2005年04月25日

松下電工 キッチン フィットアイの巻 第1話

【ブログランキング】←今日もプチッと応援お願いします!(有難うございました!)
 
≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.7≫
★  松下電工 フィットアイ(Fit i)の巻第1話
 
       1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 次へ
 
※前回、次の調査報告の予定で「関西で造られたオリジナリティーあふれるキッチン」
   と記載しましたが、それは繰り延べさせていただき、今回は要望のあった松下電工
   を優先調査としてレポートさせていただきます。(電工も関西ですが…)
 
ワタナベ・・・隊長、今日は汐留スタイル! 汐留(しおどめ)ですね。
              日テレ(ニッテレ:日本テレビのこと)が汐留に移ってからはじめて来ます。
              たぶんここらへんだと思いますが… でかいビルだらけで迷っちゃいますね。
 
ハタイ隊長:まるっきりおのぼりさん気分よね。 ・・・・・・・こ、ここなんじゃない?
               (ババーーーーン!!)
 100年ビル松下電工ビル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
               ・・・しっかし、すごいところにすごいビル建てたものね〜(汗)
 
ワタナベ・・・うひょ〜 これって自社ビルですよね!ビビビ ビックリですね!
               先日大阪の松下電工へも行く機会があって驚いたばかりなんですけど、
               こっちも輪を掛けてハンパじゃないです!
               だてにショールームの街、新宿を捨ててまで汐留に移ってませんね!
 
ハタイ隊長:「100年ビル」=22世紀まで存在し続ける建物、というテーマで2003年4月に
              この新しい松下電工ビルは完成したのよ。
              日本で最初に鉄道ターミナルができたという歴史的な街、ここ汐留にね。
 
ワタナベ・・・これだけのビルを建てるとなると、ものすごい総工費が掛かってるでしょうね。
              さすが松下だな〜 他社とは比べ物にならない財力です。
 
ハタイ隊長:このビル、ヒートアイランド現象(都市が郊外より高温になる現象のこと)対策
               として緑化スペース(24階)も設けられてるし、屋上には太陽光発電が設置
               されていて、1フロア分の照明を3〜4時間点灯できるだけの電力(10.5KW)
               を供給しているらしいわ。
 太陽光発電
 
 
 
 
 
 
ワタナベ・・・環境活動にも熱心ってとこをアピールしてるわけですね、さすが松下(笑)
 
ハタイ隊長:さてと、今日の下調べはどんな感じなのかしら?
 
ワタナベ・・・ハイ! ばっちり下調べしてきましたよ。
              まず最初に「松下電工」という会社と「松下電器産業」という会社は全く
              別の会社だったという事は一般の人にはあまり知られていないですよね。
              いま「だった」と過去形を使ったのは、去年話題の株式公開買い付け(TOB)
              で松下電工は松下電器産業にによって買い取られちゃったからなんですね。
 
ハタイ隊長:へんな誤解をまねくと困るから「子会社化した」と言ってちょうだい(笑)
               一般的には家電もやってる松下電器産業(National Panasonic)しか知ら
               ない人も多いと思うわ。もちろん元をたどれば1918年に故松下幸之助氏が
               23歳の若さで設立した「松下電気器具製作所」がルーツなんだけど。
               建築業界では松下電器産業(業界通称「電産」)より、松下電工
               (業界通称「電工のほうが圧倒的にメジャーな存在なのよね。
 
ワタナベ・・・その電工は1935年に「松下電気器具製作所」が株式会社になって「松下
              電器産業」に改名した時に分社の一つとして生まれたのが「松下電器株式
              会社」で、今の電工の前身なんですね。 1945年には分離独立して現在の
              電工となっているわけです。
 
ハタイ隊長:会社の規模的には電産のほうが大きいんだけど電工は今まで決して電産
               の子会社だったわけじゃなくて、グループ企業として独立していたのね。
               でも今回、諸事情によりルーツが同じ2つの会社が再びひとつになった…
 
ワタナベ・・・そのへんの諸事情は営業氏達の話しを聞いてると非常に面白いんですけ
               どね(笑) どっちが幸之助の精神を正統に引き継いでいるとか色々…
               でも今回の調査とはあまり関係ないので触れるのはやめときましょう。
               建築がらみですと、2001年に衛生陶器のトップ企業TOTOと業務提携
               したのは記憶に新しいですね。
 
ハタイ隊長:2003年に(株)クボタと合併会社「クボタ松下電工外装(株)」ができたの
               にも驚いたわ。 屋根材なんてトップシェアの2社が一緒になったもんだから
               日本の住宅の屋根は8割ぐらいがこの会社が作ってる計算になるのよ!
 
ワタナベ・・・松下グループは連結会社213社、関連会社20社、非連結子会社2社、
              関係子会社1社…というのが現在の状況です。言っててピンときませんが(笑)
 
ハタイ隊長:はい、良くできました(笑)
               それではそろそろ、100年ビルこと松下電工ビルに突入よ!
 
ワタナベ・・・了解です!
 

