2005年04月19日

クリナップ キッチン S.S.の巻 第7話

【ブログランキング】←今日もプチッと応援お願いします!(有難うございました!)
 
≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.6≫
 
前へ 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話
 
 
ワタナベ・・・それでは隊長、このへんで今回のまとめをお願いします。
 
 
 今回のまとめ
 
キッチン業界のリード役=クリナップは販売台数2位、販売金額1位(2003年)
の堂々たるトップ企業です。 特に近年の活躍は目覚しく、新しいキッチンの
流れを作っているのはクリナップだといっても言い過ぎではありません。
ライバルが舌を巻くアピールの上手さもさることながら、確かな技術を伴って
キッチンに新しい提案をし続けています。
 
今回の調査対象のステンキャビシステムもまた高級なステンレスキッチンという
市場を世間に広めた立役者で、初リリースから7年経とうとしている現在でも
このカテゴリーでは他の追従を許さない人気商品です。
 
クリナップはこのS.S.にだけ最高級の扉面材とトップを用意している事からも判る
とおり、同社はこの商品を単にステンレスキャビネットキッチンというカテゴリーとして
ではなく「最上級のキッチン」として位置づけています。
 
S.S.を見ているとキャビネットがステンレスであることは単に高級なキッチンである為の
ひとつの条件にすぎないと思えてきます。
これは同じステンレスキャビネットを売りにするナスとはちょっと異なる売り方です。
手頃な価格帯のモデルにもステンレスキャビネットを用意しているナスに対して
クリナップはこのS.S.にだけステンレスキャビネットを用いている事からも明らかです。
 
機器類に関しても言えることですが、クリナップはこのS.S.には常に最新で豊富な
チョイスを用意しています。 すでに報告したとおり他社にない装備も多く、所有する
楽しみとプライドを味わうことができるでしょう。
 
サイズバリエーションに関しては高さ方向に3段階の選択ができるようになったのは
いいのですが、リフォームなどに使える奥行き600サイズがまだ用意されていないのは
残念な点です。 しかし同時期にモデルチェンジしたクリンレディーに用意された事を
考えると次回のモデルチェンジで登場することが予想されます。
統計でもリフォームする時のキッチンに掛ける費用は年々増え続けているのですから。
 
今回(昨年)のS.S.のフルモデルチェンジではキッチンの静音化の流れを造りましたが
次回のモデルチェンジではいったいどんな新しい流れを造ってくれるのでしょうか?
いまからとても楽しみです。
 

 
ワタナベ・・・おっ、今回は予想に反して短めにまとめあげていただきましたね。
              クリナップは他にもたくさん機種がありますから今度は違う機種の
              調査をすることにしましょうか。
 
ハタイ隊長:今度出る「スーパーサイレントe-シンク」がもうそろそろショールーム
               に並びそうだから、見に行くのが楽しみね!
スーパーサイレントシンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ワタナベ・・・では隊長、次なる調査ですがもう検討はお済みでしょうか?
 
ハタイ隊長:「関西で造られたオリジナリティーあふれるキッチンよ!」
               判ったら早速アポ取ってちょうだい!
 
ワタナベ・・・了解です!
               さ、調査、調査!
 
 
参考価格 ¥1,167,285- (税込)
   儀 間口255cm
   スタンダードプラン・標準セット
   扉シリーズ・SS-4(中間グレード)
   オールスライド/フロアコンテナ
   Kシンク
   標準タイプ ステンレストップ(エンボス)
   食器洗い乾燥機(引出し式・ブラック色)
   シングルレバー水栓
   フッ素トップ3口ガスコンロ(シルバー色)
   深型レンジフード・プロペラファン(ブラック色)キッチン
 
 
 
 
 
 
 
 
(住まいのショールーム★調査隊 第6回出動終了)
 
前へ 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/19372193
この記事へのコメント
今、地元の工務店と
新築プランの打ち合わせをしているのですが
キッチンは
ビルダー向けの「クリナップK2」を
提案されています。
※K2は価格の安いのが魅力ですが
 商品はそこそこって感じです。
 ウチは、他のキッチンに変えようと
 検討中です。

どの会社にもビルダー向けの商品って
あるのかな?
ビルダー向けと一般消費者向けの
商品の違いなんていう視点も
面白いのかな?と思いました。
Posted by daiapapa at 2005年05月02日 12:00
daiapapaさん、いらっしゃいませ! 調査隊のワタナベです。
クリナップK2、裏モデルですね。

たしかTOTO、タカラ、ヤマハ、ミカド以外のメーカーには裏モデルが存在していたはずです。
ただ、daiapapaさんが打合せをしている工務店さんが全てのメーカーの裏モデルを取り扱えるとは考えないほうがよいでしょう。

裏モデルと一般モデルの違いについてはできれば書きたい所ですが、裏モデルは展示がないですし、モノを見れないと記事が書きにくいのでちょっとどうかなと…
いずれにしてもこのテの話題は土日限定です(笑)
Posted by ワタナベ@住まいのショールーム調査隊 at 2005年05月02日 13:34