願いします!(有難うございました!)
 
≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.7≫
★  松下電工 フィットアイ(Fit i)の巻第7話
 
前へ 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話
 ショールームのお姉さん
 
 
最後に、体験コーナーをご覧下さい。
 
 
ワタナベ・・・クリナップやINAXにもあったような体験コーナーですね。
              でもここの体験コーナーはかなり大がかりですね、さすが松下。
 
ハタイ隊長:キッチンの高さやスペースの確認できるようになっていて、収納量についても
               わかりやすくなっているわ。 これは嬉しいコーナーよね。電工体験コーナー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ワタナベ・・・最近奥行きの深いオープンキッチンが人気ですけど、狭いDKに入れよう
              とするとキッチンと食器棚ユニットとの距離が狭くなりがちなんですよね…
 
ハタイ隊長:ここでその距離を実体験してもらえば、できちゃってから「こんなに狭かった
               の?」なんてトラブルがおきる心配がなくなるわね。
 
ワタナベ・・・専門家でない限り図面だけでは、距離感や圧迫感はわかりません
               からね、ぜひこういうコーナーで実体験して確認することをお薦めします。
 
 
               ・・・では隊長、そろそろこのへんでまとめをお願いします。 どうぞ!
 

 
今回のまとめ
 
この4月は昨年TOBで松下電産の子会社化した松下電工にとって、新しいスタートの
月といえるでしょう。 各地のショールームもリニューアル工事を行っているようですし、TV
CMでもTOKIOの国分太一さんと松岡昌宏さんを起用した『わが家見なおし隊』キャン
ペーンを放映するなど気合十分といったところです。
 
システムキッチンの分野でのシェアは中堅どころといった松下電工ですが、松下電産との
キッチン部門統合により電工のシェアはキッチンメーカー3強(クリナップ・タカラスタンダー
ド・サンウェーブ)に並ぶこととなるのはほぼ間違いありません。
 
今回の調査対象「フィットアイ」は、汐留ショールームでも入口正面の一番目立つ場所
に展示してありますし、テレビCMにもTOKIOと共演?していることからもわかるとおり
「新生」松下電工が現在最も注力しているシステムキッチンといえるでしょう。
(テレビCMにトップアイドルを採用するなんて異例では!? もっともTOKIOがはたして
 適役なのか疑問が沸かないわけではありませんが…)
 
そんなフィットアイは今回なんとユニバーサルデザインモデルとして登場しました。
ライバル3強がユニバーサルの「ユ」の字も唱えていないにもかかわらず、今回電工が
Nationalブランドの中核となる機種にU.D.モデルをもってきたことは非常に重要なポイン
トです。
 
特にトレンドメーカーのクリナップがこの4月に発表した新型クリンレディーとS.S.の売りが
今更の「静音化の向上」と「シンクの清掃性向上」(スーパーサイレントe-シンク)だけと
あって、少々お疲れ気味?のライバルに比べてとても新しい方向性をもったモデルに感
じられます。
 
少し大袈裟ですが、フィットアイは日本のシステムキッチンの流れを変える可能性を秘
めていると思います。少なくとも今まで特殊だったユニバーサルモデルを表舞台に立た
せた功績は業務提携しているTOTOと共に高く評価されるべきでしょう。
 
内容的には、名前に「フィット」が付いていても「集いフィット」もまだ併売されていること
からいって完全なニューモデルです。   すでに報告したとおりユニバーサルモデルとは
いっても特殊な形態のモデルではなく、TOTOの「スーパーレガセスユニバーサルモデル」
をさらに一般向けにしたような機種で、年齢や身体的な障害があるなしに関わらず誰
にでもお薦めできるように仕上がっています。その意味では本来のユニバーサルのあるべ
き姿に近く、コンセプト自体は現状で最も理想的なU.D.モデルだと思います。
 
全体的には電工らしいそつのない造りなのですが、ユニバーサルモデルとしてチェックす
ると、まだまだ煮詰めが足りない部分もあり、手放しで褒めるわけにはいきません。
文中でも報告したとおり、電動昇降機器の操作ボタンの問題やO'madeには用意され
ているプッシュオープンフロアストッカーなどの未装備など既存の技術が利用されてない
などはその一例です。 電工と電産の技術部門の一体化がまだ十分機能していない
のでは?と勘ぐりたくなってしまいます。
 