  
入 館 !
 電工ビル正面玄関
 
 
 
 
 
 
 
 
ワタナベ・・・このビルはB1FとB2Fの広大なフロア面積が「リビングショールーム汐留」と
              して、まるまる松下電工のショールームになってるんですね。
 
ハタイ隊長:システムキッチンなどの水まわり設備から照明器具、エクステリアにいたるまで
               住宅関係が勢揃いしてるのね。このショールームだけで家まるごと1軒分の
               トータルコーディネートが出来ちゃうわ。
 
ワタナベ・・・正面にド〜ンと置いてあるのが、4月21日に発売された「FiT」ですね。
              この「フィットアイ」の前身?の「集いフィット」は電産の製品でしたよね?
 
ハタイ隊長:ここらへんが混乱するとこなんだけど、電工も電産も両社ともキッチンやバス
               などの住宅設備を作ってたのよね。 電工製品のほうがメジャーな存在では
               あったんだけど、その中でも食洗機などの電気器具類は電産製だったりす
               るから消費者にはほとんど理解不能だったんじゃないかしら。
 
ワタナベ・・・ま、でも今回の子会社化によって電産の住設部門を電工が引き継いだ形
              でひとつになったのでわかりやすくなりましたね。キッチンでいえば今まで電産
              で作っていたフィットなどがフルモデルチェンジして電工ブランドの商品に加わ
              ったわけですね。
 
ハタイ隊長:今後ラインナップはO'madeXIMO(オーメイドエクシモ)が最上級機で、次に
               WAVE顱淵ΕА璽屮▲ぁ、続いてFiT顱deco(アイデコ)、C'made(シー
               メイド)という順番に整理されるようね。 ただ、集いフィットもまだあるし、リ
               フォーム用のキッチンとしてSpita(スピタ)も用意されているわ。
 
ワタナベ・・・現在ラインナップの整理中といった所なんですね。で、今回はどの機種に?
 
ハタイ隊長:調査対象は本来なら電工製のO'made(オーメイド)あたりがふさわしいんで
               しょうけど、今回はこの4月にフルモデルチェンジして大きく魅力を増した
               電産系の機種「FiT」(フィット アイ)にしましょう。
 
ワタナベ・・・この「FiT颯侫ット アイ」は相当気合の入ったモデルチェンジのようですね。
               電工の営業氏によれば機能的にも価格的にも、今後この「FiT顱廚
               Nationalブランドキッチンの中核となる機種になるんじゃないかって話
               でしたから。
 
ハタイ隊長:この4月が本当の意味で新生松下電工が稼動するという意味で、フィット
               アイの果たす役目はとても重要よ。恐らく親会社松下電産の入魂の一品
               である可能性が高いわ。 早速チェックを始めるわよ!
 
ワタナベ・・・了解です!
 

次回に続く…

 
       1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 次へ

 
私達はこのブログをなるべく多くの方に見ていただき、一人でも多くの方に
住宅設備を選ぶ際のお役に立つことを願っています。そのための手段の
ひとつとして【ブログランキング】に登録しています。少し面倒かもしれませんが
ご覧いただいた後にワンクリックご協力いただけると助かります。
 


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/19968074
この記事へのトラックバック
以前から気になっていたナショナルのキッチンの新商品『GENEO』 「普及価格帯に高機能を標準装備した…」という記事を読んでいたので、どんなもんかしら?と一度見てみたいと思っていました。 で、今回の帰省の際に行ってきました、汐留のナショナルセンター東京。 久....
FiTiとGENEOの違い【しあわせのちょきんばこ ~マイホームまでの道のり編~】at 2005年11月24日 16:08
この記事へのコメント
ハタイ隊長&ワタナベさん、こんにちは!!

『要望のあった・・・』のくだりは私のことですよね?
先にレポートしていただき、アリガトウございます。
わがまま言っちゃいましたね〜 (^-^)ゞ

今までの流れからして
レポートが『O'made(オーメイド)』だったらどうしよう〜
と思っていたんです。
『fit i』を選択していただいて、うれしい限りです。

明日からの記事、期待しています!!
Posted by LaLaLa at 2005年04月25日 11:40
LaLaLaさん、こんにちは! 調査隊のハタイです。
松下電工、頑張ってます…
ご覧いただいてるかたの要望に応えるのが務めですので(笑)
フィットアイ、なかなかのできばえです。
新生松下電工の鍵を握るモデル、とくとご覧あれ。
Posted by ハタイ@住まいのショールーム調査隊 at 2005年04月25日 12:41
お久しぶりです、maamaです。
帰省の際、汐留のショールームでFiTiと新商品のGENEOを見比べてきました。
あまりじっくりは見ることができなかったのですが、私の第一印象としてはGENEOにはFiTiにはない物があるけれど、やっぱり比べてみるとお手頃になった分だけやっぱり削られてしまった物もあるなぁ…でした。
久しぶりにキッチンネタの投稿をしましたので、トラックバックはらせて頂きました。
Posted by maama at 2005年11月24日 16:18
maamaさん、久しぶりのコメントうれしいです!

久しぶりの東京は大変だったみたいですね?
そんな中で汐留に行かれたなんてすごい!
GENEOはおっしゃるとおりですね、皆さんには調査を期待されてるかもしれないんですが・・・
やはりFit−iと比べちゃうとかなり見劣りするのは確かです。
またぼちぼちコメントお願いしま〜すー☆
Posted by ナベ@SR★調査隊 at 2005年11月24日 18:03