2005年04月12日

クリナップ システムキッチン S.S.の巻 第2話

【ブログランキング】←今日もプチッと応援お願いします!(有難うございました!)
 
≪住まいのショールーム★調査隊 : 出動ファイルNo.6≫
 
前へ  1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 次へ
 
ショールームのお姉さん
 
こちらがソリューションコーナーでございます。
 
 
 
ワタナベ・・・おっ!隊長、ショールームに入っていきなり面白いコーナーがありますよ。
              相当スペースをとって展示してありますが…、ん?なんだ、これはずいぶん
              古臭い流し台セットですね。 扉が透明で中に入れてあるモノがのぞけます。
 
ハタイ隊長:さすが元祖フロアコンテナのクリナップ。 従来の開き扉キッチンとフロア
               コンテナのオールスライドキッチンがどれだけ違うか比較体験できるのね。
 
ゾーンコンセプト
新旧収納量比較
 
 
 
 
 
 
 
  
ワタナベ・・・へぇ〜これはめっちゃめちゃ、わかりやすいじゃないですか!
               2台とも全く同じモノ、同じ量の収納物を入れ比べてあるんだ。
 
ハタイ隊長:従来のキッチンは収納キャビネットも含めてギュウギュウ詰めね。
                かたやオールスライドのほうは全部入れてもまだスペースに余裕があるわ。
 
ワタナベ・・・しかも隊長!収納キャビネットにはほとんど何も入っていません。 ということは
              従来の収納キャビネットに入ってたモノが全てキッチン本体に収まって
              しまったことを意味します!
 
ハタイ隊長:開き扉の従来型の場合、奥の物を取るのに腕を入れる空間が少なくとも
               上部20僂鷲要なのね。それがまずひとつめのデッドスペース。
 
ワタナベ・・・それに従来型は台輪の部分10僂眦然未利用でデッドスペースです。
               ふたつを合わせると30cm、キッチンの高さ方向にこんなにデッドスペースが
               あったなんて!
 
ハタイ隊長:今や一般的になってしまったスライド収納だけど、こうやって目の前で
               比較されると、あらためてその収納力の凄さに驚かされるわね。
 
ワタナベ・・・こんなの見せられたら、オールスライドじゃないキッチンにするわけには
              いかなくなっちゃいますね(笑)
 
ハタイ隊長:開き扉にもいい点はあるし、けして見捨てたモンではないんだけど…。
               いずれにしても、こういうことができるのがショールームの良い所よ。
               ショールームってただ製品を展示するだけじゃなくて、こんな風に
               自社の提案するソリューションがいかに従来品と比べて優れているかを
               アピールする絶好の場所なわけよね。
 
ワタナベ・・・「他社も見習って欲しいわ!」って言いたそうですね(笑)
              他社だってショールームがここみたいに広ければやりたいんでしょうけど…
              とくに家賃の高いここ新宿ではなかなか難しいかもしれませんよ。
  
 ショールームのお姉さん 
 
 
こちらがゾーンコンセプトによるフットエリア=フロアコンテナでございます。
 
 
ワタナベ・・・従来型のデッドスペース分がまるごとこの蹴込み部分の収納に生かされて
               いるわけですね。しかもこの台輪の部分、横から見ると1枚物のステンレス
               がかなり複雑な形状に加工されています。
 
ハタイ隊長:クリナップの一番の特徴といったらこのフロアーコンテナね。今では他社
               にコピーされまくってるけど、金物が自社製じゃなかったから特許が取れ
               なかったのね。でもこの台輪の形状は意匠登録しているそうよ。
 フロアーコンテナ取り出す
フロアーコンテナ横のアップ
 
 
 
 
 
 
 
ワタナベ・・・そうだったんですか。『この特殊な形状のおかげで把手が高い位置にあり
               足腰にも負担が掛からないのです』って、さっきクリナップのお姉さんが言っ
               てたんですけど、意匠登録ですか、こういう所で他社と差を付けてますね。
 
ハタイ隊長:この台輪の部分は開発当初一般的な面材が張られていたそうよ。
               ところが見えない把手の裏がちょ〜どゴキちゃんの隠れ場所に最適
               な事が分かって、その対策としてゴキブリに効果があるステンレス製
               になったという話よ。
 
ワタナベ・・・ほ〜そんな開発秘話があったんですか。引き出そうとしたらゴキブリも一緒
               に出てきちゃったりしたら奥様たち、卒倒しちゃいますからね(笑)
 
ハタイ隊長:笑い事じゃなくてよ!ゴキブリの問題はほんとに深刻なんだから!
               今後蹴込み収納の把手が金属製じゃないのは厳重注意ね!
 