また、収納やアイレベル機器についても文中で報告したようにサンウェーブをはじめとし
た各社の製品と比べてしまうと物足りない部分です。 電動リフトアップ水切り棚のよう
な大技もいいのですが、もっと主婦の細かい要望を取り入れた機能パーツも増やして
欲しいと感じました。
 
電気機器類に関してはさすが松下といえるラインナップで好みに合わせて最新の機器
を組むことができます。 個人的には電産製の95℃のお湯が出る浄水器に興味がある
のですが、どういうわけかカタログ上に載せられていません。オプション扱いで付けられる
はずなのですが…。
 
文中では報告できませんでしたがサイズバリエーションに関しては平均的で、リフォーム
に採用したい場合はフィットアイではおさまらないケースもあるでしょう。リフォーム専用の
「Spita」が用意されてるとはいっても次回はぜひ主力のフィットアイにも奥行きのサイズ
を増やして欲しいものです。
 
今回は後半少々辛口のまとめになってしまいましたが、それもこのモデルの将来性に期
待するものが大きいゆえの事ですのでご了承いただきたいと思います。
 
Nationalという圧倒的なブランド力と他社を寄せ付けない電気機器の開発力をもつ
「新生」松下電工はライバルにとって脅威の存在であることでしょう。しかしながら、こと
キッチンに関しては使い手の要望をどれだけ細やかに商品化できるかがポイントです。
フィットアイは今回特許40件、商標登録5件出願中ということですが、その新しいアイデ
ィアがどれだけ消費者に受け入れられるか?非常に興味深いところです。
 

  
ワタナベ・・・いやぁー今回も予想はしてましたけど長いまとめでしたね〜
              電工にはまだまだ魅力的なモデルがありますから、今後の調査が楽しみ
              ですね!
              では隊長、次回の調査は前々回に予告したとおり…
 
ハタイ隊長:「関西で造られたオリジナリティーあふれるキッチン」ね!
 
ワタナベ・・・了解です!
               ゴールデンウィークも明けて、いよいよ本格的に働きますよ〜
               さ、調査、調査!
 
参考価格 ¥1,109,760- (税込)
   儀 間口255cm
   座るワゴン+食器洗い乾燥機プラン
   扉シリーズ・FT30(中間グレード)
   オールスライド収納 ※ブルモーション付
   デコミドルシンク
   人造大理石アクションカウンター(ペプルホワイト)※
   汚れはがしミスト食器洗い乾燥機(引出し式・シルバー色)
   シングルレバー水栓
   フッ素トップ3口ガスコンロ(シルバー色)
   ブーツタイププロペラファン(シルバー色)
※通常のステンレスカウンターだと¥993,510- (税込)
 
 
 
(住まいのショールーム★調査隊 第7回出動終了)
 
前へ 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話
 
私達はこのブログをなるべく多くの方に見ていただき、一人でも多くの方に
住宅設備を選ぶ際のお役に立つことを願っています。そのための手段の
ひとつとして【ブログランキング】に登録しています。少し面倒かもしれませんが
ご覧いただいた後にワンクリックご協力いただけると助かります。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/21390386
この記事へのコメント
こんにちは!
今回はNationalのレポートを早めていただきありがとうございました。
いずれも細かく丁寧なレポートで興味深く読ませていただきました。

Nationalに限らず、今までのレポートを読み直す&
カタログを手にして検討する毎日です。
何が良いのか分からなくなりつつありますが
最後には納得できる物を選びたいと思います。

今後のレポートも楽しみにしています。
また何かわからないことがあったら教えてくださいね。
これからもよろしくお願いします!
Posted by LaLaLa at 2005年05月09日 15:05
LaLaLaさん、こんにちは。
なんとかご要望にお応えできたようでなによりです。
今回は長編でしかもG.W.をはさんでしまったから最終話までずいぶんお待たせしてしまいましたね。

まだ決定までに時間があるなら、何が良いか分からなくなりつつある過程はいい事かもしれません。
当たり前の事ですが、選ぶ楽しみは購入した後では決して味わえませんからね、今のうちです(笑)
今後も私どもでよければ何なりとご相談くださいね。
LaLaLaさんのようなエンドユーザーからの生の声は、業界発展にも役立つはずですから、どんどんお願いします!

LaLaLaさんのブログも応援してますから、お互いがんばりましょうね!
Posted by 住まいのショールーム★調査隊 at 2005年05月09日 22:04