2005年04月26日

ナショナル システムキッチン フィットアイの巻 第2話

【ブログランキング】←今日もプチッと応援お願いします!(有難うございました!)
 
≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.7≫
★  松下電工 フィットアイ(Fit i)の巻第2話
 
前へ  1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 次へ
  
ショールームのお姉さん
 
 
こちらが最新モデルの「FiT顱淵侫ット アイ)」でございます。
 フィットアイ全体
フィットアイ
 フィットアイロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ワタナベ・・・こんどのフィットアイのキャッチフレーズは「らくらくキッチン」ということです。
               どうも「らくらく」というのはマーケティング上、重要なキーワードのようですね。
               各社なんだかんだでこの「らくらく」を売りにしてますから。
 
ハタイ隊長:今回のフィットアイの「らくらく」はユニバーサルデザインの考えに基づいてるわ。
                もともと松下電工は車椅子や介護ベッドなど多くの介護用品を販売や、
                介護施設の運営をしてるのよ… 幅広い介護ビジネスを展開してるようね。
                水廻り設備でいえば業務提携しているTOTOと並び双璧よ。
 
ワタナベ・・・ユニバーサルデザインといえばTOTOの「スーパーレガセス座ってラクラクプラン」
               がズバリU.D.モデルでしたね。 あれは体の不自由な人にも対応できる本格的
               なモデルでした。 見た目からして普通じゃなかったレガセスに比べてこのフィット
               アイはパッと見ごく普通な感じがしますね〜。
 
ハタイ隊長:「スーパーレガセス座ってラクラクプラン」に相当する機種はまた別にあるのよ。
                それは また後で見ることにして、こっちはより一般的なユニバーサルデザイン
                モデルよ。フィットアイは売れ筋の中級グレードをユニバーサルデザインに
                したって所にすごく意義があると思うわ。
 
ワタナベ・・・なるほど、たしかレガセスの時に隊長は「もっと一般的なユニバーサルデザイン
               モデル」の登場を望みますっていう主旨の事を言ってましたけど、フィットアイ
               がまさにそんなモデルである可能性があるわけですね!
 
ハタイ隊長:そうよ! かといって小手先のユニバーサル度では合格点はあげられないわ。
                まずはそのへんのユニバーサル度から確認していきましょうか。
 
 
ショールームのお姉さん
 
 
こちらが座ってもらくな「座るワゴン」でございます。
 
座るワゴン
 座るワゴン2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ワタナベ・・・おーっ、一見引き出し収納だと思ってたのが実はワゴンでしかも椅子に
              なってるんだ! 普通の引き出しにしか見えないって意味では、もの凄く良く
              できてますね〜。 背板が扉と同じ化粧板を使っているし、キャスターの部分
              までしっかりカバーが付いていてデザインが統一されてますよ。
 
ハタイ隊長:ホントよくできてるわねー、引き出さなきゃこれが「座れるワゴン」だとは
               誰も気づかないでしょうね。 この「座れるワゴン」は以前からO'madeにも
               あったんだけど、スグにワゴンと判るものだったわ。 グッと進化したわね。
 
ワタナベ・・・強度的にもかなり丈夫に作られていますね。椅子としてもなかなかいい感じ
              がしますよ。 (クルクルッ!)
 
ハタイ隊長:コラ回るなっ!(笑)
               松下電工によれば座ったときの脚への負担は89%も軽減されるらしいわ。
 
ワタナベ・・・疲れた時や長い下ごしらえの時にちょっと腰が掛けられるっていうのは魅力
               ですよね〜  いやいや、すばらしいじゃありませんか!
 
ハタイ隊長:でも専用のスツールとは違って高さの調節ができないからイレギュラーな体格
               の人だと足が入らない場合があるかもね。
 
ワタナベ・・・なるほど、そこらへんは完全なユニバーサルデザインとは言い切れない部分
               ですね。 〜大人から子供まで〜っていうのがU.D.の基本みたいなものです
               から。 でもそこらへんは割り切りでしょう。 その代わり見た目が普通でしかも
               イスの下に収納まであるんですから、これ以上は高望みってもんです。
 
ハタイ隊長:そうね、そこらへんは目をつぶらなければいけないかも。 単体価格も4万円
               程度だから十分納得できるわ。
               ただし、これを選択した場合、流し下の収納量が半減する事だけは覚悟し
               なければいけないわ。
 
ワタナベ・・・でも一応シート下に深型網カゴ2段と、浅型カゴが一段ついてますからね、
              ラップやキッチンペーパーなどが入れられて結構実用的じゃないですか?
              逆に絶対的な収納量に余裕があれば絶対採用したい装備だと思います!
 
ハタイ隊長:そうね、フィットアイを選ぶというならね…(モヤモヤ)
 
ワタナベ・・・う〜む、隊長またモヤモヤした気分になってきちゃったんですね、
              こんなによくできた装備を目の前にして!(笑)
 
ハタイ隊長:ま、それはまた後で。 ところで「座ってもらく」って部分は「座るワゴン」以外
               にどのへんが違うとこなのかしら。
 先端開閉式混合栓
フィットアイ電動昇降水切り棚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ワタナベ・・・目に付くのは先端開閉式の混合水栓ですかね。 これは業務提携してる
               TOTO製のものでしょう。 全く同じです。 あとは電動昇降機器類ですか。
               TOTOのように全てにおいて座って作業する事を前提には考えられていな
               いようですね。 あくまで疲れないように腰掛ける程度…
 
ハタイ隊長:じゃあ次は〜立ってもらく〜っていう部分をチェックよ!
 
 

次回に続く…

 
前へ  1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 次へ

 
私達はこのブログをなるべく多くの方に見ていただき、一人でも多くの方に
住宅設備を選ぶ際のお役に立つことを願っています。そのための手段の
ひとつとして【ブログランキング】に登録しています。少し面倒かもしれませんが
ご覧いただいた後にワンクリックご協力いただけると助かります。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/20069137