ワタナベ・・・(笑)わかりました。それにしてもこのフロアコンテナは外観からは想像できない
                ほどの収納力ですね。 500mlのビールが箱ごとスッポリ納まってしまうほど
                余裕があるんでんですから。
                前板がステンレスだから、掃除機ガンガン当てちゃっても安心ですし…。
 
ハタイ隊長:あなたの馬鹿力でガンガンやったら平気かどうか分からないけど、
               一般的な衝撃や水などにも強いのは間違いないわ。
 
ワタナベ・・・隊長!こっちのフロアコンテナを見て下さい、なんか妙なモノが内部に
               組み込まれています! いったい何ですか、これ?
 
ハタイ隊長:2003年に追加された新機能、「ドライコンテナ」よ!
               簡単に言えば防湿庫ね、庫内の湿度を35%ぐらいに維持できるのよ。
 
フロアーコンテナ除湿庫 ワタナベ・・・
湿気対策はほとんど冷蔵庫に頼っちゃいますけど、
低温にしたくない食品も結構ありますからね、
常温で保管したい乾き物にはぴったりですね。
 
 
 
ハタイ隊長:ランニングコストも年間約700円で、市販の除湿材を月に1回買い替え
               するよりよほど経済的ね。おまけに吸着させた湿気は水分としてじゃなく
               湿気を含んだ気体として放出させるから排水の必要もないのね。
         
ワタナベ・・・価格表を見るとびっくりする程のアップではありませんね。 市販の防湿庫も
               買えばそこそこしますから、ビルトインでこれなら納得できそうです。
 

次回に続く…

 
前へ  1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 次へ

 
私達はこのブログをなるべく多くの方に見ていただき、一人でも多くの方に住宅設備を選ぶ
際のお役に立つことを願っています。
そのための手段のひとつとして【ブログランキング】に登録しています。
少し面倒かもしれませんがご覧いただいた後にワンクリックご協力いただけると助かります。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/showroomchousatai/18706429
この記事へのコメント
遂に!王様ランキングがブログ界に殴りこみ?
「王様のブログランキング」として参入させて頂きますっ!
http://ch-one.com/blog/

公式サイトをはじめとする、複数の大手ネットワークの各サイトの参加が
予定されているので、登録当初から質の良いOUT数を期待する事ができます!

不正機能も万全な体制を整えておりますので、公平かつ正確なOUT数のご提供をお約束します。
オープン当初のこの時期に是非、ご登録、ご参加をお待ち申し上げております!

■王様のブログランキング
http://ch-one.com/blog/

■王様のブログランキング 登録フォーム
http://ch-one.com/blog/rank/accounts.php
Posted by 王様 at 2005年04月12日 22:18
1
私の地元の企業のクリナップ。福島県のいわき市に工場が沢山あるみたいです(たしか?)そこの社員が言ってたことですが… 家を建てた時、自社(クリナップ)製品を買おうと思っていたのですが、定価の3割引きしか値引きしないと会社に言われたので、参考に他社製品も見てみたら、奥さんが気に入ってしまい、他社製品に決めたって聞きました。社員が自社製品を買わないで、他社製品を買うっておかしくないんですか?
Posted by クリンクリン at 2006年10月24日 21:58
5
クリンクリンさん、はじめまして☆ナベです!
コメント有難うございました〜☆
へ〜、クリナップの工場はいわきに沢山あるんですか〜
(地元っていうから西日暮里かと思いましたが…)
それはともかく…
社員が買おうとすると、社販はあまり値引きしてくれないのは
何もクリナップだけではありません。
ボクのお客様でも住設メーカーの方が多くいらっしゃいましたが
たいてい社販よりうち(工務店)の出し値のほうがずっと安いわけです。
会社としては「愛社精神があるならちゃんと代金を支払いなさい」ということでしょうか?
社員からしてみれば「社員が買う時ぐらい原価で分けてよ」と言いたいハズですが…
奥さんが他社製品を気に入るっていうのもよくある話しで(笑)
だって奥さんには愛社精神なんて鼻からありませんからね。
無理も無い話しだと思います。
Posted by なべ⇒クリンクリンさん at 2006年10月25日 02:23